挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

悪魔のささやき

作者:忍者の佐藤

1年前、俺は悪魔に取り()かれた。悪魔は事あるごとに俺をそそのかし、地獄(じごく)に引きずり込もうと(たくら)んでいる。こんなことを言うと頭がおかしいのかと思われるだろう。俺も自分の頭がおかしくなったのかと疑っていたのだが、実際に悪魔の姿を目にしてからその存在を信じるようになった。
奴との出会いは一年前、道端(みちばた)に一円玉が落ちているのを見つけた時のことだ。俺はその時何も思わずそれを一瞥(いちべつ)して通り過ぎようとした。



——(ひろ)え。



突然、肉食獣のうなり声のような低い声が(ひび)いた。
(おどろ)いて辺りを見渡すが誰もいない。車一台通っていない。気のせいだろうか。



——一円玉を拾え。



いや間違いない。何者かが俺に語りかけている。
「誰だ!?」
辺りを見渡していた俺は体の異変に気付く。まるで金縛(かなしば)りのように身体が動かなくなったのだ。しかも身体がまるで何か別の生物に乗っ取られたかのように、俺の意志とは関係なくゆっくりと動き始めた。
「くっ、身体が勝手に……!?」
いくら抵抗しようと力を込めても足は(たた)まれ体制は前かがみになり右手は一円玉を鷲掴(わしづか)みにする。

——我は悪魔なり。今日から貴様に取り()くことにした。

再び俺の脳内に響く声はそう名乗った。こうして悪魔が来てから俺の生活は一変した。



次に悪魔が姿を現したのは上下関係に厳しい先輩達との飲み会で、俺たちのテーブルに大盛りの(から)()げが運ばれて来た時のことだ。さっそく小皿に取り分けようとした俺に奴の声が聞こえた。



——レモンをかけろ。



俺は悪魔の声に耳を疑った。それが飲み会で嫌われるダントツ一位の行為だったからだ。「ば、馬鹿を言うな! そんなことしたら村八分にされるぞ!」



——ぶちまけろ……!



「絶対に嫌だ!」
しかし俺の手はレモンの果汁(かじゅう)をぶちまけていた。レモンがカラカラになるんじゃ無いかと思うくらいにギュウギュウ(しぼ)った。フレッシュなレモンの香りが(ただよ)う中 飲み会の空気は(よど)んでいった。
それ以来俺は飲み会に呼ばれていない。



友達と山陰(さんいん)旅行へ行った時のことだ。旅館の朝食には宍道(しんじ)()で取れたシジミの味噌汁(みそしる)が出て来た。
「シジミの出汁(だし)が効いてて美味しいよな」
と友達と談笑(だんしょう)しながら味噌汁を飲んでいると、出たのだ。



——シジミも食べろ。



「な、何を言ってるんだ! シジミは出汁だから食べる必要は無いんだ!」



——いいから食べろ、モッタイナイ。



両手の自由を奪われた俺は何度も何度も、素手でシジミを口に運んだ。素手で一心不乱にシジミを食べる俺を見て友達は完全にドン引きしていた。



一人でいる時でも容赦(ようしゃ)なく奴は(おそ)って来た。俺は大学生になってからとあるネットゲームにハマっていて、空き時間の全てをそのネトゲに注ぎ込んでいた。所属する巨大なギルドでも一目置かれていた俺は会員から敬語を使われ、「さん」付けで呼ばれていた。
そしていつものようにログインした時のことだった。



——ユーザーネームを変えろ。



……え?



——「フルチン戦士ボッキマン」 にしろ。



それだけは! それだけは勘弁(かんべん)してくれ! そんなことしたらギルドから追い出されるし追い出されなかったとしても「フルチンさん」もしくは「ボッキマンさん」とか呼ばれることになる!
俺は必死に抵抗した。だが俺はフルチン戦士ボッキマンになった。
そして間も無くギルドから追い出された俺はネトゲをやめた。



俺には好きな子「ミヤちゃん」がいた。しかし奥手(おくて)の俺は遠くから見つめることしか出来ず、もどかしい思いをしていた。ある時、講義中(こうぎちゅう)に彼女が落とした消しゴムを拾った。



——食べろ。



抵抗むなしく俺は消しゴムを食べた。腹を壊した。



ある時俺は彼女が落としたハンカチを見つけた。これは届ければ……!



——食べろ。



食べた。美味しかった。



ある時、ミヤちゃんがいつも首に()いているストールを見つけた。きっと忘れたのだろう、届けなければ。



——匂いをかげ。



匂いを嗅いだ。ティモテー。



ある時、女子更衣室の前を通った時、ミヤちゃんの声が聞こえて来た。ああ、このドアを開けたら彼女が着替えをしているのか……。



——ドアノブを食べろ。



食べた。固かった。



どうして俺が消しゴムやドアノブを食べねばならないのか。俺は悪魔に取り()かれた自分の運命を呪っていた。あの日までは。
大学からの帰り道、俺はミヤちゃんがガラの悪い男達に(から)まれているのを見てしまったのだ。まずい、どうする? 警察(けいさつ)? いやそれじゃ間に合わない。じゃあ俺が止めに入るか? いや俺みたいなモヤシが勝てるわけがない。じゃあ、見て見ぬふり……?



——戦え



俺は悪魔のささやきにハッとする。



——戦え!



俺の内側からメラメラと闘志が燃え始めた。そうだ、俺は男だ。男には負けると分かっていても戦わなければならない時があるんだ!



——貴様に我が力をくれてやる。全てを(つらぬ)く悪魔の(こぶし)を……!



俺は男達の前に(おど)り出た。戦わずに後悔するくらいなら戦って死んでやる!
と思っていると俺の横から飛び出して来たガタイのいい男がミヤちゃんに(むら)がっている連中を殴り倒してしまった。
「もう大丈夫だよ」
と言ってミヤちゃんを抱きしめる男。
「怖かったよ!」
と男の胸で泣くミヤちゃん。
「あの、二人はどういう……」
と尋ねる俺に顔を見合わせる二人。
「恋人同士です」
俺の目の前は真っ暗になった。



——ドンマイ



視界が暗転する最中(さなか)、悪魔が静かに(ささや)いた。


終わり
お読みいただきありがとうございました!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ