挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

222/549

SS:男爵の宝物

※サトゥー視点ではありません。
「もう、お父様ったら。また、その色紙をご覧になっているのですか?」
「おお、ソルナか」

 何時もの様に、私室で1人色紙を眺める父男爵に、少し呆れ顔のソルナ嬢。
 この色紙は、彼の家臣がオーユゴック公爵の都から送って来た物だ。大きな手形と何やら見たことの無い文字が描かれている。

「この力強い手形をみなさい。まるで世界を担うかの様じゃないか。そして、この躍動感あふれる古代文字! 生憎と難しすぎて読めないが、きっと含蓄のある言葉なのだろう」

 満足そうに1人頷く父の姿に、微笑が零れたのも最初のうちだけ。
 まさか、1月たった今でも、毎夜眺めるとは、娘のソルナでも予想できなかった。

 それは、世界の救世主、サガ帝国の勇者マサキの色紙だった。ペンドラゴン士爵が、どのような伝手を辿って入手したのかはわからない。

 誰にも読めない、その色紙には、古代文字で、こう書いてあった。

『ムーノ男爵さん江

 YES! ロリータ、NO! タッチ

    勇者ハヤト・マサキ』

 彼らの中で、古代語を読めるものが居なかったのは不幸中の幸いであろう。
※2013/09/24 の活動報告に掲載したSSの再収録です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ