挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
召喚幻想紀 - 召喚魔法で作り上げた最強パーティーで成り上がり - 作者:花京院 光

第四章「本拠地編」

50/50

第五十話「決戦」

 ザラスの北方からは次々とアークデーモンの群れが次々と飛来している。
 方角的には、本拠地の更に奥、ザラスのダンジョン方面だ。

 日常的にザラスのダンジョン周辺で狩りをしている仲間達が、今まで魔王や魔王の手下の魔物と遭遇していないという事は、ダンジョンよりも更に奥の地域に魔王が潜んでいる可能性が高い。
 俺はアークデーモンの群れから見つからないように、群れの上空を飛んだ。
 レッドドラゴンはベヒモスを背中に乗せて飛んでいるせいか、かなり体力を消耗している。
 そろそろ地上に下りた方が良さそうだな。

 俺はレッドドラゴンを休ませるために着地場所を探していた時、禍々しい魔力を感じた。
 北の方から強力な闇の魔力を感じる。
 これが魔王の力なのか?
 感じた事も無い程、力強い魔力を感じる。
 まるでザラスのダンジョンに居たキメラを何倍も強くしたような魔力だ。

「皆、この先に魔王が居る事は間違いない。感じた事のない禍々しい魔力が、この地に蔓延している。慎重に進むぞ……」

 俺達はレッドドラゴンの背中から下り、魔王の魔力の元を探して歩き始めた。
 一歩進むだけでも、体に魔王の力強い魔力を感じる。
 恐ろしいな……。
 もしかしたら俺は殺されるかもしれない。 
 大量のアークデーモンを召喚出来る強力な魔力。
 ブラックドラゴンを討伐し、素材から再召喚出来る戦闘センス。
 魔王は確実に俺よりも強いだろう。

 しかし、俺が魔王を殺すしか無い。
 俺は精霊王の加護を得て、今日まで毎日幸せに暮らす事が出来た。 
 精霊王の力でBランクの冒険者になり、魔法学校に入学し、本拠地を構えた。
 リーシアやシルヴィア、その他の理想的な仲間に出会えたのも、全て精霊王の力のお陰と言っても過言ではない。
 そんな精霊王の加護を使い、ザラスを襲う奴は生かしておけない。
 それに、囚われているであろう精霊も救わなければならないしな……。

 魔王の魔力が蔓延する地を、ゆっくりと北に進むと、ついに魔王の居場所を見つけた。
 巨大な廃村の様な場所だった。
 朽ち果てた村の中央では、黒いフードを被った人物が、次々とアークデーモンを召喚している。
 一体どれだけの魔物の素材を持っているのだろうか。

 廃村の近くの茂みに身を隠し、魔王の様子を疑っていた時、一体のアークデーモンが俺達を睨みつけた。
 バレたか……。
 アークデーモンは魔王に対して俺達の存在を伝えたのだろうか、魔王は召喚する手を止めて、こちらを見た。

 黒のローブに身を包み、フードを被っている。
 左手の指には精霊王の指環だろうか、銀色の指環が輝いている。
 こいつは俺が殺さなければならない……。
 俺は右手を魔王に向けて魔法を唱えた。

『ファイアボルト!』

 巨大な炎の矢が魔王目掛けて飛んだ。
 魔王はローブを脱ぎ捨て、剣を好き、炎の矢を叩き切った。
 ローブの下には黒い鎧を着込んでいるようだ。
 まるで剣士と言った風貌だな。
 年齢は三十代だろうか、長く伸びた黒い髪に、赤く血走った目。
 こいつが魔王か……俺のドラゴニュートを殺しやがって……。

 ついに魔王と俺の戦いが始まった。
 廃村には五体のアークデーモンが居る。
 こちらの仲間の数も、魔王のアークデーモンの数も同じだ。
 仲間達にアークデーモンを任せると、俺と魔王の一騎打ちが始まった。
 俺はブロードソードとショートソードを引き抜いた。
 剣に火の魔力を注ぎ、エンチャント状態にする。

 魔王はロングソードを両手で構え、剣に強い闇の魔力を纏わせた。
 魔王が剣に魔力を注いだ瞬間、俺は自分の死を予感した。
 魔王の魔力があまりにも強すぎる。
 目の前に居るだけで死を感じる程の魔力だ。
 勝てる訳がない……。

 俺は二本の剣から次々とファイアブローを飛ばした。
 強力な炎の刃を魔王に放っても、魔王はまるで石でも弾くかのように、いとも簡単に俺のファイアブローを弾いた。
 実力が違いすぎる。
 魔王は気味の悪い笑みを浮かべながら剣を俺に向けた。

『ブラインド……』

 魔王が小さく魔法を唱えた瞬間、黒い闇が俺の全身を覆った。
 まるで世の中から光が消えるような感覚に陥った。

 何が起こっているんだ!?
 目が見えなくなったのか?
 俺は魔王の魔力がする方に剣を振り下ろしたが、手応えはない。

『サンダーボルト……』

 魔王が魔法を唱えた瞬間、俺の右肩に激痛が走った。
 なんだこれ……。
 まるで肩を削ぎ取られたような感覚だ。

 痛い……。
 俺はこのまま死ぬのだろうか。
 右肩を左手で触れてみると、感覚はなく、大量の血がべっとりと手についた。

 目も見えない、魔王の居場所もわからない上に、俺は魔王の攻撃を受けた瞬間、ブロードソードを落とした。
 激痛に耐えながら、魔王の魔力を感じる方に剣を振った。

 俺の攻撃は虚しく空を切る。
 盲目の状態で魔王に攻撃をしようとしても、当てられる訳がない。

『サンダーボルト』

 瞬間、俺の右足には先程よりも遥かに強い激痛が走った。
 意識を失いそうだ。
 全身から脂汗が吹き出している。
 死ぬのか……。

 俺は地面に倒れ込んだ。
 俺はこのまま死ぬんだ……。
 俺みたいな弱い村人が、召喚獣の力で強くなったと錯覚していた。
 俺なら魔王も倒せると思った。

 しかし、この実力差はなんだ?
 悔しい……。
 このまま死にたくない……。
 最後にひと目リーシアに会いたい。

「リーシア……」

 俺が呟いた瞬間、腹部に衝撃を感じた。
 何が起こったんだ……?
 恐る恐る腹部に触れてみると、魔王のロングソードが貫通していた。
 焼けるような痛みと吐き気が襲ってきた。

 終わりだな……。
 体からは大量の血が流れ、意識が遠のいていく。
 魔王に一撃も攻撃を食らわせられなかった……。

 だが、最後に一撃だけでも与えなければ……。
 残された仲間のためにも……。
 俺は左手にありったけの魔力を込めた。

 この一撃で死んでも良い。
 全ての力を使い果たせ……。

 俺は魔王の魔力を探った。
 集中しろ。
 目は見えないが魔王の魔力なら見える……。

『ファイアボール!』

 魔法を唱えた瞬間、巨大な爆発が起きた。
 当たったのか?
 魔王がもがき苦しむ声がする。

 瞬間、俺の体には優しい魔力が流れた。
 この感じはリーシアだ。
 リーシアが回復魔法を唱えたのか、俺の体の痛みは嘘の様に消え、闇が晴れた。
 目が見えるぞ……。

 廃村にはレッドドラゴンの死体と、アークデーモンの死体が無残に転がっている。
 ベヒモスは大量の血を流しながら俺を見つめている。
 魔王はどこだ?

 目の前には左腕を失った魔王が、うつろな目で俺を見下ろしていた。
 まさか、俺の攻撃が当たったのか?

 魔王が右手で剣を振りかぶった瞬間、魔王の背後から無数の触手が伸びた。
 触手は容赦なく魔王の体を貫き、切り刻んだ。
 ゲイザーだ……。
 ゲイザーが決めてくれた……。

 体中をゲイザーに貫かれた魔王は、最後まで俺を睨み続けながら命を落とした。
 廃村からは禍々しい魔王の魔力が消えた……。


 魔王討伐の翌日から、ザラスの復興が始まった。
 地属性の魔術師が建物を直し、聖属性の魔術師が怪我人を癒やした。
 魔王の手下によって破壊された町は、すぐに再生したが、殺された冒険者やザラスの人達の命は戻らない。

 俺は魔王討伐の功績が認められ、ザラスの政府から勇者の称号を頂ける事になった。
 しかし、今回の魔王討伐は俺だけの力で達成出来た訳ではない。
 それに、レッドドラゴンやドラゴニュートを死なせてしまった。
 こんな俺が勇者になる資格はないと思い、俺は勇者の称号の授与を断った。

 無数の幻獣を討伐し、ザラスを守った父さんとアッシュおじさんはAランクの冒険者になった。
 元々二人はBランクの冒険者だったらしい。
 俺、リーシア、シルヴィアもAランクの称号を得た。


 魔王襲撃の翌年、俺はリーシアとの精霊の契約を破棄した。
 契約がなくても、俺はリーシアと一生共に暮らしていけると確信したからだ。

 俺に念願だった初めての彼女が出来た。
 ある日、冒険者になるために訪れた廃村で出会った精霊の少女と……。

 俺とリーシアは魔法学校卒業後に結婚した。
 今は本拠地の屋敷で、魔物達に囲まれながら暮らしている。
 勿論、俺の召喚獣であるシルヴィアやリリーとは常に一緒に居る。

 俺は本拠地に新しく冒険者ギルドを設立した。
 父さんと母さん、アッシュおじさんも俺の本拠地で暮らしている。

 十七歳まで冒険者になる事すら出来なかった、何の力も無い村人だった俺が。
 本拠地を構え、家族を作り、大陸を守りながら生きている。
 人生は小さな決断で大きく変わる……。
 これからも俺は仲間達と協力して世界を守り続けるだろう……。

「リーシアと出会えて良かった……」
「私もだよ……レオン……」
この小説を少しでも楽しんで頂けましたら、評価をお願いします。
今後の執筆活動の原動力になります。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
※感想 レビュー は受け付けておりません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~

凡人がコツコツと努力を重ねて世界最強へ。 辺境の村で幼なじみだったルークとリリ。 2人はスキルと天職を天啓される『祝福の儀』を受けたが、最高位の職業をもらった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部)
  • 2883 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 23:03
寄生してレベル上げたんだが、育ちすぎたかもしれない

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 2939 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 08:51
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全199部)
  • 3007 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 10:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全523部)
  • 3286 user
  • 最終掲載日:2017/03/05 18:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部)
  • 2962 user
  • 最終掲載日:2017/02/27 20:01
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全246部)
  • 2832 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 12:29
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 2806 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 19:41
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 2883 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部)
  • 3534 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全203部)
  • 3063 user
  • 最終掲載日:2017/03/11 23:40
くじ引き特賞:無双ハーレム権

商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外のチートスキルだった。 うるさいヤツは黙らせ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全210部)
  • 2825 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 00:17
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部)
  • 2994 user
  • 最終掲載日:2017/02/27 23:29
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全256部)
  • 3594 user
  • 最終掲載日:2017/03/18 18:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 2993 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全350部)
  • 3231 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 11:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1314部)
  • 2891 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全388部)
  • 3074 user
  • 最終掲載日:2017/03/22 21:52
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全88部)
  • 3295 user
  • 最終掲載日:2017/03/22 20:00
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から2巻4月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全520部)
  • 2874 user
  • 最終掲載日:2017/03/08 15:02
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部)
  • 3750 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 06:00
隠しスキルで異世界無双 ~便利系チートで戦車も戦闘機も核爆弾も入手できます~

クラス転移して皆が成長チートをもらうなか、無堂信人が得たスキルは『ペナルティ0』だけ。これはスキルをいくつ取ってもペナルティ無しというものだが、成長チートのない//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部)
  • 2922 user
  • 最終掲載日:2017/02/07 21:06
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全285部)
  • 2824 user
  • 最終掲載日:2017/02/10 14:20
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部)
  • 3175 user
  • 最終掲載日:2017/02/16 21:38
俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜

職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一人として入り方がわからない隠しダンジョン、そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部)
  • 3145 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 00:24
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部)
  • 2933 user
  • 最終掲載日:2017/03/11 11:02
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部)
  • 3160 user
  • 最終掲載日:2017/03/22 23:05
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 3261 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 07:28
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全337部)
  • 3968 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 21:40
↑ページトップへ