挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
288/530

SS:ハンバーグ詐欺

※サトゥー視点ではありません(ポチ視点)
本日2話目です。
※2/11 誤字修正しました。

「ただいま~?」「なのです!」

 お屋敷の中に入る前に、ちゃんと玄関脇の水瓶の水を使って、手や靴を洗ったのです。だって、ちゃんと洗わないとルルに怒られるのです。

 屋敷の中には美味しそうなハンバーグ先生の香りが!
 あれ? おかしいのですよ。

「臭いが違うのです」
「しちゅ~?」
「ルルが気分でメニューを変えるのは珍しいですね」
「ん」

 パタパタと屋敷に入るとメイド長のミテルナが出迎えてくれたのです。
 いつもならルルが、厨房から声だけでも「みんな、おかえりなさい」って言ってくれるのに、今日は静かなのです。

「お帰りなさいませ」
「マスターに帰還報告を」
「それが、子爵様の晩餐からまだお戻りになっておられません」

 ご主人様がいないなんて、寂しいのです。
 ししゃくの人なんて……なのです。

「食事の用意ができているので、食堂へどうぞ。アイナとキトナは、皆さんの道具をお部屋に運びなさい」
「「はい」」

 ミテルナの後を追って入った食堂には夢もぼーも無かったのです。

「ありり~?」
「ハンバーグ先生がいないのです!」

 イスの上に乗って周りを見回しても、やっぱりないのです。
 リザに「行儀が悪い」と叱られたけど、それよりもじゅーよーな事があると思うのですよ!

「ああ、ルルさんがいないので、ハンバーグではなく黒肉のシチューに変更してあります。料理人の不在に厨房を我が物顔で使うわけにはいきませんから」

 そんなミテルナの残酷な言葉が耳を抜けていったのです。

「ぽちー」
「たまぁ」

 タマと絶望を共有しながら、食べた黒肉のシチューは少ししょっぱかったのです。
「10-25.探索者達(2)」の後のお話です。前に書いてお蔵入りしていたSSです。

この翌日はハンバーグ祭りだったようです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ