挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性があります。予めご了承下さい。

孤独な星が瞬く時

作者:愚者x2
自作の詩集。

下記ブログにて掲載中。

http://blog.livedoor.jp/gushax2/

こちらでは読んで頂けている方がいない様なので、
更新を止めようと思います。

今後はカクヨムを中心に
ブログをバックアップにして執筆の予定。
星を掴む者
2015/09/25 19:48
世界で一番遠くにいる隣人へ
2015/09/25 19:51
ああぁぁ
2015/09/26 14:52
ゴミ
2015/09/27 16:55
なんで?
2015/09/28 16:21
回り道
2015/09/29 16:41
欠片
2015/09/30 19:19
小さな祈り
2015/10/01 21:16
足跡
2015/10/02 16:16
2015/10/03 16:25
勇気
2015/10/04 14:40
旅人
2015/10/05 16:15
夜雨
2015/10/08 16:12
秋の夜長
2015/10/09 16:19
天高く、私も肥ゆる秋
2015/10/10 18:19
正義
2015/10/11 15:03
スーパームーン
2015/10/12 15:49
早朝
2015/10/13 16:12
葛藤
2015/10/14 16:10
螺旋
2015/10/15 16:26
子供
2015/10/16 16:12
綱渡り
2015/10/18 05:37
2015/10/20 05:20
追憶
2015/10/23 19:51
分かたれる袂
2015/10/29 19:07
嘘つき
2015/10/31 10:42
色々
2015/11/02 18:37
世界の底から世界を見上げて
2015/11/03 19:14
常識
2015/11/06 13:26
乖離
2015/11/09 10:52
憎悪
2015/11/15 12:19
水と油
2015/12/05 06:54
恐怖
2015/12/08 19:56
明日
2015/12/10 13:16
登り坂
2015/12/12 09:16
落書き
2015/12/14 23:38
表現
2015/12/18 13:09
飢え
2015/12/20 19:21
クリスマスプレゼント
2015/12/24 16:19
新年
2016/01/01 00:39
変化
2016/01/04 19:02
釣り
2016/01/09 15:37
自由の正体
2016/01/15 11:13
ズレ
2016/01/28 23:03
君と僕の傷
2016/02/01 15:10
2016/02/21 06:46
誇り
2016/03/07 13:19
ズル
2016/03/24 21:10
エイプリルフール
2016/04/01 10:19
雑音
2016/04/28 22:21
機械
2016/04/29 18:08
答え
2016/05/20 20:22
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ