挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
どりーむパークのパンダさんはたいへんお疲れのようです。 作者:ちはや れいめい(千岩 黎明)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/27

クリスマスの贈り物

 どうもだどん。
 ゲームセンターのマスコット、アンパンダーだどーん。
 どりーむパークはくりすますイベントで“たいこのてつじん”大会をやるってテンチョーが決めたどん。
 パンダも参加するから毎日練習をしてたら、いつのまにかカツドンさんの口癖がうつったどん。
 でもパンダは喋れないので問題ないカッ。



「パンダーちゃんは、クリスマスなにかもらうの?」

 迷子の常連となったまつりちゃんが、またまたおませなことを言ってるどん。
 迷子用の折り畳み椅子で足を投げ出してプラプラさせてるどん。お気に入りのウサギぬいぐるみさんも一緒だどん。

(くりすます……。三田さんた苦労くろうするさんからお年玉をもらえる日だって、去年セイヤくんが教えてくれたどん)

 ハナさんが気を利かせてスケッチブックとクレヨンを出してくれたどん。

(去年もらったのはビー玉だったどん。今年は元気玉だって、テンチョーから聞いたどん)

 いいこにだけプレゼントをくれる赤い人、それが三田さんだどん。悪いこだともらえないどん?
 不思議に思うけど、とりあえずプレゼントを絵に描くどん。

「ゲンキダマ? パンダーちゃんはスーパーサイダー人だったの!? すごーい。おそらは飛べる? わたしにとびかたおしえて!」
(無理です)

 まつりちゃんは飛んでみたいそうですどん。
 そういえば前にコノエさんに言われたどん。
 飛ばないパンダはただのパンダ。飛べるパンは愛と勇気だけが友だちのヒーローだって。
 お友だちが愛と勇気だけなのはさみしいどん。
 まつりちゃんはふんぞりかえって自慢げだどん。

「わたしはもう大人だから、ことしはプレゼントをあげる方なの。えらいでしょ」
(えらいですどん)

 パンダは贈る側になったことがないどん。
 贈るのは大人の役目と聞いてるどん。
 因みに、まつりちゃんは誰にお年玉をあげるどん?
 首をかしげて聞いてみますどん。
 まつりちゃんはフフン、と笑って指3本でピースしたどん。

「ここにくるといつもパパとママがまいごになるでしょ? だから、パパとママにまいごふだをあげるの!」

 ……迷子なのはまつりちゃんの方だと、全くわかっていないようですどん。三田さんはまつりちゃんに迷子札をあげてほしいどん。
cont_access.php?citi_cont_id=870106044&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ