挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

181/550

SS:クリスマス

※12/24の活動報告に掲載したものと同じです。
 12/25に追加投稿したのは、次の「幕間:パーティー」の方です
 ふんふんふ~ふんふんふ~ふんふんふん、ふ、ふ~

「アリサが気持ち悪いのです」
「だいじょうび~?」

 むむむ、失礼な!

「クリスマスの準備をしてるのよ」
「くいすあす?」
「楽しいのです?」

 ぐぬぬぬ。過去の嫌な思い出が脳裏に……落ち着きなさいアリサ。今日は大好きな人と一緒のクリスマスじゃない。2人っきりじゃないけど、幸運の神様がこんなサービスをしてくれるなんてめったにないんだから楽しまないと!

「楽しいわよ。ごちそうを食べたり、みんなで遊んだりね」
「いつもといっしょ~?」
「毎日がクリスマスなのです!」

 いや、そーだけどさー、違うのよ。
 くそう箇条書きマジックがわたしの邪魔をする!

「クリスマスには赤い衣装を着たサンタさんって人が、プレゼントを配ってくれるの」
「ぷれぜんと~?」
「贈り物って事よ」
「肉なのです?!」
「クジラの唐揚げがいいのです!」

 あ~、アレは美味しかったわよね~。
 おっと、2人のペースに乗せられちゃった。
 このままだとサンタコスの準備が間に合わないかな。
 よし、ここは一石二鳥を狙おう。

「でもね、プレゼントは良い子しか貰えないのよ」
「タマいいこ~」
「ポチだって良い子なのです!」
「あら、そうかしら? 自分では良い子だと思っていても他の人はそう思っていないかもよ?」
「うにゅ~」
「そ、そんな事ないのです! アリサは意地悪なのです!」
「悪い子にはね」

 そこでいったん言葉を切って2人の注目を集める。

「くろ~い衣装を着た黒いナマハゲが、やってくるの」

 演出を狙って徐々に声を潜めていく。
 2人が息をのむ瞬間を待つ。

「悪いごはいねが~!!」
「わるいこいない~!」
「ポチもタマも、いいこなのです~~」

 両手を持ち上げて、大声で叫ぶと、2人は悲鳴を上げながら階下のご主人様達のいる部屋に走って行ってしまった。
 うん、からかい甲斐のあるイイ子達だ。





 昼間怖がらせたお詫びに、ポチとタマにも靴下をプレゼントした。
 枕元に置いておくとサンタさんが、プレゼントを入れてくれるんだよって教えてあげたら、嬉しそうにつるしていた。
 ミーアも普段はいているオーバーニーソを下げていたけど、細いからプレゼントを入れたら伸びちゃわないかな?

 4人でベッドに横になって、幸せな眠りについた。





「あら? アリサまで寝ちゃったみたいです」
「じゃあ、プレゼントを入れて下に戻ろう」
「はい」

 クリスマス夜の部はアリサは不参加か。
 せっかく、ムーディーな音楽を流す魔法道具や、大人っぽいしゃれた食器やオードブルを用意したのに、残念だ。

 オレは、幸せそうに眠る4人に癒やされながら、静かに寝室の扉を閉めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ