挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
『荘厳なる少女マグロ と 運動会』 作者:折鋸倫太郎
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/674

荘厳なる少女マグロ と 運動会

※注意:この話は、そこら辺の人には<読めない>ので、そこら辺の人は最初から諦めて下さい。
 昔――



 「アニメ」



 ――という



 <アート>



 ――が在ったそうだ…。



 正式名称は、<アニメーション>と云う。



 <アニメーション>は
 ――古語から
 ――意味の軸を保持しながら……
 時代に合わせて少しずつ意味の限界の修正を続け、
 変化してきた英語のワードで――



 <生命に満ち溢れた状態>



 ――を指す。



 ただ………
 ――生命に満ち溢れている様に見えて
 <アニメーション>
 それ自身の中に
 ”生命が在る”訳ではない。



 有機体は、微塵も、ない。



 <アニメーション>は――写像の一種だ。



 それは、映像ではあるが、<映画>とは違う。



 人間がキャラクターとなって物語を作る――
 <映画>
 ――とは違う。



 アニメは――



 ”人間がその手で描いた絵を動かす”



 ――というアートジャンルだ。



 今となっては
 ――”人間が書く絵”
 ――と
 ――”人間そのもの”
 二つの間に横たわる差違は
 ――人間の肉眼では……
 確認できないが――



 昔はそうではなかった。



 今の認識で言えば、すべての映像作品はアニメだが…
 ――昔はまだ
 人間が
 自身の持つ肉体
 それ使って演じる部分が
 ――映像作品に於いて
 多かった為に――



 <アニメ>というジャンルと
 <映画>というジャンルの



 ――線引きがはっきり出来ていたという……。



 そんなアニメ………――



 アニメでは、色々な作品が生み出された。



 殆んどは、”人間の夢”を示していた。



 空を飛ぶ。



 超能力。



 宇宙人。



 未来のロボット。



 人間が遡る事の出来ない過去
 ――絶滅した騎士
 ――海賊。



 冒険。



 物質では作り出す事の出来ない――幽霊。



 妖怪。



 <映画>に登場する”俳優”と云う職業が演じる事が出来ない事――



 ”人間が出来ない事”



 ――……それをアニメは可能とした。



 不可能を可能である様に見せていた。



 本当に色々な作品が在った。



 そんな中
 ――ある時代…
 ――ひとつ
 作品が在った。



 たいへん人気があった。



 それは――



 女が
 男を
 肉体的暴力を使って
 一方的に
 虐待する――



 <差別的な内容>



 ――だった。



 [今の時代では、完全に差別的表現に当たる……]



 男嫌いの女が――



 「いやぁ! 触らないで!!」



 ――と
 <か弱い男>
 ――をグーパンチで殴る。



 殴られた男は、吹っ飛ぶ――



 壁にぶち当たる。



 床に横たわる。



 その鼻から――血を流していた。



 赤き液体は止まらなかった。



 そのくちから――血を吐いていた。



 赤き液体は止まらなかった。



 地面に溜まった――くれないプール。



 男の殴られた皮膚が――赤く腫れていた。



 「ぐぐぐ………」



 ――と苦しみを
 ――呻り声で
 ――表現する。



 そして傷ついた男は……――仕返しをしない。



 細く
 ――モヤシの様に細く
 <か弱い>男は、
 女に殴られながら…――
 笑っていた。



 笑っていた。



 アニメのキャラクターはみんな笑っていた。



 殴られ
 ――血を流しながら……
 蹲っているキャラクターを見ても
 ――現実の男も
 ――現実の女も
 何も言わなかった。



 何も感じなかった。



 笑っていた。



 女に殴られ、傷つく男を見て、
 皆――



 「ほっこり………」



 ――していた。



 <ほっこり>とは、”心地よさ”を示すオノマトピーアだ。



 男が床に蹲り、
 服を破られ、
 荒い息を吐いていても――



 「癒される……」



 ――という世間の意見が多数であった。



 誰も問題視しなかった。



 それは――コメディであったから。



 それは――マンガであったから。



 それは――アニメであったから。



 可愛いから。



 男がMだから。



 「楽しければ、何でもイイ!!!」



 そんなアニメが何の問題もなく放映されていた。



 女性人権団体は、
 暴力女性キャラクターが
 男性を一方的に攻撃し
 痛めつけるアニメに、
 何の抗議もしなかった。



 ただ、アニメは、回数を重ねた。



 そのアニメが放映されてから暫くした時の事。



 ある地方の小学生(女子)が
 ――アニメの真似をして
 同級生の男子を
 <集団暴行>で
 死に至らしめた――



 そんな事件が在った。



 「男はみんな…殴られて喜んでるんでしょ……?
  ――アニメで見たし。
  ………あたしは悪くない!!
  男はみんな、
  殴られ、
  血を流しながら
  喜んでいるんだから!
  だから、死んだあいつが悪いんだ!!
  ――男なんだから!!!
  アニメでそう言ってた!!」



 ――と主犯の小学生は、供述した。



 結局、犯人は幼いが故に――許された。



 そして――再犯。



 その様な状勢の反動からだろうか……?――



 女嫌いの男が



 ”女を徹底的に殴りつける”



 そんなアニメが放送された。



 「やめろ! 触るな!!」



 そう言いながら、
 <残酷で野蛮な>男は、女を殴った…



 ――笑いながら。



 <か弱い>女は血塗れになって横たわった



 ――笑いながら。



 いつもジョークが挿入されていた。



 勿論、女性団体はアニメ制作会社を訴えた……



 ――女性の権利の為に。



 そして――アニメは放映中止となった。



 それでも、女が男を殴るアニメは、制作中止とはならなかった。



 その時、女性団体は言う………――



 「文句があるの!!!?
  ――なら、男性団体を作れば良いだろうが?」



 そして男性が
 男性の権利を守る団体を作った時、
 言った。



 「男の癖に、小さいなぁ……」



 世論は
 ――昔程
 女性団体の側に寄らなくなった。



 女性が



 <か弱く>



 <守られる>



 存在ではなくなった時代。



 女が自立しようとするのではなく
 <男に依存しない女が当たり前である>
 ――時代。



 そんな時だった…――気高き少女が現れたのは。



 崇高なる少女 "マグロ" が飼育係に任命されたのは。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ