挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
創作していて思ったことを、徒然なるままに 作者:ルーラー
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/47

誤字誤字脱字

初出:2008年6月29日
今日は誤字や脱字に関することです。

僕個人は割と『話の内容が面白ければそれでいい』と思っているタイプなので、他の方の小説を読んでも誤字や脱字を指摘することは少ないのですが(プロ志望の方は除く)、誤字や脱字が多い作品は、よくよく考えてみると少しばかり身構えてしまい素直に楽しめなくなってしまっている――というか、読めなくなってしまっているというのはあるのですよね。
なんというか、誤字や脱字を見つけたところで、ちょっと引っかかってしまい、その物語にどっぷりと浸かれなくなってしまうというか。

実際、僕はどうかと自身を振り返ってみると、誤字や脱字を出来る限り無くすために、やっぱり何度か読み返していますからね。
まあ、読み返す動機は、ちゃんと読みやすい文章になっているか、矛盾点があったりしないか、といったことを確かめるためと言ったほうが正しいのですが。
誤字脱字は、そのときに見つかったら直すという感じです(笑)。

思ったのですが、誤字脱字を無くすというのは『文章力』の一部だとも思うのですよね。文章をすんなり読んでもらう、という意味では。
で、これは努力で充分どうにかできるレベルのことなので、僕は誤字脱字はほぼゼロにしようと思っているわけなのです。

やっぱり誤字脱字が多いと、せっかく読む気になってくれた人が『あ、また誤字だよ。いちいち引っかかるなあ。もう読むのやめよう』と作品を読むのを中断してしまう恐れがありますので。
僕には才能がないので、努力でなんとかできるところはちゃんとやらないとなぁ、と思うわけなのですよ。

……まあ、もっとも。
誤字や脱字って空気のようなものですから、完全にゼロに出来るものではないのですけどね(苦笑)。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ