挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に転生したら村八分にされた 作者:狐谷まどか

第1章 気が付けばそこは辺境の開拓村だった

24/515

章末 登場人物紹介

一章に登場したキャラクターの紹介です。
登場人物紹介


吉田修太(シューター)
異世界からやって来た三二歳のフリーター。空手経験と無数のバイト遍歴がある。裸一貫で人生やりなおし。

女村長アレクサンドロシア
村長であり、騎士爵の称号を持つ周辺村落の支配者。ゴブリンとヒトの愛の子を自称する。

ギムル(ぎむる)
村長の義息子。筋骨隆々で腰に帯剣した村の幹部格だが、酔ってシューターと諍いを起こし女村長に制裁された。

カサンドラ(かさんどら)
異世界からやって来たシューターに嫁がされる。無口で一七歳な彼女は亡き猟師ユルドラの娘。

オッサンドラ(おっさん)
鍛冶職人でカサンドラとは従兄妹。自分の嫁とこの男が相思相愛ではないかとシューターに疑われている。

ッワクワクゴロ(っわくわくごろ)
面倒見の良いヴェテランのゴブリン猟師。得意な獲物はリンクス。

ッンナニワ(っんなにわ)
寡黙なゴブリンの木こり。女村長の命令でこき使われている。

ッサキチョ(っさきちょ)
猟師たちのリーダー格の男。襲われた女村長とシューターを守り、さらわれ犠牲となった。

ジンターネン(じんたーねん)
酪農家のおばさん。柴崎こうか上戸あやかでいえば神取しのぶ。尻叩き用の棒切れを持つ。

鱗裂きのニシカ(うろこさきのにしか)
黒髪ショートの長耳猟師。ちょっと爆乳なオレ様一人称。得意な獲物はワイバーン。

冒険者ぼうけんしゃたち
街からやって来た冒険者ギルドのベテランども。全員お揃いの鎖帷子を身に着けている。モンスターと近接戦闘する職。



用語紹介

□リンクス
サルワタの森にいるオオヤマネコ。この世界ではヒョウなみにデカい。

□コボルト
サルワタの森にいるジャッカル顔の猿人間

□キツネ
アカギツネ。毛皮はシューターの腰巻きにされる予定。

□ワイバーン
翼をもったトカゲの親戚。空の王者で大きな個体はマイクロバス並。

□サルワタの森
森の中で巨大な猿人間のハラワタが見つかった事でそう呼ばれるようになった。

□狐谷まどか
作者。小説を書きます。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ