挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 作者:理不尽な孫の手

第15章 青年期 召喚編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

168/286

第百五十四話「終わりと始まり」

 未来からきた。
 老人はそう言った。
 正直、意味がわからない。
 確かに、老人は俺に似ていない事もない。

「未来……未来の俺ってことか?」
「そう。俺は、今から大体50年後の、お前だ」

 老人はハッキリとそう言った。
 いきなりそんな事を言われても、信じていいかどうかわからない。
 だが、こいつは俺の名前を知っている。
 さらに言えば、俺は記憶を持って転生をして、この世界にきた。
 ならタイムスリップがあってもおかしくない気もする。

「悪いが、お前に過去転移魔術の理論を説明している暇はない」
「説明している暇はないって……」
「ハリウッド映画みたいな言葉で悪いが、本当に時間が無い。聞いてくれ」

 ハリウッド映画なんてセリフがスムーズに出てくる。
 ということは、この老人は間違いなく、前世に関わりがある。
 ……本当に俺なのだろうか。

 このギラついた目。
 瞳の奥には、薄暗いものがある。
 端的に言えば、日常的に人を殺している奴の目だった。
 人ひとりの命を、なんとも思っていないような冷たい目だ。
 俺が将来、こんな風になるってことか?
 そんな馬鹿な。

 どうにも信じがたいが、でも、老人の表情は本気だ。
 一応、仮にだが、この老人が50年後の俺として、話を聞いてみるか。

「地下室には何もない」

 老人はぽつりと言った。

「俺は地下室にいって、何もないと思った。そして後日、ヒトガミから何もなかったんならいいよという言葉を聞いて、安心することになる」

 老人は不愉快そうに顔をしかめた。

「でも、それは間違いだ。今なら説明できる」

 何かを思い出すかのように額に指を当てる。
 左手の人差し指。
 ん?
 腕がある?

「いいか、多分だが、地下室にはネズミがいる。
 病気になったネズミだ。
 特徴としては、紫色の魔石みたいな歯をしているはずだ。
 そのネズミがどこからきて、いつ入ってきたのかは知らない。
 恐らく、魔大陸か、空中城塞にいたヤツが、荷物にまぎれてくっついてきたんだろう。それはいい」

 老人は手を開き、グッと握りしめた。

「ネズミはお前に驚き、逃げる。台所へとな。そして、昨日の飯の食い残しを漁って、翌日には死に、アイシャによって処分される」
「……」
「その食い残しは、翌日にはアイシャの手で野良猫に分け与えられ、無くなる」

 左手、義手ではないな。
 本当に俺なのだろうか。
 それとも、これから50年の間に相応の治療魔術で治したのだろうか。

「だが、その前に、小腹の空いたロキシーが降りてきて、その食い残しを、少し摘む。その結果、そのネズミの持っていた病気に感染する」
「ロキシーが病気に?」

 ロキシーという言葉で、俺は老人の話に意識を集中した。

「魔石病だ」

 魔石病。
 どこかで聞いたことがある気がする。
 そうだ、確か、神級の解毒魔術でしか治らないとかいう病気だ。
 身体が次第に魔石と化していく難病。

「最初は気づかない。なにせ、魔石病は滅多に罹らないからな。あの病原菌は体の中に宿る、もう一つの生命にしか、感染しない」
「もう一つの生命?」
「そう、胎児だ。あの病気は妊婦にしか罹らないんだ、俺も後になって研究して、愕然としたよ」
「え? いや、でも、ロキシーはまだ」
「妊娠してるはずだ。けど、それはいい、やることやってんだ、当然だろ」

 ロキシーが妊娠。
 なんだろう、凄く嬉しいのに、この説明だと全然嬉しくない。

「魔石病は、ネズミをキャリアにしている。なぜか一部のネズミには耐性があるんだ。キャリアはひと目でわかる。歯が紫色の結晶になっているからな。そして、ネズミが齧ったものに、病原菌は付着する。経口感染だけで、しかも病原菌はそう長生きはしない。せいぜい半日かそこらで死滅する、しかも感染力も弱く、罹患するのは妊婦の中にいる、胎児だけだ」
「……」
「病原菌は胎児の中で育ち、そのまま胎児を作り替えて、母体を魔石化させる」

 ……そんな病気に、ロキシーが罹るってのか。

「もし、これから何も考えずに地下室にいき、ネズミを外に出せば、お前は翌日、アイシャから「朝から変なネズミの死体みちゃったよ」という愚痴を聞き、二週間後ぐらいに、『魔石病に罹った猫が発見された』という情報を得ることになり、そのすぐ後にロキシーが熱を出す。そして、それらが繋がるのは、さらに30年後だ」
「……ロキシーは、どうなるんだ?」
「死ぬ」

 容赦のない一言に、俺は言葉を失った。

「ロキシーは熱を出し、寝こむようになる……。足先から結晶化が始まった事で魔石病だとわかるが……」
「治らなかったのか? 治そうとはしたんだろ?」

 老人は悲しい顔をして、俯いた。

「俺はなんとかして助けようとミリス神聖国まで行き、神級解毒魔術の詠唱を手に入れてくることに成功するが……途中で色々あって、時間が掛かってしまった。帰ってきた時にはすでに遅く、ロキシーは身体の半分を結晶化させて、死んでいた」

 しかし、すぐに顔を上げ、凄まじい眼光を俺に送った。

「人神の言葉に惑わされるな。
 前世の知識があるお前なら、そのぐらいわかるだろう。
 あいつこそが諸悪の根源、ラスボスだ」
「でも、なんでその、ロキシーを?」
「わからない、未だにな。だが、何かを目的として動いていたのは確かなはずだ。あいつが、最後に、自分で、そう言ったんだ……『君が馬鹿なおかげで、僕の思い通りに事が進んだよ』ってな……くそっ」

 ヒトガミが、そんな事を、自分で言ったのか。
 しかし、うーむ……?

「……ヒトガミの目的については、もしかすると、オルステッドかラプラスあたりなら、何か知っているのかもしれないが……俺は50年間、どちらにも会えなかった。恐らく、お前も探しても会えない可能性が高いだろう」
「ナナホシはオルステッドの居場所を知らなかったのか?」

 ナナホシの名前を出すと、老人は悲しそうな顔をした。
 知らなかったのか。
 それとも、ナナホシももしかして……。

「俺は聞けなかったが、確かに今の時代なら、あいつに聞くのもアリかもしれないな。オルステッドの居場所がわからなくても、あいつも、こういう事は色々考えてるみたいだし、もしかするとなにかいい案を出してくれるかもしれない」
「……ナナホシは、どうなったんだ?」
「…………」

 老人は答えない。
 ただ、悲しそうな顔をするだけだった。
 しかし、ややあってぽつりと言った。

「最後の最後で、失敗するんだ。それで、落ち込んで、俺は、フォローに失敗して……それで……」

 ナナホシは、帰れなかったのだ。
 それで、絶望して、もしかして、自分で、自分を……。

「わかった。もう、いい」
「ああ、俺も言いたくない」

 老人は顔を上げて、気を取り直したように、言葉を続けた。

「いいか。お前も今から10年後ぐらいに知ることになるが……人神(ヒトガミ)は、この世界ではヒトガミとは呼ばれていない」
「……どういう意味だ?」
「人の神、そう書いてジンシンだ。ジンシンの名を知らない奴はいないが、ヒトガミという単語は、奴に会った者しか知らない。どういうつもりでそんな事をしているかは知らないが……どうせ、知っている奴をもてあそぶためだろう」

 ……なるほど。
 道理で、ヒトガミという単語に過剰反応するわけだ。
 あいつに会い、騙された者だけが、知る名前ということか。

「奴は一見すると俺のためになるような事ばかりを口にしてきた」

 老人が再度、拳を握った。
 その瞳には、ただ憎悪の光だけが灯っている。
 凄まじい殺気が溢れるが、だが、なぜか怖いとは思わなかった。

「確かに今この瞬間まで嘘はついてこなかった。俺にわかるような嘘はな」

 拳がブルブルと震えた。
 拳の周囲に、何かが見える。
 バチバチとまとわりつく、紫電のようなものが。

「それもこれも、この1回のため、疑り深いお前が、何の躊躇もなく従うこの瞬間のためにだ!」

 飛び散る火花に、俺は呆然としつつも身構えた。

「騙されるな! 漫画で読んだだろ? 信じる、信じないを口にするやつは、必ず嘘をつくんだ」
「そりゃ、わかるけど……」

 老人が絞りだすような声で言った。

「わかっていない。
 ロキシーの次は、次はシルフィだぞ。
 ロキシーを失って傷心のお前は、シルフィの事がしばらく考えられなくなる。
 シルフィは傷ついて、鬱になる。
 そこを、奴はルークを操って付け入る」
「ルークを?」
「ああ、後になって、お前は、当時ルークと付き合ってた女から、「朝起きたらルークが神のお告げを聞いたとか言い出して焦った」なんて話を聞くことになる」
「それで……どうなるんだ?」
「ルークがアリエルに進言し、シルフィは俺を捨てて、アスラ王国に行ってしまう。
 ペルギウスの取り込みに失敗したアリエルと共にだ!
 アリエルは劣勢の中、一か八かで内乱を起こし……そして敗北する。
 シルフィは、戦死だ」

 戦死……。
 死ぬのか。

「お前は、あのふたりを、失うんだよ」

 老人は頭を振りつつ、ギリギリと歯ぎしりをした。

「ああ、種明かしの時のヤツの声が今でも耳に残っている。お疲れさんと肩を叩かれた時の感触が、甲高い笑い声が……ぐっそ、ぢくしょぉ!!」

 老人がドンと机を叩いた。
 その瞬間、周囲に紫電が飛び散り、真昼のような明るさを作る。
 光はすぐに消えたが、机の上に焦げ跡が残った。

 老人はふぅと息を吐いた。

「もう一度言う、ヤツを信用するな。後悔することになるぞ」

 老人はそこまで言って、ふと、腹を抑えた。
 ふと見ると、その顔色は、さきほどよりも若干ながら、悪くなっているように見える。

「もう時間がないな……。
 でも、こう言っても、何をしていいかわからないだろう」

 老人は土気色の顔をしていた。
 目の下に、紫色のクマができている。
 老人は大きく息をすって、苦しそうな息を吐いた。
 なんだか、今にも死にそうな感じだ。
 病気でも患っているのだろうか。

「まずは、そうだな、エリスの事だ」

 エリスと聞いて、俺は自分の眉根が寄るのを感じた。

「あいつに、今すぐに手紙を書いてやってほしい。
 まぁちょっと浮気したけど、お前のことは愛してるって」
「愛してない。俺はあいつのせいで不能になったんだぞ」
「許してやれよ。それが男の器ってもんだろ?」
「……」

 老人は自嘲げに笑った。

「っても、俺は許せなくて、何年もあいつと対立することになったんだけどな」
「対立?」
「何度も何度も、エリスに殺されかけたよ。あいつは俺をどこまでも追ってきて、見かける度に全力での戦闘になった。けど、まぁ、手加減してたんだな。あいつがその気になれば、いくらでも俺を殺す方法はあったのに。あいつは俺を殺せるタイミングでは絶対に仕掛けてこなかった。それどころか、俺が別の事でピンチになると、影ながら助けてくれたもんだ。まるでベ○ータみたいな奴だな」

 ベジ○タって……。

「もっとも、あいつは野菜の国の王子様とは違う。
 エリスは俺のそばにいたいだけだったんだ。
 あいつは、ずっと俺のことが好きだったんだ。
 俺の事が好きで、俺のために一生懸命で……。
 でも、口下手で、どうしていいかわからないから、結局殴るしか出来なかっただけでな」

 そんな事を言われても。
 俺には妻も子もいる身だ。
 そりゃ、エリスの事が好きだった時期もあったけど。
 でも、それは……過去の事だ。

「でも、俺にはシルフィとロキシーが……」
「問題ないさ。シルフィはそういう所には寛容だし、
 ロキシーは自分が俺と釣り合ってないと思ってるから、許してくれる。
 エリスだって、事前に説明しておけば、納得はするさ。
 ああ、でも殴られるのは覚悟しておけよ。そういう女だからな」
「んなこといったって……」
「好きって言ってくれる女をみんな囲う。いいじゃねえか、何がいけないんだ。男の甲斐性だろうが」
「人ごとだと思って、勝手な事を言うなよ」
「俺は誰も手元に残っていないから、言ってるんだよ」

 そう言う老人の言葉には、妙な重みがあった。
 でもなぁ……。

「シルフィやロキシーには、責任もあるし……」
「責任ってんなら、エリスに対する責任だってあるんだよ。
 あいつはお前のためにずーっと頑張ってたんだ。
 ちょっと口下手で通じてなかっただけで、ずっとな。
 責任を取ってやらなきゃ、あいつの努力はなんだったんだ。
 ……そうギレーヌに責められることになるぞ。エリスの亡骸の前でな」

 エリスの、亡骸?

「エリスも、死ぬのか……?」
「ああ、俺を庇ってな。あれは確か……アトーフェと再戦した時だったか。本気の魔王様が思いの外強くてな、油断したよ」

 老人は、懐かしむようにそう言って、口の端を歪めた。
 アトーフェ相手に油断できるとか、どんだけ強いんだ、未来の俺は。
 本当に俺なんだろうか、疑わしくなってきた。

「いいか、絶対に手紙を送れ。後悔したくなかったらな……今ならまだギリギリ間に合うはずだ」
「あ、ああ、まあ、そう言うなら、送るけど。でも、どこに送るんだよ」
「剣の聖地だよ。薄々感づいてただろ」

 剣の聖地か。
 シャリーアから、そう遠くない。
 やはりというかなんというか、そこで修行をしていたのか。
 剣の修行……か。

「わかった」
「突き放すような事は書くなよ。エリスが自暴自棄になったら、お前、殺されるぞ」
「わかってるよ」

 エリスがどういう人物かは知っているつもりだ。
 ……知っているつもり『だった』か。

 もし、この老人が言う事が本当だとしたら。
 彼女は俺を捨てたつもりでは無く、俺にはそれがわからなかった。
 考えてみれば、口下手な彼女が、手紙をうまく書けるわけもないのだ。
 そうして、すれ違って、不幸を生むのか。

「ふぅ」

 老人は重苦しい息を吐いた。
 そして、ハッとした顔で、顔を上げる。

「それと、重要なことをいい忘れていたが、ヒトガミには敵対するな」
「敵対するなって、騙してたんだろ?」
「ああ、でも、ヒトガミには勝てない。
 俺では勝つことができない。
 俺では、ヒトガミの所には、辿りつけないんだ」

 老人は、悔しそうに言った。
 ヒトガミの所に辿りつけない。
 という事は、やはり、あの場所はこの世界のどこかにあるのか?

「それがわかった時は、震えたよ。
 俺はロキシーやシルフィの仇を取ることすらできないんだ。
 あいつを倒すために、こんなに頑張ったのにさぁ、届かないんだぜ?
 重力だって操れるようになったのに、俺の手の届く範囲に奴はこないんだ」

 そう言って、老人は机の上にあるインク壺を指差す。
 インク壺がふわりと浮き上がり、すぐにコトリと落ちた。
 机の上に、インクがポタリと飛んだ。

「宙に浮く事もできるし、遠方の相手に通信する事もできる。腕だって生やせる。それどころか、時間すら飛び越えて、過去に飛べるようにまでなった……まあ、この魔術は失敗だがな」

 失敗。
 何が失敗なのだろうか。
 この男は、現に今、この場にいるのに。

「お前もうすうす感づいていただろうが、この世界の魔術ってのは万能だ。そこに気づけば、大体なんだって出来る」

 老人はそう言いつつ、左手を持ち上げる。
 自慢気な動作とは裏腹に、老人の顔色は土気色を通り越して真っ白だった。
 目の下にはどす黒いクマができ、唇は青色に染まっている。

「だが、こんな力、もうなんの意味もない。
 遅すぎたんだよ。
 俺が強くなった時、守りたい奴は誰一人として残っていなかった」

 老人の目は相変わらずギラついているが、その瞳には既に力が無かった。
 息は荒く、細い。

「いいか、もう一度言うぞ。
 俺はヒトガミが憎い。
 けど、奴には勝てない。勝つ方法が無い。
 俺では、ヤツのところにたどり着く術が無い。
 ヒトガミの居る場所に到達するために必要なものが、俺が生きている時代には無いんだ。
 だから、奴とは戦うな。
 あいつの目的が何かは知らないが、媚びへつらってでもいい、あいつと敵対するな。
 いいように、やられるだけだ。
 それなら、今の、誰も死んでいないうちに……」

 老人の手が、急に力を失い、落ちた。
 顎が上がり、視線が天井を向いた。

「お前がやるべき事は、三つだ。
 ナナホシに相談しろ。
 エリスに手紙を送れ。
 ヒトガミを疑え、でも敵対はするな。以上だ」
「……」

 返事が出来ない。
 いきなりそんな事を言われても、言葉が出るわけがない。
 ただ、老人が、必死に、俺に何かを伝えようとしている事だけは、なんとなく察した。

「も、もっと、具体的なアドバイスとか、無いんですか?」
「懐かしいな、そういや、この頃の俺はたるんでいたなぁ……まあ、もちろん、俺としても、もっと細かく、色々と、教えてやりたい所だが……時間切れだ」
「時間は無いとか、時間切れって、さっきからなんなんだ、深夜アニメでも始まるのか?」
「いいや……終わるんだよ。ていうか、あんまり他人に甘えるなよ。こっちの世界に来た頃、最初の頃は、そんな誰かに頼ってばっかりじゃなかっただろう……」

 老人は、まるで孫でも見るような目で、俺を見た。
 そう言われると、確かに最近は誰かに頼りっきりな気もする。

「それに……こうして、俺が来た事で、歴史は変わったはずだ。今、何かを言っても、そうなるとは限らない……そして、過去転移がこういう形になった以上、俺の歩んできた、歴史は変わらない…………」

 次の瞬間。
 老人の目が、ブレるように焦点を失った。
 両手をだらりを下げて、顎をあげて、辛そうにあえいだ。

「お前は……俺とは違う人生を送るだろう。今までどおり、成功もすれば、失敗もするし、反省もするし、後悔もするだろう」

 老人は身動ぎをして、椅子から落ちた。

「おい、大丈夫か!?」

 慌てて駆け寄って抱き起こして……ぞっとした。
 老人の体は、ガッチリした見た目からは考えられないぐらい、軽かった。
 40キロも無いかもしれない。
 なんだこれ、なんなんだ。

「俺が……未来から来たからって、失敗に取り返しがつくとは、思うなよ。
 この魔術は失敗だ…………人生に、やり直しは、ないんだ……」

 老人はうつろな視線を彷徨わせつつ、震える手でローブの中に手を入れた。

「日記を起点に、飛んだから……持ってきたんだ…………俺が経験したことが、書いてある…………お前は……後悔しないように、頑張ってくれ……あんな奴に、笑われて、俺みたいに……ならないでくれ……」

 老人はギラついた目をうるませながら、毛羽立ったローブの懐から、分厚いファイルのようなものを取り出した。
 これまた古ぼけているが、しかし、見覚えがあった。
 俺が先ほど作ったばかりの、日記帳だ。
 日記帳は俺が受け取る前に手から滑り落ち、ごとりと床に落ちた。

 しかし、俺が目を奪われたのは、そこではなかった。
 日記帳を取り出す時に、ちらりと見えた、ローブの内側は、何やら凹んでいた。
 まるで、服の下に何もないかのような……。

「なんだよ、それ、その身体……?」
「ハッ、未完成……だったのさ…………俺の過去転移では……体全てを……持って来ることが……できなかった……」
「えっ、だって、腕も生やせるって、さっき……」
「もう、魔力が無いんだ……悪いな……せめて、クリフが生きていれば、過去転移も、うまく…………もうちょっと、ここで、情報を……」
「……ごめん、もういいから、喋るなよ」
「……お前に……後悔を……ヒトガミの、思い通りに……なんでこんな所で……言うべきことは……過去にきたんだから、せめて、ひと目……」

 老人の目はすでにどこも見ていなかった。
 言葉は意味をなさず、曖昧な単語が流れ出るだけだった。
 目の下はいつしかドス黒い色に染まり、顔には死相が出ていた。
 死ぬ寸前の、いや、これは死人の顔だ。

「あ」

 しかし、ふとその目が、焦点を結んだ。
 俺の後ろ、肩越しになにかを見た。
 そちらに、ぶるぶると震える手を伸ばす。

「ああ、シルフィ、ロキシー……くそう、相変わらず可愛い、なぁ……」

 老人の目から、一筋だけ涙がこぼれ――光が失われた。
 身体から力が抜けて、コトリと首が落ちた。


 ……死んだ。



 振り返る。
 扉は開いていない。
 結構大きな音を立てたから、誰か起きてきたのかと思ったが……。
 老人は、死ぬ間際、なんの幻を見たのだろうか。

 そう思ったら、二階からトントンと誰かが降りてくる音が聞こえた。

「!」

 俺は慌てて部屋の外に出た。
 すると、杖とロウソクを持ったシルフィとロキシーが、二階から降りてきた所だった。

「ルディ、何か声と物音が聞こえたけど、誰かいるの?」
「泥棒ですか?」

 二人は俺の姿を見て安堵した声を出しつつも、しかし警戒色は緩めず、警戒している。
 二人に老人のことを話すべきだろうか。
 ………………いや。

「いや、ごめん。ちょっと寝ぼけてさ。変な夢みて、魔術使っちゃったんだ。起こしちゃったみたいだね、ごめん」
「夢で寝ぼけて魔術って……叫び声みたいなのも聞こえたけど、大丈夫なの? えっと、辛いなら、一緒に寝ようか? ほら、辛いことを忘れるなら、人肌が一番っておばあちゃんも言ってたし……」
「いや、いいよ、なんかエッチな事しちゃいそうだし。シルフィもまだ本調子じゃないだろ?」

 シルフィの魅力的な提案を断ると、ロキシーが難しい顔をした。

「どうしても辛いなら、わたしは構いませんが……いや、でも最近もしかしてと思う所もあるので、できれば触るだけぐらいに抑えてもらえると……」
「いや、いいって、今日は」

 ロキシーの言葉に、ふと、老人の言葉が思い出された。
 老人はロキシーが妊娠していると言った。
 ロキシーが思う所とは、その事だろうか。

「……本当に大丈夫だから、二人は部屋に戻って。
 俺も、部屋を片付けたら、寝るからさ」
「ルディがそう言うなら、そうするけど……大丈夫じゃなかったら、言ってよね?」
「一応、夫婦なのですから、遠慮はしないでください。ではおやすみなさい」

 シルフィとロキシーは心配そうに言って、二階に上がっていった。
 それを見届けて、俺は研究室の方に向き直った。

 とにかく、まずは老人の言葉を確かめる方が、先だろう。
 老人が何者なのか、よくわからない。
 本当に未来から来た俺なのか、それとも別の何かなのか。
 死ぬほどの危険をおかして、やってきた。
 その行動に信憑性はあるが、唐突すぎて信じきれないのも確かだ。

「……」

 ただ思った。
 俺はあの二人を失いたくない。


 そして、老人のように後悔して死にたくもない、と。


---


 その後。
 俺は二人を寝室に戻し、今晩は絶対に部屋の外に出ないようにと厳命した。
 2階にある家族全員の部屋を周り、土魔術で外側から鍵を掛けた。
 1階のすべての部屋を周り、誰もいないのを確認した。

 それから研究室に戻り、老人の身ぐるみをはいだ。

「……っ!」

 彼の体には、腹がなかった。

 肋骨から下の部分には大穴が開き、骨と、皮だけが見えていた。
 内臓が、ほとんど無いのだ。

 だが、腹を除けば、立派な身体だった。
 六十代後半とは思えないほど筋肉があり、身体の至るところに歴戦の傷跡が残っていた。
 胸には溶接したような傷跡、ホクロは俺と寸分違わぬ位置にあった。
 身体を見る限り、俺と同じだ。
 違いがあるとすれば、左手がある事ぐらいだろうか。
 自分で生やしたとか言ってたな……治癒魔術も、相応の腕前という事だろうか。

 老人は、日記帳以外には、特に何も持っていなかった。
 装飾品もなければ、杖もない。
 ローブの下にはシャツとズボンとパンツだけだった。

 ローブの懐にも、ズボンのポケットにも、何も入っていなかった。
 俺だったら、シルフィやロキシーが死んだら、その遺品ぐらいは持ち歩くと思うのだが。
 でも、50年か。
 無くしてしまったのかもしれない。

 俺はそれらを部屋の隅にまとめ、老人を傍らに落ちていた毛布で包んだ。
 死体を抱いて、台所にある裏口へと向かう。

「……」

 台所には、昨晩の料理の食べ残しが皿の上に盛ってあった。
 これを、ネズミが食べるというのだろうか。
 だとするなら、処分しておくとしよう。

 裏庭から外へと出て、近所にある空き地までやってきた。
 そこに穴を掘り、老人の死体を入れて、火を付けた。
 魔術の火はあっという間に老人を燃え焦がし、骨へと変えた。
 人の肉が焼ける異臭が漂う。
 自分の死体の臭いだ。

「うっ……」

 そう考えると吐き気がしてきて、空き地の隅に吐いた。

 死体を燃やした後、魔術で壷を作り、老人の骨を入れる。
 この骨は、パウロと同じ場所に埋めてやろう。
 老人が本当に俺なら、それが一番嬉しいはずだ。


 骨を拾った後、穴を埋めてから家に戻った。
 裏口から中へと入り、研究室へと直行する。
 骨壷を彼の遺品の傍に置き、自分の杖を手に取る。

 向かう先は地下室だ。
 すでに、魔眼は開いている。
 老人は行くなと言った。
 ネズミが出てきて、食い残しをあさり、ロキシーの中にいる胎児が、ネズミの持つ病気に感染するから、と。

 だから、俺は確かめなければならない。
 ネズミが本当にいるのかを。
 そうしなければ、俺は老人を信用することが出来なかった。
 それに、本当にいるのであれば、放置しておく事も出来まい。

「……」

 地下室への階段は暗かった。
 俺は懐から光の精霊のスクロールを取り出し、周囲を照らした。
 階段を降りて行き、深呼吸をして扉に手を掛ける、

「……ん?」

 すると、階段の隅。
 わずかに溜まった埃の中に、気になるものを見つけた。
 足跡だ。
 ネズミの足跡。
 その足跡は地下室へと続き、出てくる足跡は無い。

 俺は地下室への扉を……開けなかった。
 扉の中央付近に魔術でこぶし大の穴をあけて、そこに杖を差し込んだ。

 そのまま、杖に魔力を送り込む。
 イメージは氷、範囲は部屋全体。
 地下室には魔力付与品(マジックアイテム)や、アイシャが家庭菜園で使う肥料などがおいてあるが、構うつもりはない。

「……フロストノヴァ」

 ぽつりとつぶやいて、一瞬で凍らせた。
 念のため、もう一度。

「フロスト、ノヴァ」

 部屋の隅々まで、完全に冷気を行き渡らせる。
 穴の中から光の精霊を侵入させて明るくし、穴を覗いて部屋の中が完全に凍りついているのを確認。

 扉を開けた。
 凍りついた扉を開き、中に入って即座に閉じた。

「……」

 ネズミはすぐに見つかった。
 神棚への隠し扉の近くで、真っ白に凍りついて、死んでいた。
 半開きになった口からは、紫色に透き通る歯が見えた。
 まるで、魔石のような歯である。
 俺は二匹目がいないかを、部屋の隅々までよく探した上で、土魔術で箱を作り、ネズミの死体を棒で挟んで、その中に入れて完全密封した。
 この死体は、焼却処分をするのが妥当だろうか。
 それとも、魔術ギルドあたりに預けて、研究してもらうのが妥当だろうか。
 後者だな。
 老人の言った魔石病の情報と合わせて報告すれば、本当かどうか確かめる術にもなる。
 もっとも、凍りついた死体から病原菌が取れるかどうかは分からないが。


 地下室から出て、鍵を閉めた。
 更に、穴を開けた部分を塞いだ。
 魔石病の細菌は空気感染しないし、感染力も弱いらしいが、何が起こるかわからない。
 しばらく、この地下室は開かずの扉となるだろう。

 俺は研究室へと戻ってきた。
 目が冴えて、寝られる気がしなかった。

 まずは、何をすべきだろうか。
 今できることは、なんだろうか。
 この、古ぼけた日記帳を読むべきだろうか。
 これを読めば、これから先、何が起こるかわかるかもしれない。
 だが、歴史は変わると言っていた。
 あるゲーム風に言うなら、ここは別の世界線。
 未来から俺が来て変化した世界だ。
 この日記を読んで予習をしても、その通りの事は、起こらない可能性も高い。

 ふと、インク壷と、机についた黒い染みが見えた。
 老人が魔力のこもった拳で叩いた跡。

 老人の言った、三つの事を思い出した。
 その中に、今この場で出来ることはあった。
 俺は椅子に座った。

「……」

 まず、エリスへの手紙を書くことにした。
第15章 青年期 召喚編 - 終 -

次章
第16章 青年期 人神編
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ