挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

225/549

SS:ポチのお医者さん


「大変なのです! このままでは大変なのです」
「タイヘン~?」

 女医さんファッションのポチの横には、ミニスカナース姿のアリサとタマがいる。ミーアはアイアリーゼとお出かけ中だ。
 お医者さんごっことは、アリサらしい遊びだ。最初はアリサが女医さんだったのだが、聴診器を当てるマネをしながらセクハラしてきたので、ポチと交代になった。

「へ~、そりゃ困った」
「そうなので困ったのです」

 腕を組んだポチが大げさに困ったポーズをする。
 犬のおまわりさんみたいな会話の流れだ。アリサが「わんわんわわ~ん」とか茶化しているが、アリサの奇行に慣れているのかポチもタマも完全スルーだ。アリサ、哀れ。

 こっちから少し水を向けてあげよう。

「何が大変なんだい?」
「フジのヤマイなのです! アリサニウムとタマリンが不足してしまうのです」

 一体、アリサニウムやタマリンって何だろう? ムスコニウムみたいなモノかな?

 そうか、ポチニウムは不足していないのか。そうか。

 ならば!

「じゃあ、早速補充しようか」

 オレはそう言って、横にいたアリサとタマを両手に横抱きにして、頬をスリスリする。アリサが顔面崩壊しているので、顔を摺り寄せるのはタマだけにしよう。

 ポチが期待に満ちた顔で両手を広げているが、そのままにする。
 あれ? っていう疑問の顔だ。

「ご主人さま、ポチもスリスリして欲しいのです」
「でも、不足しているのは、アリサニウムとタマリンだけだから」

 ポチに「残念」と首を横に振る。ワタワタと短い手を動かして、助けを求めて視線を彷徨わせている。ナナは顔を横に振るばかりだし、リザは沈黙している。ルルも控えめに笑っているだけだ。
 このまま放置しても可哀相だから、そろそろ助け舟を出そう。

「ひょっとしたらポチニウムも不足しているかな?」
「そうなのです! すっごく不足しているのです!」

 ポチがイスの上からダイブしてきたので、受け止めてやる。ポチのヒザが当たったアリサが、後頭部を押さえて悶絶している。あ~あ。今回はアリサに落ち度はないので、魔力治癒で治しておいてやった。

 ルルニウムやリザニウム、ナナニウムなんかも不足している事にして、スキンシップを補充しておいた。ナナニウムの補充量に偏りがあったらしく、連合勢力から物言いが入ってしまった。

 ちょっと、チェックが厳しいと思う。
※2013/09/06 の活動報告に掲載したSSの再収録です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ