挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界車中泊物語【アウトランナーPHEV】 作者:芳賀 概夢

八泊目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/99

ろまんちっく村にたどりついた。

 羽生パーキングエリア【鬼平江戸処】を出て、また東北自動車道の下りに乗って北上。
 そのまま栃木県に入り、宇都宮インターチェンジまで行っており、そこから数分の下道。
 そこに次の目的地がある。

【道の駅 うつのみや ろまんちっく村】

 この辺りでも、かなり大規模な道の駅で、オレが一度は来てみたいと思っていた場所だ。
 どうもファミリー向けやカップル向けの香りが強くて、なかなか足が向かなかった道の駅である。
 しかし、実際に来てみると、もっと早く来るべきだったと後悔した。

 まず、広い。
 関連施設まで入れると、本当に広い。
 その広い敷地は、いくつかのエリアに分かれている。

 まず、正面口がある「集落のエリア」。
 ここには道の駅おなじみの地元農家のとれたて野菜や名物を売る市場、それにイベント広場、数店舗が並ぶファーストフードコートに、食事処が3店舗、遊具のある公園、ちょっとした植物園がある多目的ドーム、さらに温水プールに温泉施設まで備わっている。

 その横にある「森のエリア」には10ヘクタールの森が広がり、竹林などを散歩して楽しむ事ができる。
 5月には筍掘りができるらしい。

 最後の「里のエリア」には、イチゴハウスなどの体験農場や、芝生の広場、中・大型犬用のドッグランなどが用意されている。

 すべてまとめて、なんと46ヘクタールという広大さだ。

「これは……本当に広いわね」

 正面玄関をくぐった後、案内図を見ながら十文字女史がメガネを直す。

「ええ。駐車場だけで5箇所ぐらいありますしね。かなりのもんですよ」

「……そう言えば、そんなに駐車場があるんだから、いくら近いからって混んでいた正面ゲート前の駐車場を狙わなくてもよかったんじゃないの?」

 そう。オレはわざわざ、正面ゲート前にある一番狭い第一駐車場が空くまで待ったのだ。
 他の駐車場が空いているのにである。
 もちろん、理由はある。

「いや、車中泊のためなんっすよ。実はここ、第一駐車場以外は夜になると追いだされちゃうからさぁ。しかも、第一駐車場内も夜になると大型車が駐める場所と普通車が駐める場所が変わるところもあるとかで……」

 だからオレは、念のために確認しておきたかったのだ。
 今度(・・)、車中泊に来る時のために。
 車を駐める場所というのは、車中泊にとって非常に重要である。
 事前確認できるチャンスがあるなら、こんなに助かることはない。

「そ、そう……なる、ほどね……」

 そのオレの言葉に、なぜか女史が狼狽した返事をする。
 しかも、オレから視線をそらす。

「……あのぉ~。なんっすか?」

「なっ、なにがかしら?」

「つーか、なんか変っすよ、女史……」

「別に! ってか、大前君はそんなに車中泊したいわけ?」

 なぜか怒っている。
 わけがわからないが、まあ下手にふれない方がいいような気がする。

「う~ん、好きだからなぁ……。ああ、それに特にね、ここは珍しいんですよ」

「珍しい?」

「そうそう。道の駅ながら『滞在体験型ファームパーク』って謳ってるんです」

「……滞在?」

「そう、滞在。つまり最初から泊まることが考えられている道の駅なんですよね。ただし、もちろん車中泊というわけではなく、『ヴィラ・デ・アグリ』という宿泊施設があるので、そこに泊まるのが前提だけど」

「道の駅に宿泊施設があるの?」

「他にもあるところはありますが、ここは温水プール『アグリスパ』や、温泉『湯処あぐり』まであるのが特徴かな。温泉は露天がなかなか広いみたいですよ」

「温泉は聞いていたから、視察もかねて入る用意もしてきたけど……宿泊は……」

「ああ、もちろんそっちは予約いれてませんしね。今日は風呂でさっぱりしたら帰りましょう!」

「…………」

 ん?
 なんかまた女史が、考えこみ始めたぞ。
 なんだろうか?
 どうにも様子が変なような気がする。

「まあ、とにかくまずは物産市場を見に行きましょう!」

「そ、そうね……。うん、そうしましょう」

 やっぱりなんかぎこちないが、とりあえずオレたちは物産市場を見に行った。
 到着が昼過ぎだったが、在庫はいろいろと揃っていた。
 お土産の品も豊富で、さすが宇都宮だけあって、餃子味のお菓子や、餃子用ラー油なども並んでいる。

「今日は内密だから、会社へのお土産はなしね」

 そう言いながらのくすりとした笑顔に、オレの心臓が高鳴ってしまう。
 なんだろうか、女史のの普段とのギャップは。
 ギャップ萌えって凄いパワーだ。

「他も見に行くわよ!」

「う、うすっ!」

 女史の意見で、まずは「集落のエリア」の中の施設を一通り見ることにした。
 市場を出て広場を進むと、左手にはファーストフードコートとして小さな店が軒を連ねている。
 餃子、ベーコン等のビールのおつまみに最適な物が並び、そして地ビール各種が売っている。
 さらに横にはパン工房があり、毎朝焼きたてのパンが並ぶらしい。
 外に焼き窯が設置されており、日時によってはパン焼き体験もできるようだ。

 他には、愛犬と一緒に食事ができるテラス席完備の、地元食材を使った「麦の楽園」というレストランや、ラーメン店、そばなどの食事処も別棟に並んでいた。
 正直、目移りするほどのメニューである。

(……ああ……ビール呑みてー……)

 そんな魅力的な食べ物を見て、オレの心が悲鳴をあげる。
 ここの地ビール「餃子浪漫」は、呑んだことがある。
 しかし、ここには他にもたくさんの地ビールがあるのだ。
 車中泊できたら呑めたのだが、今日は女史も一緒である。
 無理だ。車中泊などできるわけがない。
 物事は諦めが肝心だ。
 本当は現地で呑むのが美味しいのだが、今日はせめてお土産に買って帰ろうと決意する。

 そこから中央のカスケードを通ると右手には、イベントが行えるドーム状の建物「ローズハット」があった。
 そこには、無料で見られるちょっとした植物園がはいっているので、とりあえず女史と見学。
 女史は楽しそうにデジカメで写真を撮りまくる。
 あれ、あとで大変だろうなとオレは苦笑いするが、とにかく楽しそうなので今は黙っておく。

 それからローズハットとは反対側にある、温泉とスパ、そして宿泊施設が一体化した建物に向かってみた。
 途中、木製の橋というか通路がなかなかオシャレだ。
 そして、建物の形も変わっている。

 まず手前は、スパがあった。
 泳いでいるところが少しうかがえたが、なかなか楽しそうである。
 しかし、オレたちは時間がないので今日はパス。
 できたら、女史の水着姿を拝みたかったところである。
 その奥は、廊下……なのだが、そこに宿泊施設の部屋が並んでいる。
 温泉に続く廊下に、客室の扉が並んでいるのは妙な一体感である。
 廊下を通りぬけると、途中にもう一件食事処があり、さらに突き当たりが温泉となっていた。

「温泉は最後の楽しみということで……。そろそろお腹も空いてきたわね」

 確かにそろそろ食欲が暴れだしている。

「さっきのフードコートに戻って、いろいろと食べてみましょうか」

「いいっすね! ……ああ、でもビールが呑めないのが本当に残念だ。代わりに、女史はしっかりと味わって呑んでくださいね!」

 もちろん、嫌味とかのつもりはない。
 だからオレは努めて明るく、冗談めかして言っておいた。

 しかし、ふと女史が足をとめて、俺に背を向けたままで俯いてしまう。

「女史?」

「……大前君も呑んじゃいなよ」

 ふわっと髪を揺らしながら、女史が三角のメガネの下で悪戯っぽく笑った。

「……またまた冗談。飲酒運転はしませんよ」

「うん。もちろん。だからさ……今日は、車中泊しよう!」

「……えっ!?」

 オレは女史の言葉で、ビールを飲む前に、息を呑んで固まってしまった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※参考
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●道の駅 うつのみや ろまんちっく村
http://www.romanticmura.com/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 11:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全185部分)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 21:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 44 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全383部分)
  • 64 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:05
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
異世界Cマート繁盛記

スローライフ店主生活。 異世界に迷いこんだ主人公が、向こうの世界でお店を開いて、ほんの小さな4坪ほどのスーパーマーケットを大繁盛させる話です。 現代文明の品//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 11:56
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全186部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 19:31
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全545部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 46 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全199部分)
  • 46 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 16:38
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 12:00
僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件

【ツギクルブックスで創刊タイトルとして第一巻発売中! コミカライズも進行中!】 都内(立川市)の2LDKで家賃3万円! ヤバイ、と思いつつも安さに釣られて、そ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:10
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全451部分)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 12:20
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
異世界のんびり農家

現代で十年ほど闘病した後に死んだ主人公だが、異世界で若返って蘇生。 闘病中の主人公の心の支えはアイドルが農業をするTV番組。 異世界での第二の人生、農業をやって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全291部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 38 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全772部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:19
普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

普通のおっさんである近江正樹は、帰宅途中に神の気まぐれで異世界へと送られてしまう。 剣と魔法の異世界をチート能力を使いながら目的もなくぶらつき、眠くなったら魔法//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 23:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全106部分)
  • 38 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:29
マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしてい//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全307部分)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 21:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/06/08 23:58
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:00
時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

召喚先の異世界でスキルをもらったけど、王様の態度がムカついたので、お姫様をさらって地球に帰って来ちゃった。 もらったスキルで異世界と地球を行ったり来たりしながら//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全436部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 19:27
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 07:00
↑ページトップへ