挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界車中泊物語【アウトランナーPHEV】 作者:芳賀 概夢

一泊目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/99

未来(まえ)を見ることができた。

――ガチャ

「……ん?」

 オレは聞き覚えのある音に頭をあげる。
 目の前に、キャラがいない。
 ……いや、いた。
 彼女は、アウトランナーの助手席に座っていた。
 そして無言のまま、扉を閉める。

「…………」

 そのキャラの行動をどうとるか、オレは悩んでしまう。
 まだ、怒っていることはまちがいない。
 なにしろ、彼女はフロントガラスを見つめたまま、こちらを全く見ようとしていないのだ。
 オレは怖々と、運転席側の扉を開ける。

「あ、あのぉ……」

「許せないことが、ひとつある」

 キャラが冷たい声でそう告げて、こちらをキッとにらむ。
 オレは思わず、体をピクッと震わせて背筋を伸ばす。

「な、なんでしょうか……」

「キャラは、子供じゃない」

「……え?」

「キャラはもう成人した。子供じゃなくて大人」

「……あ、ああ。ご、ごめん」

 ふと、思い起こして気がつく。
 先ほど言い訳がましく口を動かした時、確かに「子供」を連発していた気がする。

「じゃあ、早く出発して。時間がない」

「え? ……ああ、はい」

 オレは運転席に乗りこみ、アウトランナーを走らせた。
 だが、彼女は視線を合わせてくれない上、ずっと無言だ。
 途中、電気を起こすためにエンジンをかけていいか確認した時だけ、「まだ明るいし、この辺なら多少の音なら大丈夫」と許可の言葉だけ聞くことができた。
 それ以外は、ずっと無言。
 こんな時、逆に静音性の高い車内が恨めしく感じる。

(まあ、そんな簡単に許してくれるわけもないか……でもなぁ……)

 それでも狭い空間で、ずっと無言はなんか気まずい。
 何か当たり障りがない話題はないかと、オレは頭を悩ました。
 そして、なにもいい案がないとあきらめかけた時、なんとキャラから声をかけてきた。

「ひとつ、謝っておく」

 相変わらず正面を見たままだが、その声に棘はない。
 オレは黙って一瞥だけして様子をうかがう。

「さっき、偉そうに言ったこと、実はとぅちゃんの受け売り」

「受け売り?」

「そう。とぅちゃん曰く『幾多の期待に応じれば、それはいつか希望につながるピョン』と」

「…………ビョ……ピョン?」

「ピョン」

「ピョン……か……」

「ピョン」

 キャラのとぅちゃん、ものすごくいいことを言ったのだ。
 なのに、最後の一言で台なし感が半端ない。
 この「ピョン」の破壊力は凄まじい。

「……つ、つーかさ、キャラのとぅちゃんとやらは、やっぱりウサギ耳なの?」

「あたり。ウサギ耳に尻尾。すごく強い」

「強い?」

「うん。筋肉がすごくて力持ちだし、髭を生やして男らしい」

「お、おお……」

 なぜかオレは、頭の中でバニーガール姿で想像してしまい、後悔の念が半端ない。
 絶対にそのとぅちゃんには会いたくないところだ。

「受け売りなのに、自分がわかったようなことを言ってゴメン」

「あはは。そういうことか。謝る必要ねーよ。キャラはきっと、ちゃんとわかって言ってると思うしな」

「……うむ。労働者としては、アウトより長いから先輩だしな」

「いきなり謙虚さがなくなったな」

 二人で顔を見合わせて、少し笑った。

「ちなみに、とぅちゃんはこうも言っていた」

 そのいい雰囲気の中、キャラは前を向きながら、とぅちゃんのマネなのか野太い声をだす。

「心から謝れるヤツは、成長するピョン!」

「ピョン……ね」

「ピョン」

 本当に「ピョン」がなければ名言なのに。

「成長か……」

「そう。しかも、年下のキャラに謝れるというのはすごいこと。だから、アウトは成長する。きっとドンドンよくなる。仕事もできるようになる」

「つーか、なるかねぇ? 周りに信用されるようになる前に、自分を信用できないよ。あはは……」

「自分を信じるのは難しくても、自分に期待するのはそんな難しくない」

「成長を期待か。成長できるかねぇ……」

「できる。少なくともキャラだけは、そのアウトの成長を期待している(・・・・・・・・・)

 そう言いながら、キャラがこちらを向いて優しく微笑んだ。
 オレは、それを一目したあとすぐ前を向く。

「おお……。あ、ありがとう……」

 オレはそれからしばらく、前だけを見て運転した。
 瞼の裏にその愛らしい微笑が焼きついて、彼女の顔を直視することができなくなっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ