挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
創作していて思ったことを、徒然なるままに 作者:ルーラー
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/47

足りないもの

初出:2009年8月1日
コミック版『Canvas2』(角川書店)を全巻読み終えました。
しかし今日のカテゴリは『感想』ではありません。『創作論』です。
なんというか、この作品を通して、見失っていたことに気づけたり、昔の小説に対する心意気とかを思い出すことができたりしたもので。

前々から『徒然なるままに』を読んでくださっている方はご存知だと思いますが、僕は比較的最近までスランプでした。
いや、いまでもまだ若干スランプ気味ではありますが。あくまで『少しは落ち着いた』程度の回復でしかありませんが。
でも一時期に比べれば、そこそこは文章をスラスラ書けるようにはなっています。
そう、なってはいるのですが……それでも、いまの僕の作品にはなにかが足りない。そんなことをずっとずっと思っていました。

そして『Canvas2』の特に後半部分――第三巻と第四巻を読んで、なんとなくその『足りないもの』がわかったような気がしました。
ある意味、これもスランプです。前回のが技術的な行き詰まりによるスランプなら、今回のは精神的な行き詰まりによるスランプ。

……はい。もちろん技術的な側面だって、さほど成長できたとは思っていません。実際、推敲時には『しかし』と『体言止め』の多さが目について仕方ありませんし。
でも今回行き詰っている原因は、文章を書けるか書けないかというところよりももっと根本――書きたいものを書いているか、にあると思ったのです。

それはつまり、僕が読み手に『作品を通してなにを伝えたいのか』ということ。
あるいは『読み終えたときにどんな気持ちになってほしいのか』ということ。

いま書いている小説に伝えたいことがなにひとつない、とまでは思いません。書いていて楽しいのは事実なのですから。
でも、伝えたいことが間違いなく以前よりも希薄になっているというのもまた、事実でして。

『Canvas2』を読み終えてから、あるいは読みながら、僕はそもそもなにを伝えたかったんだっけ、と考えました。
それは能動的に思考するというよりも、心の底から勝手に疑問が湧きあがってきたというほうが正しいかもしれません。

そして、気づきました。
以前――『もう一度プロを目指そう』と思う前に書いていた『いつまでもあなたのそばに』(現在『ハーメルン』に掲載中)のプロローグや『ザ・スペリオル~夜明けの大地~』を、どんな思いを込めながら――どんな気持ちで書いていたかを。

これを詳しく語るのはうぬぼれが過ぎると思いますので、敢えて伏せさせてもらいますが、あのとき込めた思いは確かに現在、伝わっているように感じられます。
それはもう、ここまで自分の思いが伝わるものなのか、と驚いてしまったほどに。

そしてふと、思いました。
僕がいままで伝えたいことをダイレクトに書いてきた作品って、一体どんなものがあったかな、と。
真っ先に思い浮かんだのは、短編『スペリオル外伝~『本質の柱』を求めるもの~』でした。

正直なところ、なんだか複雑な気分です。
ほとんど設定だけをつらつらと書いた自己満足作品のほうが『本編』よりも自分の気持ちがこもっていると思えるなんて。

でも、そういうものなのかもしれませんね。『本編』は緩急や起承転結などを考えながら書いているため、『書きたくないこと』や『どうでもいいこと』も書かなければいけない傾向にあります。
そしてそんなシーンを書いているときは当然、『楽しい』や『書きたい』という気持ちがやや希薄になってしまいます。

プロを目指す以上、もちろんそれでも書き続けていくことは大事です。
いえ、もしかしたらこれができるか否かでプロになれるかどうかが決まるのかもしれません。
でも、僕はそういう『型』にいささか囚われすぎている気がするのですよね。

そういえば『Canvas2』のラスト(?)に主人公のこんなセリフがありました。


――賞よりもいいもんもらったし、そしたらなんか結果なんてどーでもよくなっちまった。


ある意味、これが一番心に響いたかもしれません。もちろん現在の僕はそこまでストイックにはなれませんけど、でもこのセリフ、以前賞をもらったときの心境とすごく重なりました。

思えば、当時の僕は賞を採ることが目的で出したわけではありませんでした。
目的はあくまで選考委員の人たちに読んでもらうこと――より正確に言うのなら、身近にいる人以外の人にも読んでもらうことでした。
ただ、『最低でも最終選考には残りたい』とは思っていました。
だって、そうじゃないと『読んでもらえたかどうか』がわからないままになってしまうじゃないですか。
ともあれ、それが確認できれば充分だったのです。現在と違って。

そして、そこから連鎖的に考えたことがひとつ。
僕が応募用に物語を考えると、どうしても『起(主人公とヒロインの出会い)→承(平和な日常)→転(バトル)→結(平和な日常への回帰)』の型にはめてしまいます。
これは過去の受賞作の多くに当てはまる型で、また僕は『絶対に賞を採りたい』という思いから無意識的にこの型を選択してしまうのだろうと思います。
要は過去の受賞作が作ってきた道から外れてしまうのが怖い、あるいは外れた作品を作って、落選してしまうのが怖いのでしょうね。思いきった『冒険』ができず、いつも小さくまとまってしまいます。

そしてヒロインのパターン。
これに関しても先ほどと同じことが言えます。
落選が怖いため、いま世間ではツンデレが受けているのだから、と自分が書きたいのは突撃系の素直でストレートなヒロインなのに、世間に迎合しようとツンデレを書こうとしてしまう。需要を考えるあまりに、自分の書きたいキャラクターを封印してしまう。
おそらくは、これが『楽しく書く』ことを阻害してもいるのでしょう。

今回、一番大事なのは『書きたいこと』を『書きたいキャラ』で『書きたい展開』で書くことなんだな、と心から思いました。
『書かなきゃ』ではなく、『書きたい』を。
書き終えたあとの反応ではなく、『書きたい』という気持ちを。
それらを原動力にしていくのが大事なんだろうな、と。

もちろん、それに気づけたからといって、劇的になにかが変わるわけではないでしょう。
僕という人間はなんとも不器用で、『いつまでもあなたのそばに』→『彩桜学園物語』→『黄昏色の詠使いの二次創作作品』と『書く順番』を決めている以上、それから大きく外れることはやっぱりできないと思うのです。それは気づくことができてもそう簡単には変えることのできない『性分』ですから。
それこそ、春の次に夏が来ることに気づけていても、それを変えることができないのと同じように。

それでも。
変えることのできない流れの中に、自分の伝えたいことを挟んでいくことはできると思うのです。

あ、そうそう、『Canvas2』は精神的に行き詰っている人にはオススメの作品ですよ。そうでなくてもオススメですが。
メインテーマは『絵を描くこと』ですが、それはやっぱり、小説を書くときの心境にも重なるものがありますので。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

半分の天使と赫赫の盗賊王が作る空の色は?

 小国マルブル王国の少女軍師レージュは天翔る翼を持ち、強国カタストロフ帝国からの侵略を、古代の道具と数々の奇策を用いて守っていた。しかし、三年の激闘の末に片目と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全95部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 19:47
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
転生したら色々あったので迷宮冒険者として成り上がろうと思います

 少年は目撃した。燃え盛る村を。優しくしてくれた人たちが斬り裂かれる姿を。  そして大切な人たちの最期を。  「――殺してやる」  転生した霧医・文斗は森の//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全180部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 21:03
悪魔で、天使ですから。

 ある夏の夜、日本南部に位置する島・陽月島に流れ星が落下した。それを目撃し、好奇心から現場に赴いた青年・八神統哉は、そこで自らの事を悪魔で天使だと語る少女に出会//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/14 21:01
転生死神ちゃんは毎日が憂鬱なのDEATH

【改稿中】一話完結型・一話平均4000文字程度 ライトなノリのダンジョン運営系コメディです。 ■あらすじ■ 可愛らしい幼女に転生しました。――しかし、中身はお//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全399部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 22:00
座敷童のいち子

【灰やさらし粉の上に小さな足跡を残し】 【夜中に糸車を回す音を立て】 【布団にまたがり、枕を返す】  この三文からでは子供の悪戯としか導き出せないが、東北地方に//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全105部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 07:37
ツクモ白蓮

〔毎週金曜日、昼11時更新!〕 高校二年の夏休み。 萩尾 小夜子は親元を離れ、とあるお店の二階に下宿することになる。 その名も『心屋』。 不思議な店主・奏一郎と//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 11:04
美少女(攻略対象)まみれのハーレム・スターウォーズ!!

 多元世界を駆け巡る冒険者になりたかった。  ついでに可愛い女の子と仲良くなれたら最高だなと思ってた。  その夢はどちらも叶った。  ひょんなことから少年は、//

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全252部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 17:15
誰でも分かる!小説の書き方入門

「これだけ読めば小説が書ける」そんなエッセイを目指します。自分が学んだことを整理するために。何処かの誰かの役に立つために。それは、本当に分かりやすく、あっさり読//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全56部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/08 05:00
砂漠の星 郵便飛行機乗り

軍部に反目したという理由から、軍を辞めさせられた”元軍人”飛行機乗り、ラシェット・クロードは今は個人依頼の郵便飛行機乗りをしている。 軍人時代に慣れ親しんだ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全136部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 17:04
メダリオンハーツ

 3000年の歴史を誇る世界最大経済帝国レピアの滅亡を機に、集落の少年セアは世界へ飛び出した。  全ての人間に宿る紋章と、選ばれた者が持つ紋章器、これらを巡り少//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/12/31 23:54
はじめの妻

一には、強い絆で結ばれた恋人がいた。 「わたしは、あなたの妻なのだから」 遠く離れても、一途にその背中を追い続ける「てい」。 何があっても伸ばした手を諦めない「//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全108部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
もしも魔法少女5人が全員オタクだったら

「意地があんだよ!!女の子には!!」 アニメ大好きヒーロー大好き!男勝りで熱苦しい少女―紅咲みずきは、ある日窓から部屋の中へと降り立った謎の生物―ニュー//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全88部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 19:20
雪白幼女は愛を謳う

「ねぇ、”君の中”には何が詰まっているのかな?」 人類領域の遥か彼方、誰も立ち入らない『原初の樹海』には、 雪のように真っ白な髪、宝石のように紅に輝く目に陶磁//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 15:49
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全189部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 09:00
ファイアーマン

どこにでもいる現代の平凡なフリーターの主人公。 だが、ある時自分の中にある特殊能力に気付き開花させる。 そして、ここに正義のヒーローが誕生する❗ その名は「フ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全107部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/04 11:39
電気代払えませんが非電源(アナログ)ゲームカフェなので心配ありません ※停電注意【デジタルゲームはじめました】

【急募】ホールスタッフ 【勤務地】ゲームカフェ『スターチャイルド』天童支店 【時給】717円+1コイン(デジタルゲーム1プレイ無料)  交通費・賄(まかない)//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全192部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 11:17
Spirit of the Darkness あの日、僕は妹の命と引き換えに世界を滅ぼした

 『多重理論分枝型 生体思考維持システム=フロンティア』 人によって死後の世界が創造された未来。そこでは『現世』と『死後の世界(フロンティア)』との間で戦争が起//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全81部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 23:40
恋するプリンセス ~恋をしてはいけないあなたに恋をしました~

【2016年9月11日完結!】 剣と魔法の王道恋愛ファンタジー! エリー王女が好きになった相手は側近のレイ。 片思いの末に想いが通じ合い、禁断の関係を結んでし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全279部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/09/11 20:09
泉の聖女

 水無月まりは、幼き頃から虐められていた。 小さな幸せを得ようとしても、得る事が出来ず、ついには心の病にかかり、生活困難な状態まで追い詰められる。  そこに、魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全125部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 10:30
白物魔家電 楓(かえで)~残念美少女ロボットと儚くも悲しい魔女の物語~

家電という言葉を聞き、どう感じるだろうか? 電化製品として一般家庭に普及している冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなど多くの人は想像するだろう。 これは、俺の元にある一//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全103部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 10:17
終焉を告ぐ

自分を傷つけることで生きていると実感する少女、倉野莉樹。幼い頃から共に支え合って生きてきた莉樹のパートナー月影蓮。 "他人"に興味がないと言われる莉樹と莉樹の為//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全19部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 23:02
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
たとえ、我が願いで世界が滅びようとも

なんてことはない普段通りの休日を過ごしていた雪城宗太は声に呼ばれ、『魔法使い』によって「何か」が引き起こされたという異世界へ召喚されてしまう。そこは『無望の霧』//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 21:11
私には性別がありませんでした

俺は困惑していた。なんで女の子の体になってしまったのだろう。平凡な生活は嫌だけど、今のこの状態も嫌だ。でも、受け入れるしかないのか。なし崩し的に『女の子化現象』//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全65部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 21:12
僕の彼女はチベットスナギツネ

大学生の僕は、何故か大学に通っているスナギツネの女の子、スナコさんに出会う。その出会いは硝煙と油揚げの漂うドタバタの日々の始まりだった! チベットスナギツネを//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全47部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 00:05
山本五十子の決断

源葉洋平は高校修学旅行の最中、呉の大和ミュージアムで10分の1大和模型を見た記憶を最後に意識を失う。目覚めると洋平の前には本物の戦艦大和と、旧帝国海軍によく似た//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全53部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/02 14:39
うちのかわいいかわいい猫

うちのかわいいかわいい猫についてのエッセイです! 猫との生活は、かわいくて、ほのぼのです! 無断外泊をしたり、網戸を壊したり、洗濯機の中に入ったり、ソファーをぼ//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全139部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 17:35
俺の夢は異世界ハーレムだったのにっ!!

 少年、朝日野悠莉は学校帰りに買い物袋をぶら下げて、ふと、立ち止まった。  あろうことか特売品の野菜を買い忘れていたことに気がついた彼は、急ぎ買いに戻ることにし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全210部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/28 00:04
マインド・クロス

進を綾花ちゃんにすればいいーー。 全ては、舞波昂のその言葉から始まった。 瀬生綾花には他の人とは違う、不可思議な秘密がある。 それは、綾花としての心だけではな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 17:51
トミーガンが火を吹く前に ~犯罪者に立ち向かったマフィア~

《犯罪者の集い“レコレッタ・ディ・クレミナーレ”》。それはあらゆる分野に長けた、最凶の犯罪者の集団。全世界の裏社会の支配を目論み、その歩みを進めていた。  そ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全54部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
エルフさんが通ります

エルフの里をなんやかんやの理由で飛び出したリリカ・エトロンシア。 人間の言葉はわかるが読み書きが微妙な彼女がなんとなく町をブラブラしたり冒険したり恋愛?(本人的//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全332部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 21:42
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
空は青かった

 自分は何のために生まれてきたのだろうか。自分は何をするために生きてきたのだろうか。生まれたことに、生きていることに、無意味なことなんてひとつもない。人は必ず何//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 01:17
サザンの嵐・シリーズ

 "SILVER・WOLF(銀色の狼)"という異名を持つ伝説のエスパー。  永遠の命と無限の能力を持った少年。  過去から未来へと続く……悠久の時の流れの中で、//

  • 宇宙〔SF〕
  • 完結済(全192部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 22:06
↑ページトップへ