挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
召喚幻想紀 - 召喚魔法で作り上げた最強パーティーで成り上がり - 作者:花京院 光

第二章「ダンジョン編」

16/50

第十六話「ダンジョンの悪魔」

 〈ザラス・ダンジョン前〉

 ダンジョンの前に着くと、スケルトン達とレイス達が退屈そうに俺達の帰りを待っていた。
 俺はしばらく待たせた事を謝罪してから、すぐに新しい仲間を紹介する事にした。

「皆、こちらは幻獣のウィンドデビル、名前はシルヴィアだよ。俺達はこれからダンジョンに潜って魔術師達を救出する! 今までダンジョンの周辺で狩りをしてきた俺達なら、きっとダンジョン内の魔物とも互角以上に戦えると思っている! 絶対にこのクエストを成功させるぞ!」

 俺が気合いを入れて宣言をすると、仲間は武器を空に掲げた。
 パーティーでの陣形は、前衛が俺とフーガ、シルヴィアは俺達のすぐ後ろで待機。
 シルヴィアの戦闘能力は未知数だが、ウィンドエッジを使って敵を切り裂く事は出来るだろう。
 俺達の背中は三体のスケルトンとリーシアに守ってもらう。
 リーシアは回復魔法と防御魔法、それから攻撃魔法を中心に使って貰う事にした。
 二体のレイスは遊撃だ。
 空中を自由に飛び回って、敵の死角からロングボウを使った攻撃を仕掛けて貰う。
 体の大きいボリスに関してはダンジョン付近の森の中で待機だ。

 俺達はダンジョンの扉の前に立つと、ダンジョン内に潜む魔物の魔力を体に受けた。
 やるしかない……。
 俺達が魔術師を救出しなければならないんだ。
 急ぎながらも慎重に進もう。
 俺達はすぐにダンジョンの中に入った……。


 〈ダンジョン・地下一階〉

 ジメジメとした石造りの階段を、ゆっくりと一歩ずつ降りると、そこは大広間になっていた。
 大広間には魔物の死骸が転がっている。
 魔物の死骸から流れる血の匂いが充満している。
 気持ち悪いな。

 大広間にはスケルトンとゴブリンの死骸がざっと二十体以上ある。
 俺は一瞬、素材から新しく魔物を作り出そうか考えたが、ダンジョンの下層で強力な魔物と出くわした場合、果たして生まれたばかりのスケルトンやゴブリンの様な、魔獣クラスの魔物の中でも低級な魔物が役に立つかどうか、疑問を抱いた。
 きっと何の役にも立たないだろう。
 そして、スケルトンなら既に訓練を積んだ心強い三体の相棒が居る。

 魔物の素材はスルーして、俺達は大広間の奥に進んだ。
 一体このダンジョンはどのようにして作られたのか、なぜザラスからほど近い場所にダンジョンが出来たのか、色々気になる事はある。
 だが今はそんな事を考えている場合ではない。
 このダンジョン内の何処かでは、今も魔術師達が結界を張って魔物の攻撃を防いでいる。
 生きていてくれよ……。

 地下一階の大広間の奥は細長い通路になっていた。
 俺は新しく買ったブロードソードを右手で構え、左手には炎の球を作り上げた。
 予め魔法を準備しておけば、敵がいつ襲って来てもすぐに反応出来る。
 これは俺の普段の戦い方だ。
 一秒でも敵の攻撃に早く反応する事が、戦闘での勝敗を決める。

 俺の背後ではシルヴィアが緊張した面持ちで武器を構えている。
 フーガはシルヴィアをサポートするかのように、彼女の隣をピッタリとくっ付いて歩いている。
 まったく頼もしい奴だ。
 細くて暗い通路を進むと、突き当りには小さな部屋があった。
 俺達が部屋に入った瞬間、薄暗い部屋の奥からは一体の魔物が姿を現した……。

 無数の触手を体から生やし、巨大な目を体の中央に持つ魔物。
 触手の先端にはナイフのような鋭い爪が付いている。
 切り裂かれればひとたまりもないだろう。
 見た事もない魔物だが、どう考えも魔獣クラスの魔物ではない。
 きっと幻獣に違いないだろう。
 まずいな……。

「レオン、あれはゲイザーだと思う。闇属性の幻獣だよ」
「やっぱり幻獣か……」

 俺達が部屋に入るや否や、ゲイザーは触手を伸ばして鋭い攻撃を放ってきた。
 俺はブロードソードでゲイザーの触手を切り落とすと、ゲイザーの触手はすぐに再生した。
 ありえない……。
 すると、パーティーの最前線に立っている俺の背後から、鋭い風の魔力を感じた。

『ウィンドエッジ!』

 攻撃を放ったのはシルヴィアだった。
 シルヴィアはでたらめに剣を振り下ろすと、剣の先からは風の刃が放たれた。
 シルヴィアが放った風の刃は、ゲイザーの触手を切り落としてから消滅した。
 しかし、切り落とされた触手はすぐに再生した。
 絶望だな……。
 どうやって勝てば良いんだ?
 無限に再生するのか?
 もし無限に再生するなら、弱点など存在するのだろうか。

 無数の触手が俺達パーティーに攻撃を仕掛け続けている。
 俺はかろうじて触手の攻撃をブロードソードで切り落としている。
 後退しようと退路を確認した瞬間、部屋の扉が閉まっている事に気が付いた。
 罠か……。
 倒すしか生き残る道はない。

 ゲイザーは無数の触手を鞭のように使い、俺達パーティーに容赦ない攻撃を続けている。
 まともに触手の攻撃を防げているのは、俺と三体のスケルトンだけだ。
 他のメンバーはゲイザーの攻撃に反応が追いついていない。

 リーシアは俺達の背後から、魔力で作り上げたマナシールドを貼っている。
 シルヴィアはウィンドエッジを次々と放ち、フーガは何とかゲイザーに近付こうと、触手を掻い潜って前進するも、あと一歩のところで触手に吹き飛ばされた。
 二体のレイスは、ゲイザーの触手が届かない場所から矢を浴びせている。
 ダメージは少しずつ通っている様だが、決め手にはならない。
 どうしたら良いんだ……。
 このまま敵の攻撃を防ぎ続けていてもゲイザーには勝てない。
 弱点はないのか?

「レオン! 目を狙って!」
「目!?」
「そう! きっと目が弱点!」

 俺はリーシアからアドバイスを受けると、ゲイザーの巨大な目に左手を向けた。
 ありったけの魔力を込めて炎の矢を飛ばしてやる。

『ファイアボルト!』

 魔法を叫ぶと、炎の矢は物凄い勢いでゲイザーの目を捉えた。
 巨大な目に攻撃を喰らったゲイザーは、怒り狂って口を大きく開いた。
 瞬間、ゲイザーの口からは強い炎が放たれた。
 え? 火属性の攻撃まで使えるのか。
 俺は咄嗟に敵の攻撃に対して水平切りを放った。

『スラッシュ!』

 火の魔力を込めた水平切りを放つと、ゲイザーの火炎を切り裂く事は出来たが、攻撃をする事によって隙が生まれた瞬間、ゲイザーは刃物の様に鋭い触手で俺の腕を切り裂いた。
 俺の右腕には激痛が走った。
 やばい……。
 死ぬ……。
 俺の腕からは大量の血が滴り落ちている。
 意識もだんだんと遠のいていくような気がする。

 三体のスケルトンは、俺を庇うためにゲイザーの前に立ちはだかったが、スケルトンだけではゲイザーの攻撃を防ぎきれず、一体、また一体とゲイザーの攻撃によってスケルトン達は殺された。
 ふざけるなよ……。
 俺の仲間を……。

『リジェネレーション!』

 激痛で動かす事すら出来ない右腕に、リーシアはすぐに回復の魔法を掛けてくれた。
 リーシアの魔法によって腕の痛みは軽減されたが、腕には全く力が入らない。
 指を動かす事も出来ない……。
 まずいな……。

 そうだ、ベルネットさんから貰ったポーションを使おう。
 俺は左手を懐に突っ込んでポーションを取り出し、一気に飲み干した。
 ポーションを胃に入れた瞬間、俺の右腕は以前よりも遥かに逞しい状態で再生された。
 ゲイザーめ……。
 よくも俺のスケルトンを殺しやがって……。
 俺は何も考えずにゲイザーに突っ込んでいった。

 襲い掛かる触手をブロードソードで切り落とし、炎の矢をゲイザーの目に撃ち続ける。
 俺と三体のスケルトンがパーティーの前衛から居なくなった事によって、リーシアとシルヴィアの防御が手薄になった。
 レイス達は地面に降りてきて、リーシアとシルヴィアを守るために防御の姿勢をとった。
 シルヴィアとリーシアは魔法を撃ち続けているが、ゲイザーの目には攻撃が届かない。
 攻撃が届く前にゲイザーの触手によって叩き落とされてしまう。

 今自由に動けるのは俺とフーガだけだ。
 他に仲間が居れば……。

 俺はふと地面を見ると、ゲイザーの触手が無数に落ちている事に気が付いた。
 そうか! この素材で新しいゲイザーを召喚すれば良いんだ!
 どうして今まで気が付かなかったんだ?
 俺は自分の体の近くに触手を集めて一気に魔力を吹き込んだ。

『ゲイザー・召喚!』

 魔法を唱えると、地面に落ちていたゲイザーの触手は、強い光を辺りに放ち、光の中からは小さなゲイザーがわらわらと現れた。
 俺達の勝ちだ。
 俺は勝利を確信した。

「ゲイザー達! あのデカブツを殺せ!」

 俺が命令を下すと、無数のゲイザーは巨大なゲイザーに向かって一斉に攻撃を仕掛けた。
 しかし、生まれたばかりの力の弱いゲイザーでは、巨体のゲイザーの触手を切り落とす事も出来ず、半数以上のゲイザーは次々と脳天を砕かれて死んだ。
 うん……?
 ゲイザーって脳天を砕けば死ぬのか?
 俺達は今まで目を狙って攻撃をしていたが、頭に攻撃を仕掛ければ倒せるのかもしれない。
 事実、生まれたばかりのゲイザーは、巨体のゲイザーに脳天を叩き潰されて死んだ。

「フーガ! 力を貸してくれ!」

 俺はフーガを自分の元に呼び寄せて、作戦を伝える事にした。

「いいか!? 俺が合図したタイミングで炎を吐いてくれ! 俺はゲイザーがひるんだ瞬間、奴の脳天まで駆け上って頭を潰す!」
「バウッ!」

 フーガは俺の命令を理解したのか、俺の足元で待機しながら口を大きく開いて炎を作り出した。
 やってやる……。
 よくも俺のスケルトンを殺しやがって。
 ゲイザーだかなんだか知らないが、俺の一撃で殺してやる。
 ブロードソードに魔力を込めると、俺はフーガに合図をした。

「今だ!」

 俺の合図と共に、フーガの口からは勢い良く炎が吐かれた。
 巨体のゲイザーは、生まれたばかりのチビのゲイザーに気を取られていたせいで、フーガが放った火炎をもろに喰らった。
 火炎はゲイザーに触れるや否や、体に纏わりつくように燃え始めた。
 ゲイザーが不意の攻撃に驚いて、攻撃の手を止めた瞬間、俺は一気にゲイザーの体を駆け上がった。
 ゲイザーの頭の天辺に立つと、両手でブロードソードを持ち、ゲイザーの脳天に突き立てた。
 俺の全力の攻撃を脳天に受けたゲイザーは、辺りに気味の悪い体液を撒き散らしながら命を落とした。

「勝った……」

 ダンジョンの地下一階にこれ程までに強力な魔物が居るとは。
 とても信じられないな。

「レオン、レイス達が……」

 リーシアは目に涙を浮かべてレイスの亡骸を抱えていた。
 レイス達も殺されたとは……。
 生き延びたメンバーは、俺、フーガ、リーシア、シルヴィア。
 それからチビのゲイザーが一体。
 三体のスケルトンと二体のレイス、それからチビのゲイザー達は命を落とした……。

 悲しんでいる場合ではないな。
 一刻も早く魔術師達を助けに行かなければ。
 巨体のゲイザーが居た大広間の奥に、地下二階に続く階段があった。
 大事な仲間を失った俺達は、更に慎重に、ゆっくりと地下へ続く階段を下りた……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ