挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
創作していて思ったことを、徒然なるままに 作者:ルーラー
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/47

分解、そして再構成

初出:2007年7月24日
ただいま『ザ・スペリオル~夜明けの大地~』第九話を執筆中です。
この作品、昔に書いた『ザ・スペリオル~メルトの少女~』を元にしているのですが(そもそも第一話と第二話はまんま書き写したようなものだったりするのですが)、原稿用紙に書いてある展開をまず分解、そして再構成して書き始めたはいいものの、分解前の『メルトの少女』にも、僕が力を入れたセリフがあったりするので、なんとかそれを織り込みつつも新しい展開を入れようと現在、奮闘しております。

いや~、前の原稿を見ながら書くと、先入観がものすごいですよ。
おかげで分解しきれていないところもあったりしますし。
なんとか先入観を振り払いながら書いているのですけどね。

これから書くところは、一気に伏線を回収するという、この作品中で一番書きたいところでもあったので、ようやく書ける、という心持ちでいるのですが、そこに原稿用紙に書いた展開も織り交ぜて書いていくとなると……。本当に、難しいものですね。

まあ、うんうんと頭を悩ませながら、しかし楽しく書いていきたいと思います。
いま書いているところが、『夜明けの大地』のもっとも書きたかったところであり、もっとも大事なところでもありますからね。
そんなわけですので、『夜明けの大地』第九話、どんな展開になるかご期待ください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ