挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 作者:愛七ひろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

179/549

SS:オリオンと噂

※サトゥー視点ではありません。
 ムーノ男爵嫡男のオリオン君視点のSSです。

※1/2 誤字修正しました。

 永らく音信不通だった父上からの手紙が届いた。

 なんと魔族の姦計で、あやうく男爵領が滅ぶ寸前だったらしい。丁度、その時にムーノ市に訪れた商人とその護衛兵士達のお陰で、壊滅を免れたと書いてあった。

 商人の護衛程度が魔族と戦えるものなのか?
 父上は、その商人に騙されているのでは無いか?

 その疑いは、父上がその商人を名誉貴族に叙爵したと聞いてより深くなった。





 ニナ・ロットル? 知らない名前だが、同時に届いた父上からの手紙に新しい男爵領の執政官をする事になった名誉子爵らしい。

 エセ貴族の名誉子爵なら、食い詰めて男爵の部下になる事も厭わないのだろうが、貴族としての階位は相手の方が上。領主は伯爵扱いされるとはいっても、よくも男爵の部下になろうなどと思えたものだ。

「ニナ・ロットル? もしかして鉄血のニナか?」
「いや、オーク喰らいのロットルだろう?」
「そうなのか? 次期公爵の愛人じゃなかったっけ?」

 少し名前を出しただけなのだが、級友達は皆、ロットル執政官の事を知っているようだ。有能な者なら、辺境の我が領土よりも公都で職を捜した方が良いと思うのだが。





 ソルナ姉様から手紙が届いた。
 ふざけた事に、平民と婚約したと手紙に書いてあった。

 馬鹿な。

 父上は男爵。それも領土持ちの貴族だ。扱いで言えば伯爵にも相当するのに、どうして貴族の男では無く、平民なのだ。

 ソルナ姉様には、貴族としての矜持や義務について、熱く書き記した手紙を送った。これで、改心してくれるといいのだが。





 ロットル執政官から手紙が届いた。

 あの商人上がりの名誉士爵が、カリナ姉様に懸想しているらしい。成り上がりの名誉士爵の分際で、主家の姫君を嫁に求めるとは身の程知らずにも程がある。

 手紙には、2人の仲を取り持つ協力をして欲しいと書かれてあったが、とんでもない話だ。

 もしかして、ロットル執政官は、その名誉士爵と組んで男爵領を乗っ取ろうとしているのだろうか?

 父上は人を疑う事を知らない方だ。

 私が、何とかして士爵の化けの皮を剥がなくては!





 父上の名代として公爵様に招待された夜会で、初めて件の名誉士爵と出会った。今までも何度か、面会の申し込みがあったのだが、適当な理由を付けて断っていたのだ。

「サトゥー・ペンドラゴンと申します。以後、お見知りおきを」
「うむ、オリオン・ムーノだ。サトゥー士爵、よしなに頼む」

 ふむ、野心という言葉と対極にありそうな無欲な顔だが、詐欺師ほど善人に見えるというからな。騙されるわけにはいかん。

 その翌日から、友人達から聞かされたのは、あの名誉士爵の所業だ。夜会で知り合った娘達の家に、ずうずうしくも押しかけ、お茶会という名目で、誰彼構わず縁談の申し込みをしていると言う。

 なんたる事だ!

 カリナ姉様だけは、何としてでも守らねば。
 公都にいる限り、決してあの男の良いようにはさせん。

 私は、拳を握り締め、部屋に差し込む夕日にそう誓った。
※2013/09/15 の活動報告に掲載したSSの再収録です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ