挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界車中泊物語【アウトランナーPHEV】 作者:芳賀 概夢

一泊目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/99

ある日……

 あっという間に、オレはオフィスの注目の的となった。

「大前君! で……できてないとは、どういうことかね!?」

 額の上が汗で光っている部長が、ダンッと立ちあがると、ひきつった声で唾液をまき散らす。
 汚ねぇなぁ……。
 ギリギリかからなかったからいいけど。
 しかし、たかが資料を作らなかったぐらいで、甲高い声で怒鳴るなよ。
 この広いオフィスの隅から隅まで響くじゃないか。

「山崎君! 君は大前君に指示をださなかったのかね!?」

 話をふられた山崎が、オレの横でその二枚目面をひきつらす。
 体をビシッと直立不動にしながら、山崎が「とんでもない」と否定する。
 滅多に見られない表情が見れて、オレは心の中でニヤついてしまう。

 確かに指示はされてた。
 だから、やってはいたよ。
 ただ、仕事で無理するのがばからしいから、マイペースでだけど。
 つーか、いくら上司といっても山崎は同期だからなぁ。
 なんで同期に命令されなきゃいかんのよ。
 それもあってさ、やる気がどうにも起きなくてね。

「どうするんだ!? 必ず明日の定例会には提出できると、先方には約束してしまったのだぞ! 延ばせるのかね、山崎君!?」

「い、いえ。一応、先ほど先方に確認したのですが、ただでさえ押しているプロジェクトなので、延びるぐらいなら当初に話していた通り、契約は一度、破棄すると……」

 さらに青ざめる山崎と、沸騰するかのように赤らむ野々村部長。

「冗談ではないぞ! もうすでにかなりの工数と経費を使っているというのに。それにこのプロジェクトを通さなければ、今期の売上目標に届かんではないか!」

 結局、心配しているのは、自分の部署……というより、自分の成績なわけだ。
 お客さまのことを第一になんて言うのは、本当に立て前。
 お客さまを大事にしない会社は成功しないよ。
 つーか、オレが言えた立場じゃねーか。

「なに、ニヤニヤとしている、大前君! 話にならん! とにかく最新の資料をすべて山崎君に渡せ! 山崎君は私と本部長のとこ――あっ! 本部長!」

 その部長のぎょっとした声でふりむくと、そこには白髪交じりながらも、体つきがしっかりした本部長の姿があった。
 クールビズの最中でも、ビッシと決めた上品なストライプのダブルスーツを身にまとい、眉間に皺を寄せた厳つい顔で睨みつけてきてた。

「大前君……明日の資料ができていないというのは本当か?」

 本部長の言葉にも、オレはまた気の抜けた「はぁ」を返す。

「……大前君。君には失望したよ」

「すんません……」

 失望……ね。
 つーか、失望ってのは、期待していた相手に対するものじゃないの?
 どうせ期待していなかったくせに、よく言うぜ。
 誰もオレに期待なんてしちゃいない。
 親や兄貴でさえオレに期待なんてしちゃいないのに、いったい誰が期待するってんだ。

「ともかく詳しい話を聞かせてくれ。大前君のことは、後で……」

 部長は、やたらに出てくる額の汗を噴きながら、コクコクとうなずくと、そのか細い体で本部長の後ろをついていく。

「大前、さっさと資料を僕に送れよ! ……あと、もっとちゃんと謝れ!」

 そう捨て台詞を吐くと、山崎も踵を返して去っていく。
 謝れって、さっきから謝ってんじゃんか。
 またこれ以上、オレは怒られなきゃならないのか?

(逃げてぇ……)

 オレは自分の席のノートパソコンを見る。
 最新の資料は、まだネットワークドライブに保存していないので、このパソコンの中にしかない。
 今、これがなくなれば、資料はきっと最初から作り直しだ。

(つーか、持って逃げたら……困るよな……)

 囁いた悪魔が驚くほど、オレの心は簡単に決まった。


 ◆


 ――ってのが、昨日じゃない昨日(・・・・・・・・)の話。

 ()、考えれば、この当時のオレ(・・・・・・・)は本当にバカだった。

 でも、結果的にだが、それでよかったとも思う。

 あの時、オレは逃げた。

 どこへでもいいから遠くへ行きたいと、愛車を使って逃げたんだ。

 そして気がついたら、オレは元の世界からさえも逃げていた。

 辿りついた異世界。

 出会った少女とする車中泊の旅。

 その中で、オレは元の世界のオレを省みることになる。

 これは、そんな物語なんだ……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ