挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に転生したら村八分にされた 作者:狐谷まどか

第2章 ダンジョン・アンド・スレイブ

50/560

章末 登場人物紹介

2章登場人物と用語のまとめです。
登場人物紹介

吉田修太(シューター)
異世界からやって来た三二歳のフリーター。無数のバイト遍歴に猟師と冒険者が加わった。まさかの奴隷堕ちで人生ふりだしにもどる。

鱗裂きのニシカ(うろこさきのにしか)
黒髪ショートの長耳猟師。ちょっと爆乳なオレ様一人称。森で見た鹿の大群より多い街の人間に驚く。街で冒険者になる。

ッヨイハディ(うわようじょ)ジュメェ(つよい)
つよいようじょ。ゴブリンの魔法使いで、街で奴隷堕ちしたシューターを購入した。魔導書(グリモワール)と栞で強力魔法を使うが、おねしょもする。

雁木マリ(がんぎまり)
異世界からやって来た十九歳の元女子高生。ブルカ聖堂に降誕し聖女と崇められ、そのままブルカ騎士修道会の修道騎士となる。ポーションでドーピングしている。

ギムル(ぎむる)
村長の義息子。村で不足する猟師や開拓者を募るため、シューターとともに街へやって来る。

カサンドラ(かさんどら)
ブルカの街に旅立った夫シューターを、一途に待ち続ける十七歳。従兄オッサンドラに言い寄られる。

ルトバユスキ(どこにでもいる)ヌプチュセイ(きたない)ヌプチャカーン(おとな)
ブルカの街でお高い壺を集める趣味がある奴隷商人。お高い壺が割れると奴隷が手に入る。

■冒険者エレクトラ
痩せてはいるが短髪で、男みたいな体格と顔だが、とてもシャイ。大胸筋がよく発達している。細剣使い。

■冒険者ダイソン
巨漢レスラーみたいな男。(まさかり)を振り回し上半身裸をよく鍛えているが、下半身はおざなり。



用語紹介

□ダンジョン
先人たちの古代遺跡と、自然発生の洞窟迷宮のふたつのパターンがある。それらには最奥部にダンジョンの
(ぬし)
と呼ばれるモンスターが棲息している。

□ポーション
合法魔法医薬品。一時的に体力強化や興奮促進、疲労回復などをしてくれる。魔力の少ない人が使うと中毒症状
や副作用などが出る。

□オーガ
数百人の部族単位で狩猟採集をしながら移動生活をする人々。身長二メートルを超える大型人類種。

□マダラパイク
ダンジョンスネークの一種。大型種のヘビで、脱皮を繰り返しながら大きく成長したものは、ダンジョンの主にもなる。

□バジリスク
見た目は四足歩行するティラノサウルス。地上の暴君はダンジョンで子育てをしていた。バジリクスではない。

□ブルカの街
王国の国境線を守るブルカ辺境伯が治める街。四方を囲む城塞には戦いの跡が今も生々しく残っている。辺境諸部族との争いが絶えない最前線のため治安が悪い。

□狐谷まどか
作者。夏はコミケでビールクズ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ