挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界車中泊物語【アウトランナーPHEV】 作者:芳賀 概夢

三泊目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/99

カバに追われていたのは……

 金曜日の夜、もう一度、【道の駅しょうなん】に行ってみた。
 でも、異世界遷移(シフトチェンジ)はしなかった。
 もしかしたら、同じ場所からはできないのかもしれない。
 自宅の駐車場でも行けなかったので、場所という要素は何かあるのだろう。
 広い駐車場ではないといけないとか?
 そもそも「駐車場」は関係ないとか?
 わからない。
 仕方なく、土曜日は別の道の駅に行くことにした。

 選んだのは、栃木県芳賀郡にある【道の駅はが】。
 理由は、日帰り温泉施設【ロマンの湯】が併設されているからである。
 都内からだと国道四号線を北上し、東北方面に向かうことになる。
 看板に福島まで何キロと出てくると、ついついそっちのほうまで行ってみたくなるが、今日はもう土曜日。
 明日には帰らないといけない。
 それに元界帰還(シフトアップ)後には休息が必要なのだ。

 どうやら元界帰還(シフトアップ)すると時差でオレの体内時計が狂ってしまうようだ。
 前回は特に酷かった。
 おかげで【道の駅しょうなん】に元界帰還(シフトアップ)して二度寝したら、ついつい昼過ぎまで寝てしまっていた。
 土曜日の夜に異界転移(シフトダウン)ができたとしたら、帰ってくるのは日曜日の朝だ。
 場合によっては、その日はゆっくり休まないと、翌日の仕事に影響する。
 もちろん、必ずそうなるのかどうかわからないが、もう少し経験を積まないと法則がつかめそうにない。
 今は無理をしないで、とりあえず法則を探していくしかないだろう。
 まあ、実は神様の気まぐれで法則などない……ということもありえなくもないのだが。

 【道の駅はが】は、町の端の方にある施設だった。

 施設自体は、三つの建物からなっていた。
 レストランや事務所などがある棟と、農産物直売所等を行う売店の棟、そしてロマンの湯の建物である。
 店舗としては、地元の野菜や米を使ったレストランがお約束としてある。
 米は、芳賀米というものらしい。
 それから、ジェラート屋や弁当を売っている店が並ぶ。
 農産物直売所には、地元の朝取り野菜等が並んでいた。
 果物の名物もあり、いちごや「にっこり梨」などがあるらしい。
 子宝ぎょうざというのもあったが、その前に俺は結婚というイベントを乗り越えなくてはいけない。
 この前、逃げたばかりの俺では、当分無理だろ。
 なんとなく、オレは直売所で白菜を買ってみたりした。
 あれから少しずつ料理を勉強し始めたので、鍋ぐらいはできるかも知れない。
 その他、物産館とかあったが、オレはあまり見て回らず、まったり過ごした。

 そして、夜。
 ロマンの湯に向かってみる。
 駐車場は、道の駅の棟側とロマンの湯側にそれぞれあるのだが、ロマンの湯の方が少し広い。
 中は軽食系の食事ができる休憩コーナーや大広間などがありノンビリできる雰囲気がある。
 オレはそこで夕食をとってから、風呂に入った。
 やはり温泉はいい!
 ここの面白いところは、源泉が二つあるところだ。
 室内風呂は、低めの温度で弱アルカリ性低張性温泉。
 それに対して露天風呂は、五一度ぐらいの高めの温度で弱アルカリ性低張性高温泉となっている。
 両方とも美肌効果もあるので、女性にも喜ばれることだろう。

(オレのお肌もツルツルだ!)

 男のオレでも、喜んだ。
 ということで、風呂はなかなか楽しめた。
 広さもあり、いい感じだ。
 すっかり体から湯気が立つ。
 そして風呂から出たら、お楽しみのビールである。
 休憩コーナーにはつまみ類の販売もあるから、酒がすすむが今日は飲みすぎないようにする。
 ちょっと庶民的な雰囲気のテレビコーナーや、古いゲームコーナーを楽しんだ。
 独りで寂しい奴だと思われるかも知れないが、独りは独りで気楽なものなのだ。
 オレは独りって嫌いじゃない。
 もちろん、強がりじゃない。
 独りが嫌いなら、そもそもこんな車中泊してブラブラしたりもしないはずだ。

(もちろん、かわいい女の子と一緒のが楽しいけどな……)

 そして、車に戻って就寝する。
 車に戻ったのは、二〇時半ぐらいだ。
 寝たのは、そこから早かったと思う。
 少なくとも二二時前には寝ていただろう。

   ◆

 そしてオレは、無事に異世界に来た。
 気がついた時、オレはアルコールがほぼ抜けていた。
 飲んだビールは、五〇〇ミリリットル缶を一本だけだ。
 それがほぼ抜けていると言うことは、三時間以上はあれから経っていることになる。
 たぶん、その三時間は元の世界で過ごしていたのだと思う。
 なぜなら、フロントガラスに結露がかなり残っていて、窓ガラスも冷たかった。
 しかし、異世界の外は昼間で、陽射しがけっこう強い。
 これだけ暑いと、三時間も経てば窓ガラスはもう少し温まっているはずである。

(さすがに三回目になると、いろいろと観察する余裕がでてくるな……)

 そう思いながら、オレはふと夢を見ていたことを思いだす。
 誰かに呼ばれていた夢。
 しかし、まったく詳細が思いださせない。

(まあ、いいか。さてと……)

 オレはいつも通り、ナビの画面を確認した。
 まちがいなく、ナビは【道の駅はが】のままである。
 そして、オレは運転席から周りをよく見まわす。
 一度目は、森の中。
 二度目は、砂漠。
 三度目の今回は……どこかの平原だろうか?
 最初に来た場所と、ちょっと似ている。
 これでもかというぐらいの範囲で原っぱが広がり、南の方には地平線がうかがえる。
 北の方には、遠くに森が見える。
 とりあえず、周囲に危険そうな魔物とかはいなさそうだ。
 用意してきた単眼鏡を取りだす。
 今回は、いろいろと用意をしてきている。
 ちなみに、今日のオレの服装はちょっとアーミールックだ。
 ポケットがたくさんついた緑のズボンに、上着も厚手の軍服みたいなのを着ている。
 やはりこちらの世界だと、丈夫な厚手の服を着た方が良さそうだと思って買ってきたのだ。
 まあ、寝にくかったが、異世界に来たらすぐに行動することが多かったので、寝間着はあきらめたのだ。

(つーか、マジになんもないな……)

 車を降りてから、周囲を見まわす。
 大きな木もほとんどなく、足首ぐらいまで伸びた草むらだけが広がっている大地。
 本当に何もない。

(しかし、どこにいけばいいのや――な、なんだっ!?)

 なにか背後から音が聞こえた気がした。
 オレはふりかえって遠くを見つめる。
 黒いなにかが、走っているように見える。
 単眼鏡の出番だ。
 オレはその影をレンズ越しに視界へ入れる。

(……あれは……カバ? でも角が……あっ! 人!?)

 それは、誰かがカバのような生き物に追われている様子だった。

「つーか、こんなのばっかだな!」

 もしかしたら、こういう定めなのかと思うのと同時に、ふと「もしかしたら」と思うこともあった。
 だが、それは後だ。
 オレは、アウトランナーにすぐさま乗りこんでアクセルを踏んでいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※参考
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●道の駅はが
http://www.michinoeki-haga.gr.jp/

●「道の駅はが」に行ってみた!
http://blog.guym.jp/2015/11/blog-post_23.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ