挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 作者:理不尽な孫の手

第23章 青年期 決戦編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

274/286

第二百五十二話「三世vs二世+α」

 だいぶ離れてしまった。

 鬼神マルタの大暴れ。
 木々をなぎ倒し、地面を掘り起こし、暴風のように暴れまわる巨大な鬼。
 その余波に押し流されるように、戦場から離れてしまった。

 奴の相手をしていたのは、ザノバとドーガ。
 鬼神は単純にパワーの化け物だという話だから、相性はいい。
 神子たるザノバにパワーで勝てる奴などいないし、ドーガも迫ってくる相手には強い。

 だが、当然ながら。
 俺も他人の心配をしている暇はない。

 目の前に立つのは、七大列強第七位。
 北神カールマン三世。
 アレクサンダー・ライバック。
 俺を谷に突き落とした二人の片割れでもある。

 まして、今は一式も無く、二式改も不完全。
 油断や手加減のできる相手ではない。
 まずは先手必勝。
 泥沼からの――。

「待った!」

 と、思った瞬間、北神カールマン三世から待ったが掛かる。
 だが、相手は北神流。
 待ったと見せかけて奇襲をかけてきてもおかしくない相手である。

 俺は無言で泥沼を設置。
 続けざまに岩砲弾を放った。

「戦う前に、少し話をしましょう!」

 岩砲弾はなんなく弾かれた。
 いや、逸れた?
 とにかく、岩砲弾は中空で軌道を変え、弾かれた。
 奴の足元に泥沼が設置されているはずなのに、その足が沈んでいない。
 これが北神の力!?
 いや、違う。
 確か、王竜剣の能力については聞いている。

「君の怒りはもっともです。
 両腕を切り落とされ、谷に落とされて、すぐにでも戦いたい気持ちはあるでしょう。
 しかし、少しまってください。
 話が終わったら、すぐに相手をして上げますから。
 君程度の雑魚でも、強者同士が話している間、少し待つ事ぐらいはできるでしょう?」

 雑魚……だと!
 なめやがって、バラバラにしてやる!
 と、憤る気にはなれない。
 確かに、七大列強から見れば雑魚であることは否定できない。
 最近かなり持ち上げられてたせいか、逆に新鮮なぐらいだ。

「……」

 俺としては待ちたくない。
 時間稼ぎが目的かもしれないし、できるだけ早く勝って他のメンツの援護に回りたい。

 そう思いつつも一歩下がり、シャンドルに目配せする。
 アレクが動かないように、彼もまた動いていない。
 彼が戦ってくれなければ、俺一人では、勝つ事はできない。

「仕方ない」

 シャンドルは肩をすくめつつ、前に出た。

「……それで、何か用かな? 見知らぬ人よ」
「見知らぬ人? あなたの事を誰よりも知っている僕が、見知らぬ人?」
「初対面だと思うのですが?」
「僕とあなたの初対面は、僕が母さんの腹から出てきた時ですよ。父さん」

 シャンドルはなにしらばっくれてんだろう。

「父さん、いい加減にしてください。
 そんな不細工な兜をかぶっていたってわかる……」

 俺がヒトガミに覗かれたというのなら、アレクだって知っているだろう。

「あなたは北神カールマン二世。アレックス・ライバックだ!」
「アレク君。そういうのは、私が兜を脱いだ時に言うものですよ」

 そう言いつつ、シャンドルはため息をつきつつ、兜を脱いだ。
 黒髪の中年。
 アレクも黒髪だ。
 改めて見てみると、二人はよく似ていた。

「君が私を倒し、強い相手だった、せめて最後に顔を拝んでおくかと兜を脱がした時に……」
「そんなことはいい! とっくに死んだと思っていたのに……今まで、何をしていたんですか!?」
「……弟子を取りつつ、気ままに武術を教えていました。
 最近、アスラ王国のアリエル陛下に感銘を受けて、騎士になりましたが」
「弟子? この剣を僕に託し、北神流を捨てたあなたが、弟子を取っていたって!?」

 アレク君の顔に、怒りが浮かんでいる。
 二人の間に何があったのかわからないが、
 シャンドルの言葉が、彼の何かに触れたらしい。

「アレク君、私は別に、北神流を捨てたわけではないよ」
「嘘だ、今だって剣すら持っていない!」
「うーん」

 シャンドルは、己が持っている棒を持ち上げてみせた。
 金属で出来た棒。

「こっちの方が、強くなると思うんですがね?」
「! 馬鹿にして! そんな棒きれが、この王竜剣よりも強いって!?」
「そうではないよ。アレク君。その剣は、この世界で一番強い。
 それは、その剣を100年間振り続けた私が、一番よく知っている」
「じゃあ、なんで?」
「強すぎるんですよ。その剣は」

 アレクサンダーの問いに、シャンドルは答える。
 当然のように。
 当たり前のように。
 諭すように。

「その剣を手にすれば、どれだけ巨大な魔物も、どれだけ俊敏な怪物も、どれだけ堅固な戦士も、相手にならない。私は数々の戦いに勝利し、英雄となった」

「ただ、ふと、立ち止まった時に思ったのです。
 私は英雄になった。けど、その剣を手に入れた前と後で、何も変わっていないのではないか。
 はたして、北神カールマン二世アレックス・ライバックは、本当に強かったのだろうか、とね」

「そう、思ってしまえば、もう以前のようには戦えない。
 無論、今までの自分の戦いや仲間たちを否定するつもりはないが……。
 英雄としての私は、終わったのだと思ったよ。
 だから、君に『英雄としての北神』を託し、私は『北神カールマン一世の教え』を広めようと思ったのです」

 どうにも、かやの外な感じだ。
 よくわからんが、親父であるアレックス(シャンドル)は、戦いに飽きて、象徴たる剣を手放して、流派を広めようとした。
 対する子供アレクサンダーは、それを怒っているようだ。
 まぁ、わからないでもない。
 そんな重いものをいきなり託されて、父親がいなくなったとなれば、怒りもするだろう。

「その結果が、あのオーベール、あの奇抜派ですか?」
「あれも、北神カールマン一世が示した、一つの道ですよ」
「僕は、奇抜派は認めていません。あんなのは、北神流じゃない」

 アレクサンダーは不機嫌さを隠しもせず、首を振った。
 オーベールか……。
 確かに、あれは剣士ではなかった。
 あいつは忍者だった。

「大体、剣術ですらないじゃないか」
「北神カールマン一世は剣を使ったけど、剣にこだわる必要はない」
「だから、そんな棒きれを使っているっていうんですか?」
「そう、これなら、自分が強くなっていくのを実感できる。そして成長を実感することで、人はさらに強くなる」
「……意味がわからない」

 アレク君は不満そうだ。
 彼は、まだ若いのかもしれない。
 自分のこうだと決めたものに対して、ノーと言えないのだ。

「それで、アレク君。逆に聞くけど、君はどうして、ここにいるのかな?」
「僕は、オルステッドを倒しにきた。龍神を倒して、七大列強第二位になるんだ」
「志が高いね。君の父親として誇らしいよ」

 シャンドルは微笑みながら、アレクを讃えた。
 シャンドルさん?
 鼻高々で悪いけど、あなたはこっち側ですよね?
 いきなり、「じゃあ手伝うよ」とかいって、敵に回るとかないですよね?

「今回、私が敵に回るわけだが、見事に打ち倒し、オルステッドに挑むといい」
「当然です。いかに父さんが相手と言えども、僕は北神カールマン三世として、恥ずかしくない名声を手に入れて見せます」

 恥ずかしくない名声ってなんだよ。
 と、思う部分もあるが、父親や家族が偉大だと、気にする所もあるのだろうな。
 俺の立場として、応援は出来ないが。

「それだけじゃない。悪魔たるスペルド族を全滅させる!」
「ん? スペルド族は、悪魔ではないよ。君も村に一度来て、見たのでしょう?」

 首をかしげるシャンドルに、アレクは当然とばかりに頷いた。

「そんなのは関係ない。スペルド族は悪魔として有名だ。それを滅ぼしたとなれば、僕の名前は未来永劫、英雄として語り継がれる」
「それは、英雄のすることじゃない」
「でしょうね。でも手段は選んでいられない。
 じゃないと、父さんの偉業を超えられない。
 北神カールマン二世の名を、超えられない」
「私の名を超えることが、英雄になることだと?」
「そうだ!」

 シャンドルは、口を半開きにしたまま、こちらを向いた。
 そして、頭を下げた。

「申し訳ありません。ルーデウス殿。説得できるかと思いましたが、この馬鹿息子は、私が思った以上に馬鹿だったようです」
「……そのようですね」

 彼は、どうやら英雄という単語に踊らされているようだ。
 英雄らしい行動を取って英雄になるわけではなく、ただ名声を得ることで、ちやほやされたいのだ。
 そうじゃないだろう、と誰もが言いたくなる状態だ。
 うまく言えないが、そうじゃない、と。

「止めましょう」
「はい」

 シャンドルは兜をかぶり、棒を構えた。
 俺はその後方、援護をするように、両手を広げる。

 アレクはむすっとした顔のまま、俺達を睨みつけてきた。
 自分のやり方を否定され、呆れ顔で小馬鹿にされ、行き場のない怒りが渦巻いているのだろう。

「……そんな棒きれと未熟者のお荷物を抱えて、王竜剣を持った僕に勝てるつもりですか?」
「ああ、もちろんだとも、お仕置きをしてやろう」

 自信満々に言い放ったシャンドル。
 お仕置きという言葉に、アレクの堪忍袋の緒が、ついに切れた。

「なめるな!」

 北神二世と北神三世の戦いが始まった。


---


「たああぁぁぁ!」

 先に仕掛けたのはアレクだった。
 巨剣を軽々と片手にて振るい、袈裟懸けにシャンドルへと斬りかかった。

「おおおお!」

 シャンドルはその圧倒的な質量を、棒を使って受け流した。
 アレクの姿勢が崩れ、無防備に……ならない。
 恐るべきバランス感覚で体の向きを変え、再度シャンドルへと打ちかかった。

 シャンドルはそれを予期していたかのように動いた。
 回転しながら暴風のように攻めてくるアレクを、再度いなす。
 そして、いなしながら、てこの原理を利用して、アレクの足を払った。
 アレクはたちまち体勢を崩……さない。
 アレクの体はシャンドルを飛び越すように浮き、そして通常ではありえない速度で地面に降り立った。
 めちゃくちゃな動きだ。
 だが、知っている。
 これが、魔剣・王竜剣カジャクトの能力。
 ……重力操作。

「うりゃあぁぁぁ!」

 しかし、シャンドルはそれに対応している。
 背を向けたまま、王竜剣の一撃をいなす、いなす、いなす。
 そのうち、次第に向きを変えて、アレクに向き合った。

 アレクの一撃は、そう簡単にいなせるものではない。
 踏み込む毎に地面が抉れ、斬撃の衝撃波は周囲の大木を切り刻み、メシメシと音を立てて倒れ始めている。
 発生した真空波が、やや離れた位置に立つ俺の頬を切り裂くほどだ。

 だが、その一撃がシャンドルに届くことはない。
 引退したとはいえ、仮にも北神か。
 まったく危なげなく、アレクの斬撃をいなし続けている。

 重力を操るアレクの動きはどこまでも自由で、アクロバティックで、予測が付かない。
 その上、シャンドルも動かないわけではない。
 一見するとまったく動かないが、ブレるように体を少しずつ移動させて、有利なポジションをとっている。

 これが北神同士の戦いか。
 スピードは、そう速いわけではない。
 エリスやオルステッドと訓練を積んだ成果か、動きは見えている。
 見えてはいるが、密度が高すぎて、予測が出来なさすぎて、援護が挟みにくい。

「なんのおおお!」
「とあああぁぁぁ!」

 にしても、うるせぇなこいつら。

 なんて考えている暇はない。
 俺は呼吸を整えて、二人の動きを良く見る。
 拮抗しているなら、俺の横槍次第で、戦況は傾く。

 二人の動きは予見眼を持ってしても予測はしにくい。
 だが、アレクはともかく、シャンドルの動きは分かる。
 最小限で、アレクに比べて予測もしやすい。
 パターンがある。
 右にいき、左にいき。
 相手が真後ろに回った時はこの流れで……。

「そこだ!」

 岩砲弾を放つ。
 岩砲弾はキュンと音を立ててまっすぐに飛んでいき、アレクに着弾した。
 いや、まっすぐではない、直撃でもない。
 曲げられた。
 アレクの鎧をえぐりながら、森の奥へと消えていく。
 だが、アレクの体勢は崩れた。

「ハァッ!」

 その隙を見逃さず、シャンドルの一撃がアレクのみぞおちに叩きこまれた。

「ぐっ……!」

 しかし、アレクはうめき声を上げつつ跳躍。
 まっすぐにこちらに向かってきた。
 速い!

「雑魚が邪魔をするな!」

<鋭い踏み込み。斜め上からの斬撃>

 予見眼で見つつ、残った篭手で受け流す。

「うっ……」

 受け止めた瞬間、すさまじい重量が足に掛かった。
 篭手が砕け、膝を突く。

 左手が切り飛ばされる……。
 と、思ったが、黒い腕がギャリギャリと音をたてて剣を受け流した。
 頑丈だ、アトーフェハンド。

「その腕……! まさかお祖母様の!?」
「『電撃(エレクトリック)』!」

 もう片方の手にて、溜め込んだ魔力にて、電撃を放つ。
 紫電がアレクの体を舐める。
 続けて、至近距離から顔面に岩砲弾を叩き込むべく、左手に魔力を込める。

「とりゃあああぁぁ!!」

 だが、アレクの動きは止まらない。
 エビ反りになって俺の岩砲弾を回避しつつ、片足で回転しながら俺の足への斬撃を放つ。

 とっさに飛んで回避。
 しかし、その時、すでにアレクは体勢を立てなおしていた。
 俺の首を両断する一撃が迫る。

「ハァァァッ!」

 寸前、シャンドルがアレクの横から突っ込んできて、棒で突き貫いた。
 アレクは錐揉みしながら真横へとぶっ飛んでいき……しかしふわりと、重力を無視した軌道で地面に降り立った。

「……ふぅ」

 一見、ダメージは無いように見える。
 電撃もあまり通じていないようだ。
 剣の力か。
 あるいは鎧の性能か。
 はたまたやせ我慢か。
 鍛え方が違うのか、はたまた体の構造からして違うのか。
 何があってもおかしくない。

「手加減しすぎましたかね。もうちょっと本気出すか……」

 アレクは負けが込んだ格ゲープレイヤーみたいな事を言ってるが、状況は悪くない。
 この調子なら、勝てない事はない。
 シャンドルが前衛で戦い、俺が援護する。
 その度に一撃ずつ与えていけば、いずれ倒せる時は来るだろう。

 北神カールマン三世。
 手強い相手だが、しかしシャンドルも強かった。
 そこが拮抗しているなら、俺の差で勝つ。
 お荷物ではない!

「まずいですね」

 と、思ったのだが、シャンドルの言葉は頼りない。
 嘘だろ。
 優勢じゃないか。
 シャンドルにダメージは無い。
 俺は今の攻防でザリフの義手を壊されたが、アトーフェハンドはそれと同等以上の性能を持っている。
 まだ行ける。

「彼は、この後、オルステッド様と戦うべく、力を温存しています。
 段々と、力を上げてくるでしょう」

 ああ、くそ。
 手加減されていたのか。
 よっぽど俺を雑魚扱いしたいらしい。

「ロキシー殿は、あとどれほど掛かりますか?」
「わかりません」

 準備ができたら知らせてくれるようだし、もう半日になる、そろそろいけると思うが。
 エリスやザノバが突破されて、ロキシーのあたりが蹂躙でもされていない限りは。

「私の知る彼より、だいぶ強くなっているようです。これはちょっと、大口を叩きすぎたかもしれませんね」

 シャンドルが自信なさそうに、そう言った。
 そんな事言わず、頑張ってほしい。
 援護、頑張るから。

「とにかく、時間を稼ぎましょう」
「りょ、了解です」

 短い打ち合わせの後、シャンドルが突進した。
 アレクもまた、呼応するかのように走ってくる。

「うおお!」
「どおりゃぁあ!」

 そして、また打ち合いを始める。
 だが、シャンドルの言葉通りだった。

 一見、変わった所は見受けられない。
 だがシャンドルが、斬撃を受け流しきれなくなった。
 受ける毎に、少しずつ体勢を崩している。
 アレクの放つ斬撃のレベルが変わっているのだ。
 見た目は変わらないが、恐らく重さが。

 シャンドルが劣勢になれば、俺の岩砲弾も直撃弾を得られない。
 受け流されるか、弾かれるか、避けられるか。
 そのどれかが多くなる。

「……」

 俺は岩砲弾を放つのをやめた。
 その代わりに、魔術を使い土を操る。
 ひとまず、あの、ぴょんぴょん跳びまわる変則的な空中機動をやめさせる。
 そうすれば、シャンドルも少し楽になり、取れる戦術の幅が増える。
 結果、俺の岩砲弾も当たるようになるはずだ。
 そのためには。

「『土槍』!」

 二人の周囲を囲むよう、4方に土の柱を作り出す。
 そして、さらにその上に。

「『土網』!」

 シャンドルの頭上、約50センチほど上に、土の網を作り出す。
 上を遮れば、あの変則的な跳躍は……。

「うっとおしい!」

 一瞬で叩き壊された。
 だめか。

「どうしました父さん! その程度ですか!」

 いかん。
 シャンドルがどんどん追い詰められていく。
 技の差じゃない。間違いなく武器の差だ。
 王竜剣が一撃加わる度に、シャンドルの棒がどんどんひん曲がっている。

 慌てて岩砲弾で援護するが、やはり曲げられる。
 しかも、俺のことを後回しにすると決めたのか、岩砲弾を無視しはじめた。
 まずい、これじゃ時間稼ぎもままならない。
 ジリ貧で負ける。


「ガアァァッ!」


 その時だった。

 アレクの横合いから、一つの影が彗星のように飛び込んできた。
 赤い髪を持つその女は、両手に持った剣を、渾身の力でアレクへと叩きつけた。

 アレクはそれを受け止めたものの、シャンドルの一撃を喰らい、後方へと吹っ飛ぶ。
 そこに、赤い剣士が追撃を掛ける。
 アレクが重力を無視した着地をした後、即座に巨剣を振るう。
 赤い剣士はそれに対応出来ない。

「ふっ……!」

 だがその後ろ。影のように付き従っていた緑の戦士が、斬撃を逸らした。

「ガァァァ!」

 狂犬が吠える。
 剣閃が走る。
 首筋に向かった一撃は、しかし不可視の何かに曲げられた。
 剣は肩口へと叩き込まれるも、存外に頑丈な鎧が一撃を止め、かすり傷で済ませた。

 狂犬は深追いはしなかった。
 攻撃に失敗とみるや、背後へと飛び退った。
 直後、彼女のいた位置を巨剣が薙ぎ、髪を数本、切り飛ばした。

 距離が離れる。
 赤髪と緑髪が、俺に背中を向け、立った。

「ルーデウス、待たせたわね!」

 エリスはチラリとこちらを見て、そう言った。
 ルイジェルドは振り返らないが、第三の眼で俺の安否は確認してくれるだろう。
 彼らが、助けにきてくれたのだ。
 もし俺が乙女だったら、一瞬で一目惚れだろう。
 抱いて! 滅茶苦茶にして!

「そんな……」

 俺が乙女みたいになっている時、アレクは驚いた顔をしていた。
 否、ショックを受けていた、というべきか。

「まさか、ガル・ファリオンがやられたんですか?」

 どうなんだ、とルイジェルドを見ると、彼は頷いた。
 マジか。
 エリス、ルイジェルド、二人掛かりとはいえ、剣神を倒したのか。

「いくら、剣神の座を退いたとはいえ、こんな簡単にやられるなんて……どうやら、僕はあの人の事を過大評価していたようです」

 アレクは傲岸にそう言いつつも、悲しそうな顔をしていた。
 思えば、俺を谷に突き落とした時も、こいつはガルと仲が良さそうだった。

「短い間だったけど……いい人だったのに……」

 アレクの気配が変わった。
 今までとは違う。
 手を抜いて勝とうという気配ではなくなった。

「こんな二人ぐらい、すぐに蹴散らして、一緒にオルステッドと戦おうと、そう思っていたのに……」

 アレクが構え、腰を深く落とした。
 何かが来る。
 圧倒的な気配を察知して、エリスも、ルイジェルドも、警戒して腰を落とした。

 だが、今になって本気を出そうというのなら、もう遅い。
 俺とシャンドルに加えて、エリスに、ルイジェルド。
 四対一だ。
 いかに最強の剣を持つ列強といえども……。

「右手に剣を」

 アレクの右手に持った剣が持ち上がり、先が天を向く。

「左手に剣を」

 アレクの左手が、剣柄を持つ。
 両手持ち。
 今まで片手で扱っていたあの巨剣を、両手で持った。
 それが、彼の本当の戦闘スタイルなのか。

「いけない! 逃げて!」

 シャンドルが鋭く叫んで、真横へと跳躍した。
 だが、遅かった。

「両の腕で齎さん、有りと有る命を失わせ、一意の死を齎さん」

 王竜剣を大上段に構えたアレク。

「我が名は北神流アレクサンダー・ライバック」

 気づいた時には、体が浮いていた。
 俺だけではない。
 エリスも、ルイジェルドも、真横に跳躍しようとしたシャンドルも。
 全員の体が、宙に浮いていた。

 無論、周囲に落ちる木の葉や、木の枝も、全てが空中に浮かんでいる。
 王竜剣の重力操作。
 降りることも、更に上へと移動することもできない。
 手足をじたばたと動かしても、その場から退くことすら動く事は出来ない。
 完全に無防備な状態。
 アレクが全身に力を込めたのが見えた。

「今こそ盟友の仇を撃つ!」

 やばい。
 そう思った時には、体は勝手に動いていた。

 両手に魔力を込めて、衝撃波。
 エリス、ルイジェルド、シャンドルを遥か遠くへと吹っ飛ばす。
 即座に、近くを漂っていたザリフの義手の残骸を手繰り寄せ、その先端についた吸魔石をアレクへと向ける。
 剣と俺との間にあった何かが消滅し、地面へと着地。
 俺は吸魔石をかなぐり捨てて、両手でありったけの魔力を、叩き込んだ。
 今、まさに巨剣を振り下ろそうとしているアレクに向けて――。


「奥義『重力破断』」


 爆音と閃光。
 ――――――意識が途切れる。


---


 目覚めた時には、木の上にいた。

 ふっとばされたのだ。
 と、わかったのは、足が骨折していたからだ。
 レッグパーツは粉々に砕け、足が変な方向に曲がっている。
 足だけではない。
 ボディパーツも大部分が砕け、胸のあたりに断続的な痛みが襲ってきている。
 恐らく、肋骨が折れたのだろう。

「ケホッ……あー、あー」

 咳き込むし、胸に痛みも走るが、声が出せない程ではない。
 すぐに治癒魔術を唱えて、傷を治す。

「どこまで飛ばされ……うおっ!?」

 体を起こそうとした時、俺を支えていた木の枝が折れた。
 バキバキと音を立てて、結構な距離を転げ落ちる。

 が、まだ地面には落ちなかった。
 かなり高い所まで飛ばされたらしい。

 と、思った時に、地上が見えた。

 クレーターがあった。
 直径にして20メートルはあろうかというクレーター。
 そんなものが谷のすぐ側に出現していた。
 前は、あんなものはなかった。
 今しがた、出来たのだ。
 おそらく、今の一撃で。

「マジかよ」

 ふと、首を巡らせる。
 スペルド族の村の方で、何かが光ったのが見えた。
 見覚えのある光だ。

「あれは……うおっ!?」

 また木の枝が折れた。
 今度は地上まで、枝にぶつかりつつ、落とされた。

「いてぇ……」

 治癒魔術を使ったばかりなのに、また怪我をしてしまった。
 すぐに治癒魔術を唱え直し、怪我を治療する。
 何はともあれ、状況を把握しなければならない。
 エリスはどうなった、ルイジェルドは、シャンドルは。
 アレクは?

「!」

 そう思いつつ立ち上がり、すぐ目の前に人がいることに気づいた。
 ビクリと身を震わせて構えを取る。
 しかし、目の前の人物は、敵ではなかった。

「シャンドルさん!」
「……私にも、治癒魔術をいただけますか?」

 彼は傷だらけだった。
 鎧は半壊し、兜は砕け、頭から血を流している。
 左腕もだらりと下に下げていた。

「ええ、もちろん」

 俺は彼の体に手を触れて、治癒魔術にて傷を治した。

「どうも」
「エリスとルイジェルドは?」

 お礼を言われるのもそこそこに、俺は二人のことを聞いた。
 シャンドルですらこの傷だ。
 エリスたちも、無事では済んでいないだろう。

「軽傷です。ルーデウス殿のおかげで距離をとれたのが良かった。
 治癒魔術を使う必要もないでしょう。
 もっとも、あちらの方で、まだ気絶していますが」

 その報告にほっとする。

「それで、北神カールマン三世は?」
「我々を倒したと見て、先に進んだようです」
「トドメを刺そうとはしなかったんですか?」
「先ほどの技は、北神流最高の必殺技です。その必要もないと思ったのでしょう」

 俺を谷に落とした時といい、どうも一つヌケているようだ。
 お陰で助かったとも言えるが。

 しかし、通してしまった。
 オルステッドの所に、通してしまった。

 オルステッドなら、恐らく、勝つだろう。
 彼だって、今までのループで、王竜剣を持ったアレクサンダーと戦ったことぐらいはあるはずだ。
 ルート上、必要なければ積極的に戦おうとはしなかったはずだが、
 水神レイダを倒した時のように、あっさりと倒してくれるに違いない。

 しかし、あの一撃。
 スペルド族の村には、他のメンツもいる。
 病気から立ち直ったばかりのスペルド族に、ジュリに、ノルン……。

 もし、彼らを守るために、あの剣技を受け止めたり、受け流したりしたら。
 オルステッドも、相応の魔力を使うことになってしまうのではないだろうか。
 守る戦いは、攻める戦いよりも難しい。
 もしオルステッドが皆を守ってくれないのなら、それは皆の死を意味する。

「シャンドルさん、まだ戦えますか?」
「行くつもりですか?」
「まだ、終わってません。今しがた森で光を見ました。召喚光です。ロキシーの準備が終わったのなら、ここからです」

 と、言った時、
 森の奥から、緑色の髪をした男が走ってきた。
 二人。どちらもスペルド族の戦士だ。
 ルイジェルドではない。
 彼らは俺たちの姿を見ると、すぐに近づいてきた。

「ロキシーより、伝達。召喚成功です」
「よし」

 頷く。

「では、私は先行して、足止めをさせていただきます」
「無理はしないように」
「わかっています」

 短いやりとりの後、シャンドルが走りだした。

「そちらの方は、エリスとルイジェルドの介護を。
 目が覚めたら、援護にくるように伝言を」
「はい!」
「あなたは案内をお願いします」
「はい!」

 頷いたスペルド族にエリスとルイジェルドを任せ、俺はもう一人の戦士と共に、ロキシーの元へと走った。
 木の根を飛び越え、茂みを突っ切り、まっすぐに向かう。
 魔導鎧が砕かれたせいで、速度はあまり出ない。
 ていうか、すでに機能を失っているのか、重い。
 俺は途中で魔導鎧『二式改』を脱ぎ捨てた。
 身軽になったまま走る。

 北神カールマン三世は思いの他、強い。
 だが、ここで引くわけにはいかない。
 ここが正念場だ。

「ルーデウス……!」

 目的地に到着。
 そこに、ロキシーはいなかった。
 残されていたのは、スペルド族の戦士とエリナリーゼだけ。
 なら、予定通り(・・・・)だ。

「ひどい格好ですわね……」

 治癒魔術で怪我こそ治したものの、鎧も衣類もボロボロの俺を見て、エリナリーゼが目を丸くする。
 だが、彼女はすぐに顔を引き締めた。

「用意は出来ていますわ」

 彼女の後ろ。
 そこには、即席で書いたと思わしき、魔法陣があった。
 すでに光を失った魔法陣。
 それは、地竜の谷底にて使い物にならなくなったスクロールの内の一つに描かれていたのと、同じものだ。
 スクロールの製作者の名は、ロキシー・グレイラット。

 その魔法陣は潰れていた。
 魔法陣の上にある、巨大な鎧の重みで潰れていた。
 その鎧は魔導鎧だ。
 万が一、戦いの中で魔導鎧が破壊された事を想定し、複製しておいた魔導鎧。
 事務所の武器庫に置き場がなく、仕方なく工房の方に置いた一機。
 唯一、事務所の破壊から逃れた、切り札。

「魔導鎧『一式』ですわよ」

 さぁ、第二ラウンドだ。 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ