挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ハッピーレディーとモブ沢山。

GO!٩( 'ω' )و!!
目の前で死体を数人が囲み、声を上げながら弄くり回す。

楽しそうに。



此処に居るのは、本当に人なのだろうか。

常人が見たら、卒倒しかねない。

現に少しこういったことに耐性がある自分でさえ、今の状況が脳裏に焼きついていく。

其れ程、見るに耐えない光景である。

この光景だけを見ると、動物とヒトの境界がサッパリ分からなくなる。

うん?動物。けもの。

…あぁ、、ヒトも、けもの、か。

なぁんだ、人間じゃ、、ないのか。
限りなくけものに近い、ヒトってぐらい?

…いや、よくよく考えると、ヒトとして、至ってマトモなのかも。

だって、




頭の中が、どうなってるのか知りたい。

目玉を引きちぎってみたい。

口が何処まで開くのか知りたい。

人間の重さを知りたい。

匂いが知りたい。

脳を掻き出して、眼底から指を突き出してみたい。



知的欲求を満たしたいのかも。

ううん、死体に触れる事による、感染症のリスクを知らない。
…ただの馬鹿なのかしらん。

どれも間違ってはいないだろう。




ポッカリと空いた後頭部に手を突っ込むひと。

頭部を掴み、引き上げるひと。

口腔内に手を入れ、口をこじ開けるひと。

瞼をぞんざいに避け、目玉を取ろうとするひと。

目玉を引きちぎった後に飛び出た白色の視神経を突くひと。

その目玉、切るとドロリとした透明の液体が出るのよ。
それでね、裏側は黒いの。
あ、そうそう。
よーく探してみて!
まぁるい水晶体があるのよ!
ホルマリンに漬けてしまうと、濁ってしまうから、見れるのは今だけよ?

小さいけど、とっても綺麗なの。

現状を知識に代替してみる。

少し、落ち着いた。
自分で聞こえるほど躍動していた心臓の心拍数が減っていく。

…彼は、いつ死んだのかしら。

誰かが腹を痛めて産んだ子なのに。

その痛みも、今は全て無に帰るのね。


他のひとも、同じだろうに。
同じ目に会えばいい。
そうすることでしか、"彼"の痛みは分かち合えない。

想像は想像。所詮、現実にはなり得ないのだ。
レアケースが存在する可能性が否定出来ないので、絶対とは言わないが。

とまれ、こんな時でも思考は止まることを知らない。

死を目前にしたとしても、自我を失うなんて勿体無いから。

だって、私達はいつ死ぬのか分からない。
いつだって、死に向かってる。

それはつまり、いつどの瞬間も、死の前である事に変わりない。

だから、どうか、せめて、ヒトのカタチを思い出せるものを、そばに。

お願いよ。

イノチが消えてしまう前に。

わたしが、ただの肉塊になってしまう前に。

思考を失ってしまう前に。


少しの希望と願望があれば、他のことを考えないで済むもの。



望みを持つことさえ奪われるなど、ありはしないのだから。
お腹すいたorz

自己満足の塊を、読んでくれた畏友達に感謝

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ