挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
285/540

SS:タマの散歩

※サトゥー視点ではありません(タマ視点)
 再掲載(新作は18時に投稿予約済みです)
※2/11 誤字修正しました。

「忍者は~ガケ~」

 ご主人様に作ってもらった忍者装束を着て、裏路地や塀の上を駆ける。
 タマは誰にも見つからないの。だって忍者だから。

 橋の上から用水路を覗き込む。

 綺麗な水の底に、小さい海老が見えた。美味しそう。思わず水面に手を伸ばす――。

 はっ!? 

 危ない、危ない。
 用水路は危険が一杯にゃん。ちがった。危険が一杯でゴザル。ゴザンスだっけ~?
 どっちでもいいにゃん。用水路に映った姿を見たけど、やっぱり黒よりピンクが良かった。アリサが忍者装束は黒じゃないと! って言っていたけど、やっぱり、ご主人さまにピンクのを作ってもらおう。

 だって、そっちの方が可愛いもの。

「ガケからガケへ~」

 崖? 影だったかな? どっちでもいっか~
 ぴょんぴょんぴょんっと、屋根の上を駆け抜ける。

『いや、止めて!』
『黙りやがれ、このアマぁ?!』

 悲鳴が聞こえたので、屋根から路地裏を覗き込む。
 むむむぅ。男の人が女の人を押さえつけて服を破ってる! 服を破られたのが悲しいのか、女の人が泣きながら男の人を叩いてる。あ、叩いてる手を掴まれて、地面に押さえつけられちゃった。

 助けなきゃ。

「テンシルー! チシルー! ミラクルン! 謎の忍者タマ参上!」

 あ、名前を言っちゃった。
 まあ、いいや。

 下で何か叫んでいる男の人の頭に飛び乗って、「えいや!」と首投げをして気絶させちゃう。上手くやらないと死んじゃうから注意しろって、シーヤが教えてくれた技なの。サムライならタイジュツも出来てようやく一人前なんだって。

 白目を剥いてて気持ち悪いけど、ピクピクしてるから生きてるよね?

「あの、ありがとう?」
「どういたまして~? ニンニンでござる~」

 そう、忍者はニンニンとゴザルが必要だってアリサが言ってた。
 それに、忍者は人助けをしても、すぐに立ち去らないといけないんだって。それがヤミに生きるもののシュクメーなの。

サバラ(・・・)でござる~?」

 煙幕玉を足元に叩き付けて、煙に紛れて屋根の上にじゃ~んぷ。そう言えば、忍者は刀を使ってジャンプするってアリサが言ってたけど、どうやって使うんだろう? 屋根までなら普通にジャンプすればいいのに。

 あ、今度は向こうで、お爺さんが苛められてる。助けに行かなきゃ。
 まっててお爺さん、すぐ助けるからね。

 お屋敷に帰ったら、ご主人様の膝の上でタマの活躍を聞いて貰うの~
 ――でゴザル。
※活動報告 2013/11/06 に掲載したお話です。特に加筆はしていません。

 シーヤ氏は、ボルエナンの里でタマの師匠をしていたエルフさんです。詳しくは九章の登場人物を参照してください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ