挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

腐界の王

作者:曲尾 仁庵
 すべてを腐らせるその赤子は、
 母の身体を腐り落として生まれ、
 抱き上げた父の腕を、
 腐り落とした。
 街を腐らせ、
 土地を腐らせ、
 触れるもの全てを砂と塵に還して、
 赤子だけがすくすくと育った。
 もはや何者も、
 その土地に生きることかなわず、
 やがて人々はその場所を、
 全てが腐り朽ちる世界、
『腐界』と呼ぶようになった。

 月日が経ち、
 赤子は立派な青年になった。
 乾いた砂だけが続く荒野に、
 青年は独り、在った。
 青年は、
 全てを腐らせる代償のように、
 輝くばかりの美しい姿と、
 飢えも老いも知らぬ身体と、
 永遠の命を、
 持っていた。

 いつしか人は、
 青年を、
『腐界の王』
 と呼んだ。

 世界の王や勇者たちが、
「魔物討つべし」と声を上げ、
『腐界の王』に挑む。
 しかし、
 王の剣は青年を傷つけることあたわず、
 勇者の槍は青年を貫くことあたわず、
 刀は錆び朽ち、
 弓矢は腐り果てて、
 誰一人『腐界の王』を滅ぼすことはできなかった。
 青年は、
 人々が向ける激しい敵意に、
 ただ、
 俯いていた。

 月日は流れる。
 幾百の昼と幾百の夜の終わりの、その翌日。

 一人目は神父。
 神の愛は魔物にも届くと、
 あえて『腐界』に身を投じた。

 そして知る。
『腐界の王』は魔物ではなく、
 言葉さえ誰からも教えられなかった、
 哀れな一人の青年であるということ。

 神父は青年に、
 言葉を教え、
 語らうことを教え、
 人の温もりを教えた。
 青年は神父を慕い、
 言葉を覚え、
 心を学んだ。

 幸せな時が過ぎ、
 穏やかな日々の中で、
 ある日、
 青年は、
 大好きな神父に、
 そっと、
 手を触れる。

「こんなはずではなかった!」
 命の朽ちゆく中、
「ただ、あなたに触れたいと……」
 とめどなく溢れる青年の涙に、
 神父は己の過ちを知る。
 永遠を生きるこの青年に、
 決して人に触れることかなわぬ、
 この青年に、
 言葉など教えるべきではなかった。
 心など教えるべきではなかった。
 青年は言葉を知ることで、
 孤独が孤独であることを知り、
 心を知ることで、
 悲しみが悲しみであることを、
 知ってしまった。
 残された青年が背負うであろう、
 これからの永遠は、
 青年を、
 絶望へと導くのではあるまいか。

 最後の力を振り絞り、
 泣きじゃくる青年の身体を、
 力強く抱きしめて、
 神父は神に祈る。
「願わくば、
 神よ、
 この哀れな青年に、
 共に生きる者をお与えください」

 祈りの言葉の終わりと共に、
 神父の姿は塵となり、
 崩れ落ちた。
 言葉にならぬ悲しみを叫び、
 そして、
 青年は知る。

 神父が教えてくれたこと。
 人の言葉。
 共に在る温もり。
 人を愛するということ。

 人を、愛してはいけないということ。

 月日は流れる。
 幾千の昼と幾千の夜の終わりの、その翌日。

 二人目は旅人。
 世界の不思議を見て回ろうと、
 物見気分で『腐界』に踏み込んだ。

 そして知る。
『腐界の王』は魔物ではなく、
 己の力に、
 孤独に怯える、
 哀れな一人の青年であるということ。

 旅人は青年に、
 今までの旅で見た異国の話をした。
『腐界』から逃れるすべもない青年は、
 美しい異国の情景に目を輝かせる。
 素直に驚き、無邪気に喜ぶ青年の様子は、
 旅人の心を温かく満たした。
 今まで誰も、
 旅人の話を聞く者などいなかった。
 旅人もまた、孤独だったのだ。

 旅人は旅立ち、
 世界を巡り、
 そして再び『腐界』を訪ねた。
 あてもない旅をしてきた旅人に、
 いつしか目的が生まれていた。
 青年に世界の姿を伝えよう。
 青年の喜ぶ姿が、
 旅人の旅の苦難を支えていた。
 帰る場所のない旅人の、
『腐界』は家となった。
 そして、
 待つ者のない旅人にとって、
 家で待つ青年は、
 家族だった。

 青年は不安になる。
 旅人は優しく、
 語り合う時は楽しく、
 心は温かく満ち足りていた。
 まるで、
 神父と過ごしたときのように。

 人を愛してはいけない。
 愛すれば、触れたくなる。
 しかしもう青年は、
 旅人を愛し始めていた。

 世界を巡り、
 また『腐界』へと戻ってきた旅人に、
 青年は背を向ける。
 すべての言葉を拒み、
 耳をふさぐ青年の姿に、
 旅人は戸惑うばかりだった。
 青年は旅人に背を向けたまま、言い放つ。
「ここから今すぐ立ち去れ!
 立ち去らねば、
 お前を一握りの塵に変えてやるぞ!」

 長い沈黙が過ぎ、旅人は歩き出す。
 そして、
 怯えるように身を縮める青年の背に、
 そっと、
 手を触れた。

「私の命で証を立てよう。
 私たちの絆を疑うなら。
 お前を失ってしまえば、
 私の命などないも同じだから」

 驚き振り返る青年の目に映る、
 崩れゆく旅人の姿。
 それは青年が、
 もっとも怖れていた光景だった。
「……こんな、はずではなかった」
 命の朽ちゆく中、
「あなたが、大切だった」
 旅人は己の過ちを知る。
 疑ったのは自分のほうだ。
 故なき罰に怯える青年の苦悩を想わず、
 拒まれたと傷付き、
 絆を疑ってしまったのは、
 自分のほうだというのに。

 最後の力を振り絞り、
 泣き崩れる青年の身体を、
 やさしく抱きしめて、
 旅人は空に祈る。
「誰か、
 どうかこの罪なき青年に、
 共に生きる者を、
 共に生きることをあきらめない者を、
 与えてください」

 祈りの言葉の終わりと共に、
 旅人の姿は塵となり、
 風に散った。
 言葉にならぬ絶望を叫び、
 そして、
 青年は知る。

 旅人が教えてくれたこと。
 遠い異国の歌。
 風に回る風車の音。
 人に愛されるということ。

 人に、愛されてはいけないということ。

 月日は流れる。
 幾億の昼と幾億の夜の終わりの、その翌日。

 三人目は若い娘。
 戦によって故郷を焼かれ、
 さまよい『腐界』にたどり着いた。

 そして知る。
『腐界の王』は魔物ではなく、
 もはや何者も失わぬように、
 固く心を閉ざしてしまった、
 哀れな一人の青年であるということ。

 光を宿さぬ虚ろな瞳で、
 彫像のように動かぬ青年に、
 娘は辛抱強く話しかけ続けた。
 この地よりはるか北にある、
 娘の故郷の話。
 短い春に咲く小さな花。
 さらに短い夏の夜空に輝く星。
 豊かとはいえぬ土地の、
 実りを喜ぶ秋の祭り。
 長く厳しい冬の間の、
 ささやかな幸せ。
 かつて娘の手の中にあり、
 今は失ってしまったもの。
 娘が語る光景の幾つかが、
 旅人が語ってくれた風景と重なり、
 青年の目から涙が溢れた。

 青年は娘に言う。
「どうかここから立ち去ってください。
 ここにあるのは、
 焼けるような日差しと、
 乾いた砂と、
 決して解けぬ呪いだけ。
 あなたに必要なものは、
 何もないのです」

 真剣なまなざしを向ける青年に、
 娘はやわらかく微笑んだ。
「私はかつて『賢き女たち』と呼ばれた人々の、
 最後の生き残り。
 帰る家はすでになく、
 愛しい人たちは皆、
 手を触れられぬところへ行った。
 故郷を追われて、
 ようやくここに辿り着いた私に立ち去れだなんて、
 少しひどいのではなくて?」

「そ、そんなつもりでは」
 あたふたと困った顔をする青年の姿に、
 娘はくすくすと笑う。
「あなたはここには何もないと言うけれど、
 世界には無いほうがいいものがたくさんあるのよ」
 娘は青年から視線を外して、
 独り言のようにつぶやいた。
「ここには、
 悪意も、
 憎しみも、
 嘘も、
 裏切りもない。
 きっと地獄はこの世にあって、
 ここは地獄ではないの」
 そして娘は青年に向きなおり、
 こう言った。
「私たち、
 きっとうまくやっていけるわ。
 だって、
 私たちはよく似ているもの」

 それから娘は、
 青年のそばで暮らし始めた。
 朝起きて「おはよう」と言い、
 夜寝る前に「おやすみ」と言い、
 おはようとおやすみの間には、
 歌の練習をしたり、
 踊りの型の確認をしたり、
 青年を中心に等間隔に花を植えて、
 朽ちるまでの時間と距離の関係を調べたり、
 様々なものを『腐界』の外から持ち込んでは、
 青年に渡したりした。
 渡したものはすべて朽ちてしまったが、
 娘は特に気にする風もなく、
 一人で納得した顔をしてうなずいていた。

 青年は娘の意図を計りかねて困惑していた。
 娘は神父のように青年を導くことも、
 旅人のようにともに笑いあうこともしない。
 触れあえるほどに近づくことはなく、
 遠く去ってしまうわけでもない。
 たとえ昼に姿が見えなくても、
 夜には必ずおやすみを言いに戻った。
 青年の目には、
 娘は一人で充分に生きているように見えた。
 ならばどうして、
 彼女は『腐界』に留まるのだろう?

 ある日、
 娘は強い日差しの下、
 目を閉じ、
 座っていた。
 その腕には、
 清涼な香りのする墨で、
 複雑な文様が描かれている。
 太陽が中天に差し掛かるころ、
 娘はゆっくりと立ち上がり、
 呼吸を整え、
 そして、
 静かに歌い始めた。

「白い砂と陽の光を集めて、
 きれいな糸を紡ぎましょう。
 永遠にほどけることのない、
 丈夫な糸ができるでしょう」

 不思議な旋律に乗せて、
 娘は美しい声で歌う。
 歌に合わせて踊るように手を振ると、
 太陽の光を受けて輝く砂が、
 娘の指先を追うように舞い上がり、
 寄り集まって細い糸となった。

「宵の空と月の光で糸を織り上げ、
 きれいな布をこしらえましょう。
 永遠に朽ちることのない、
 見事な布ができるでしょう」

 娘が紡いだ糸を宵の空に差し出すと、
 風がふわりと糸をさらって、
 空高く舞い上げた。
 月の光に照らされた糸は、
 くるくると踊る娘の動きに合わせるように、
 自然と織り上げられて一枚の布となった。

「夜気と星明りで布を染め上げ、
 きれいな手袋、仕立てましょう。
 永遠に褪せることのない、
 素敵な手袋になるでしょう」

 布はふわふわと宙を漂って、
 夜気をまとい、
 淡い星の光を吸いこんで、
 美しい青に染まった。
 娘が両の手を空に掲げると、
 布は自ずから二つに分かれ、
 手に絡まって、
 その姿を手袋へと変じた。
 娘はほうっと長い息を吐くと、
 祈るように手を組み、
 つぶやくように歌を紡いだ。
「素敵な手袋、身に着けて、
 あなたに会いに行きましょう。
 凍えて震えるあなたの胸に、
 どうか、永遠なる温もりを」

 まっすぐに、
青年に向かって歩く娘に、
「それ以上、
 近づかないでください」
青年は固く、
尖った声を投げた。
娘は歩みを止め、
表情を変えずに、
「なぜ?」
 問いかける。
「何をいまさら。
 僕に近づけば、
 待っているのは滅びだけ。
 この呪わしい身体は、
 世界のすべてから、
 拒まれているのだから」
 青年の言葉に、
 微笑んで、
 娘は再び歩き出す。
「うぬぼれないで。
 あなたがどれだけ世界を拒んだって、
 世界はあなたを拒みはしないのよ。
 どれほど孤独を望んだって、
 私はあなたを諦めないし、
 光も、砂も、風も、
 あなたを放っておいてはくれないのよ」

 そして娘は、
 淡く青く光る手袋をつけた右手で、
 青年の胸に、
 そっと、
 手を触れた。

「ほら、
またひとつ、
 あなたに、
近づいた」

 わずかに震える声と共に、
 触れても朽ちぬ手のひらから、
 温もりが伝わる。
 娘の手を取り、
 両の膝を地面について、
 青年は泣いた。
 大きな声で、泣いた。

 娘が教えてくれたこと。
 北の地に咲く小さな花の名前。
 暖炉の前で語られる昔話。
 人を愛することを、
 人から愛されるということを、
 諦めないということ。
 諦めなくていいということ。

 幸せになるための方法は、
 必ずどこかにあるということ。

 青年の目から溢れる涙が、
 乾いた砂を潤し、
『腐界』は瞬く間に、
 緑豊かな森へと姿を変えた。
 清浄な水を湛えた泉が湧き、
 鳥や虫や獣たちが集い、
 森はたくさんの命を育んだ。
 森の中心には大樹が茂り、
 青年と娘は、
 そのふもとで暮らした。

 そして青年は、
 飢えも老いも知らぬ身体と、
 永遠の命を、
 失った。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ