挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
鬼の眷属 作者:上泉護
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/46

序章

見渡す限りの湿原に、冷たく心地のいいレラ(風)が吹いている。
レラ(風)には若草の臭いが溶け込んでいて、春の訪れを感じさせた。
青空に大きな雲が流れ、遠くひばりの声が聞こえる。
口に広がる苦い味を噛みしめ、少年が膝まで清流にしたし立ち尽くしていた。
少年アトゥイは湿原に目を凝らすが
サロルンカムイ(湿原の神とされるタンチョウ)は、北の大地に飛び去り姿を見る事は出来なかった。
雪解け水が入り込んだ清流の水は冷たく、アトゥイの体を芯から凍えさせる。
遠い幻想となってしまったやさしき日々に別れを告げ
アトゥイは旅立った。

その半年前・・・

夕日がウパシ(雪)を冠するイタタニヌプリ(現真昼岳)に沈んでいく。
アトゥイが暮らしていたポンコタン(小さな集落)では、夜のイペ(食事)の炊煙が、あちこちのチセ(竪穴式住居の家)から夕日の空へ上がっていた。
水はけのいい高台に少し地面が盛り上がった、地面のコブの様なチセが身を寄せ合う様に点在している。
チセの小さな入口から入ると、床は二尺(約70cm)程掘り下げられた地面で
アペ(火)を絶やす事のない囲炉裏が中央にある。
地面にはカヤが敷かれ、その上に毛皮が敷き詰められて、いかにも暖かそうだ。
これらのチセ(家)はカヤやヨシで作られ、風が入り込んで寒そうに見えるが、
カヤの壁の厚さは約三寸(9cm)あり、空気をたっぷり含み外の冷気を防いでくれる。
クンネチュプ(月)は丸く光々とポンコタン(小さな集落)を照らし、風もなく静かな夜だ。
その夜も囲炉裏のアペ(火)でチセ(家)の中は暖かかった。
チセの中はさばいて干した鮭がつるされていて、いい匂いがする。
アトゥイの母と姉は、明るい内にニセウ(ドングリ)を潰し、中の実を出し
チセの外にある炉のシュー(土鍋:擦文土器)で煮込んでいた。
ニセウ(ドングリ)はそのままでは灰汁が強すぎるので、
灰を入れて灰汁抜きをした物を捏ねて平板状にする。
保存食として乾燥させる物は穴をあけ、ひもを通しつるし、
晩のご飯となる物は、団子状にして囲炉裏でかるく炙り食べるのだ。
現代人が食すれば、「なぜこんな物を食べなければならないのか?」と思うかもしれない。
しかし、当時はいかにして食べられる状態にするかが重要で、味や栄養は二の次なのだ。
どれほ食糧が貴重なものであったのか窺い知る事が出来る。
アトゥイの母と姉が干鮭とニセウの団子を炙っていた。
それが今日の夕食だ。
狩りから戻ったミチ(父)とアトゥイは獲物のユク(鹿)をさばき、
他の家々におすそ分けをし、残った物で燻製や干し肉にする準備をする。
アトゥイは血を見るのが苦手だった。
父がさばいている姿を少し離れた場所で見ているアトゥイに、姉のヌマテが声をかけた。
「もっと近くで見て、ミチ(父)にさばき方を教えてもらいなさい!」
嫌そうな顔をしてアトゥイは
「ちゃんと見てるよ」と小声で言った。
アトゥイの顔立ちはどこか異国めいて女性を魅了する端正な物だ。
父方のエカシ(祖父)のエカシはレプンクル(沖の人・外国人)だったという。
陸奥(現青森県)の浜に漂着し、流れ流れてこの地まできたらしい。
ミチ(父)のイカエラは青い目に六尺を優に超す大男で、
先祖がえりしたのだと言われた人だ。
しかしアトゥイは、小柄で華奢な母親に似てしまった。
アトゥイはミチ(父)の様に強い男になりたかったが、意に反して彼の体は大きくはなってくれない。
ポンコタン(小さな集落)の人々は、イカエラの様に皆を守ってくれるラメトク(勇気)ある男になってくれる事を願っていた。
その期待を嫌と言う程感じていたアトゥイは、それが自分に課せられた責務の様に思っていたが、成長するにつれ、自分には無理なのだと悟らされつつあった。
それに引き替え姉のヌマテは、大きな体とがっしりした骨格も父親似で、
事ある毎に体の弱いアトゥイを鍛えようとする。
それはアトゥイにとって重責でしかなかった。
鹿をさばいているミチ(父)を見ると、たくましい大きな体は生命力に満ち
熊の毛皮のアミプ(着物)は彼をヒグマの様にみせた。
「まったく私が男で、あんたが女だったら良かったのよ!」
容赦ない姉の言葉に黙ってしまったアトゥイに、ミチ(父)が優しく言った。
「じき慣れる。お前はお前のままでよい、ワリウネクル(人間を作った神)はお前をお前たらしめる」
「そのままで良いのだ、無理をする事はない」
「ミチ(父)はアトゥイに甘すぎる!このままでは立派な男になれない!」とヌマテ
「お前もそのままで良い、アトゥイを導くのだ、よいな」
にっこり笑ったミチのイカエラが、一見筋の通らないと思われる事をヌマテに言った。
「ミチの言う事は解らない!」
「それで良いのだ」
ヌマテも村人同様、父を尊敬している。
ミチ(父)の言葉の意味を考えたが解らなかった。
最低限のニセウと鹿肉・干鮭を囲炉裏でかるく炙り、メトトゥシカムイ(山の神)に感謝し家族一緒に食べた。
フチ(祖母)はあまりしゃべらなかったが、ニコニコと人の話を聞いている。
ヌマセがほとんど一人でしゃべっていた。
「今日ニセウを拾ってた時、不思議な物を見たの。青白く光る玉がフラフラと森の奥に漂って行ったわ」
「それはアフンルパル(冥界の入り口)から彷徨い出たポクナモシリ(冥界)の住人と言われている」とフチ(祖母)
「ハポ(母)も幼き頃見た事がある。」母のハエプトが言った。
「その昔、オキクルミ(英雄神)がクトゥネシリカ(虎杖丸・名刀)でアフンルパル(冥界の入り口)を塞ぎ、ポクナモシリ(冥界)に閉じ込めたのだという」とフチ(祖母)
「しかし体の小さな者は隙間から出てきてしまうのだそうだ、力の弱い者だからウェン(害)はない」
「でも私は苦手よ、不気味だもん」とヌマテ
するとミチ(父)が
「お前なら大丈夫だ、あちら側から避けて通るだろう」
「どういう意味?」
「はっはっはははは」
ヌマテを除く4人が笑った。
それにつられてヌマテも笑い出す。
笑いが収まると、ヌマテがアトゥイに言った。
「あんたまた森で怪我したイセポ(うさぎ)を助けたんですってね、アリクシが言ってたわ」
イペ(食糧)になるじゃないの、なんで持ち帰らなかったの?」
「弱って可哀そうだったんだ・・・」
「もうポンペ(幼児)じゃないんだから、しっかりしなさい!」
決めつける様に言うヌマテに、ハエプトが言った。
「メトトゥシカムイは卑怯な事をお嫌いになる。それでいいのよ」
微笑しアトゥイに優しく言った。
アトゥイははにかむ様に笑い返すだけだった。
「もぅ!ミチ(父)もハポ(母)もアトゥイに甘すぎる!」
家族が囲炉裏を囲み、今日一日おこった事を話す。
チセの中は囲炉裏の火で暖かく快適だった。
参考文献:知里幸恵物語 金治直美著 PHP研究所
     聞き書 アイヌの食事  農山漁村文化協会
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ