挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
創作していて思ったことを、徒然なるままに 作者:ルーラー
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/47

より読みやすいものにするために

初出:2007年4月7日
『ザ・スペリオル~夜明けの大地~』をちょっと修正しました。
説明文だらけのところを、読みやすく行を区切ったり、セリフとセリフの間を一行空けたり、サーラはあくまでもふんわりした印象なんだから、やっぱり一人称は『わたし』にしたほうがいいよなあ、とサーラの一人称を『私』から『わたし』に変更したり。

実はサーラの一人称が一番直したい部分だったんですよね。ネット小説ではずっと『私』で通してきましたが、僕は本来、一人称に力を入れて性格を表すのが好きなタイプの人間ですので、一人称は本当に大事だと思っているわけです。
で、やっぱりサーラは『わたし』じゃないと、と彼女を出した当初から思っていて、今回訂正した、と、まあ、そういうわけなのです。

ちなみにこの一人称、ファルカスは『オレ』、『スペリオル~希望の目覚め~』に出ているキャラであるアスロックは『おれ』、そして同作品の主人公兼ヒロインであるミーティアは『あたし』だったりします。

僕は基本、なるべく一人称は違うものにしようと思って書いているのですよ。
理由は前述したとおり、『一人称でキャラ性を表し、テンポよく会話を進めさせたいから』。
端的に言えば、『読みやすい文章にするため』ですね。

ああ、『ハーメルン』のほうで書いている『いつまでもあなたのそばに』に登場するニーナとニーネの一人称がまったく同じ『ボク』だというのは、完全に狙ってのものです。
これは狙わなければそうそうなりませんね、『私』と違って。

そうそう、『ザ・スペリオル~夜明けの大地~』ですが、もちろんセリフや展開はまったくいじっていませんよ。
そのあたりはご安心ください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ