挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 作者:理不尽な孫の手

第13章 青少年期 迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

134/286

第百二十二話「トントン拍子」

 ロキシーを加え、迷宮の攻略が再開された。

 予定通り、一気に第三階層まで降りてしまう。
 第三階層の敵は朱凶蜘蛛タランチュラ・デスロード、アイアンクロウラーに加え、マッドスカルが加わる。

 マッドスカルはA級の魔物だ。
 外見は首のない泥の巨人である。
 大きさは2メートル半といった所か。
 横幅が大きく、ガッチリとして見える。
 胸のあたりにドクロが埋め込まれており、そこが弱点となる。
 そうだな、ジャ○ラとかサ○エルが近いかもしれない。

 動きは鈍重だが、泥の部分をいくら攻撃しても意味は無く、危険な状態になると胸のドクロを体内に隠す。
 攻撃方法としては泥の体で殴りつけるものの他、岩砲弾のような魔術を使ってくる。
 だが、奴がA級と目されるのは、それが理由ではない。
 こいつは知能の低い魔物を従える事が出来るのだ。

 マッドスカルは朱凶蜘蛛タランチュラ・デスロード、アイアンクロウラーを下僕とする。
 ゴーレムのような外見とは裏腹に知能は高く、アイアンクロウラーを前衛、朱凶蜘蛛を中衛、自分を後衛にしたフォーメーションを組んで襲ってくる。
 マッドスカルとは指揮官タイプの魔物なのだ。

 アイアンクロウラーが突進し、朱凶蜘蛛が粘糸で絡めとるという第二階層の戦術。
 そこにマッドスカルの指揮と岩砲弾が加わる。
 第二階層で苦戦していたパウロたちにとって、この戦術は厳しいものがあっただろう。
 戦うのに精一杯で、ロキシーの探索どころではなかったはずだ。

 しかしながら、俺とロキシーが加われば何も問題ない。
 結局の所、中衛にいる朱凶蜘蛛は大したことはないので、
 俺が後衛にいるマッドスカルを、ロキシーが前衛にいるアイアンクロウラーを率先して攻撃すればいいのだ。
 朱凶蜘蛛はパウロたち三人で十分に対応出来る。

 俺が後ろから、ロキシーが前から。
 そこで減った敵をパウロたちが、という形だな。


 マッドスカルは水に弱い。
 泥だからな。
 水分量が多くなってしまえば流れてしまう。
 もしくは火だ。
 泥を乾燥させてしまえば、奴は動かなくなる。

 だが、俺は岩砲弾で十分だ。
 魔眼を使って狙撃すれば、弱点であるドクロを一発で撃ち抜ける。
 ワンショットワンキルだな。
 俺は凄腕スナイパー。ただし開始地点(リスポーン)から動かない芋虫だ。

「ふぅ」

 敵を殲滅した後、ロキシーがため息をついた。
 俺は彼女の帽子のつばから覗く顔を見る。
 魔力が減っているのだろう、やや疲れ気味の顔だ。

 ふと、ロキシーが俺の方を向いた。
 見上げるような、やや斜め上目遣い。
 目が合うと、さっと眼をそらされた。

「そろそろ魔力切れです。休憩をお願いします」

 その言葉で、通路まで戻ってから休憩に入る。
 俺の方はまだまだ魔力総量には余裕がある。
 というか、多分半分も減っていない。
 基本的に岩砲弾しか使ってないし。
 『フロストノヴァ』で敵を凍らせるロキシーの方が、消耗が速いのは仕方がない。

「すいません、魔力総量が少ないもので」

 ロキシーは座り込みつつ、ぽつりと言った。

「いえ、十分あると思いますけど」

 ロキシーの魔術の精度は極めて高い。
 詠唱短縮でバンバン範囲魔術を使っているのに誤射が無い。
 たまに『水蒸ウォータースプラッシュ』の飛沫がパウロたちに掛かるが、
 その後の『氷結領域(アイシクルフィールド)』は驚くほど精密に敵だけを凍りつかせている。

 精密という事は、それだけ魔力を使っているはずだ。
 だというのに、彼女はかなりの長時間戦い続けられる。
 決して魔力総量が少ないわけではない。

 おそらく、シルフィと同等かそれ以上はあるだろう。

「さて、そろそろ第四階層への魔法陣が見つかってほしいもんだな」

 ギースが顎をぽりぽりと掻きつつ、本とマップを見比べている。

 第三階層に潜って、そろそろ2日が経過しようとしている。
 本の著者が第三階層を突破するのに掛かった日数は5日。
 俺たちは彼らよりもペースが早いし、第三階層自体は何度か行き来して、マップもできている。
 そろそろ次への魔法陣が見つかるだろうか。

「ルディ、ちょっと背中貸してもらっていいですか?」
「どうぞ」

 答えると、ロキシーが俺の背中にもたれかかってきた。
 休憩時間中、ロキシーは俺の背中にもたれて休む。
 岩の壁を背にするより、人の背中を背にしたほうが休まるのだろう。
 役得というやつだな。

「それにしても、ルディと迷宮に潜る事になるとは思っても見ませんでした」
「そうですね。俺の動きで何か注意する所とか、ありますか?」
「え? ……ルディはパーティとしての動きの基礎はできているので、何も言うことはありませんよ」
「ありがとうございます」
「無詠唱魔術で極めて高い精度で。凄いものですね」
「いえ、まだまだですよ」

 まだまだ。
 そう、まだまだだ。
 ロキシーを見ていると、本当にそう思えてくる。
 彼女は手持ちのカードを増やすことなく、できることを増やしている。
 カードの組み合わせで相手を圧倒しているのだ。
 俺も昔はそうしていたはずなのだが、いつしか岩砲弾と泥沼ばかり使うようになってしまった。

 これではいけないのだが、ある程度の相手にはそれで勝ててしまう。
 かと言って、想定している相手は小手先の技は通用しない。
 丁度いい相手もいない。
 目標は高く、目先の目標がない。
 これでは上達もできまい。

「ルディ」
「なんですか?」
「もし、ゼニスさんを助けだして、余裕ができたら、二人で迷宮に潜りませんか?」
「二人で、ですか?」
「はい。今は切羽詰まってますけど、迷宮探索は面白いものです。
 もっと簡単な迷宮に、二人でパーティを組んで潜ってみませんか?」

 迷宮か。
 正直、俺はギースがいなければ、あっさり罠とか踏抜きそうなんだが。
 しかし、ロキシーは一人でも迷宮を探索できる人だ。
 まあ、ちょっとドジだが実績もある。
 彼女に付いて行けば、あるいは踏破もできるだろう。

「いいですね。帰ったら、二人で迷宮に潜りましょうか」
「約束ですよ」
「ええ、約束です」

 視界の隅で、ロキシーの手がグッと握られていた。

「……あ、眠気がきました、ちょっと寝ます」
「はい、おやすみなさい」

 少しすると、背中のロキシーからくたりと力が抜けた。
 勢いで返事をしてしまったが、迷宮探索って結構な日数が掛かるよな。
 子育てとかもしないといけない俺に、そんな時間はあるのだろうか。

 ……まぁ、今すぐの話ではない。
 暇ができたらでいいのだ。
 子供が出来て、ある程度大きくなって、俺もシルフィも余裕が出来て。
 その頃には俺も20歳を超えてるだろうが、まぁ問題はあるまい。

 それにしても嬉しいな。
 ロキシーにパーティに誘ってもらえるとは。
 実力を認めてもらえた気分だ。
 彼女の前で悪い部分を見せないように気をつけないとな。

 なんて思いつつ、俺も少し眠った。


---


 第四階層への魔法陣を発見した後、第三階層を満遍なく捜索した。
 しかし、ゼニスの姿は影も形もない。


---


 第四階層に到達した。
 転移魔法陣を抜けた瞬間、周辺が様変わりしたので、一目で分かった。
 見覚えのある石造りの壁。
 やはり、転移魔法陣のあった遺跡に似ている。
 同系統の遺跡が迷宮化したのか。

「ギース、どうする?」
「ん? まだ少し余裕があるな」
「よし、じゃあ第四階層の雰囲気を確かめてから、一旦もどるぞ」

 キョロキョロと周囲を見回す俺に、パウロがキリッとした顔で言った。
 凹んでいる時のパウロはどこからどう見てもダメ人間だが、
 しかしやはり、仕事をしている時のパウロはかっこいいな。
 ゼニスがあの姿を見て惚れたのだとしても、おかしい事だとは思わない。
 俺にもあの血が流れているのなら、シルフィがよく俺に言ってくれるお世辞も本心なのかもしれない。

「先生、真面目な顔してる時の俺ってカッコイイですか?」

 ふと、ロキシーにそんな事を聞いてしまった。
 ちょっとナルシストっぽかったかもしれない。
 ロキシーは帽子のつばからチラリと俺の方を見て、言葉を濁した。

「え? あー、うー、えーと。ま、まあカッコイイですよ?」

 そして、サッと顔を逸らした。
 オーケー。
 その反応だけで十分さ。
 気持ちは伝わった。
 答えにくい事を聞いてしまいましたね。
 失敬。ちょっと調子に乗っていたようだ。
 でも俺はロキシーがキャピっと「あたしってカワイイ?」と聞いてきたら、サイリウムを両手に歓声上げて肯定するよ。最前列で。

 男は顔じゃない。
 ハートだよ。
 真っ赤に熱された鋼のハートが必要なんだ。
 そんなハートでぶん殴ればどいつもこいつも一撃でノックアウトだ。

「ルディ、敵だ」

 前を見ると、鎧を来た四本腕の鎧が二体、歩いてくる所だった。
 アーマードウォリアーだ。
 一応、この手の鎧はアンデッドに属するらしい。
 そして、アンデッドに効くのは神撃と岩だ。
 質量のある大きめの岩砲弾をぶちかましてやれば、だいたい一撃で粉々になる。

「岩砲弾で先制します」
「あ、ルディ。いけません」

 杖を構えた所で、ロキシーに止められた。

「アーマードウォリアーは水神流の技を使うと聞いています。
 うかつに魔術を放てばカウンターが飛んできます」

 水神流。
 あまり出会った事は無いが、受け流しとカウンターを主体とした剣術だ。
 この受け流しやカウンターは、なぜか魔術に対しても有効だ。
 何をどうすればそうなるのかわからないが、 
 攻撃魔術に対するカウンターとして剣閃を飛ばす技があるという。

 普通なら大丈夫だと思う所だが、相手は四本も剣を持っている。
 人間ではないのだから、四人同時に相手して、全てにカウンターをあわせるとかもやってくるかもしれない。

「なるほど、ではどうすれば?」
「足を止めて、援護に徹しましょう。初めての魔物ですから、まずは慎重に」
「了解。父さん、泥沼を使います、足元に気をつけてください!」
「おう!」

 鎧系の魔物はパワーがあり剣の腕も凄まじいが、足は遅い。
 また、鎧は重く、泥に沈みやすい。
 とは言え、あまり深い泥を発生させると、底が抜ける可能性もある。
 そうそう崩落にはつながらないとは思うが、しかし地形変化の魔術はほどほどにした方がいいな。
 膝ぐらいか。

「『泥沼』!」

 アーマードウォリアーが足を踏み出そうとした所に、泥沼を発生させる。
 奴らは両方、ズブンと太もものあたりまで泥に沈んだ。
 そこに、前衛二人が躍りかかる。

「パウロ。わたくしが左のをやりますわ」
「わかった……お前はいつも左だよな」
「壁側に剣があるとやりにくいんですのよ」
「わがままかよ……っとアブねえ」

 パウロは余裕そうだ。
 右手の剣でアーマードウォリアーの斬撃を受け流し、
 左手の短剣であっというまに腕の一本を切り落とした。
 硬そうな鎧だが、関係ないらしい。
 剣神流の剣士は化物だな。
 それとも、あの短剣の切れ味がいいのだろうか。

 エリナリーゼは少々押され気味だ。
 決して大きな攻撃をもらうわけではないが、彼女の攻撃力では、有効打を与えられない。

「援護しましょう。ルディ、同時に魔術を放ちます。エリナリーゼさんの方です」
「了解」

 杖を構える。
 使うのは岩砲弾だ。
 足を止めている今なら、回避されることもない。
 ただ、どれだけの速度を受け流されるかはやってみないとわからない。

「タルハンドさん!」
「おう!」

 タルハンドが盾を構えて俺たちの前に立つ。
 もし斬撃が飛んできたら、自分が壁になるというのか。
 即死でなければ、俺は上級治癒魔術を使える。
 急所だけは避けて欲しい所だ。

「『岩砲弾(ストーンキャノン)』!」
「勇壮なる氷剣にて彼の者に断罪を!
 『氷霜刃(アイシクルエッジ)』!」

 ロキシーと時間差で同時に魔術を放つ。
 弾丸型の砲弾と、八つ○き光輪のような氷刃が飛ぶ。

 鎧は咄嗟にそれらを受け流そうとした。
 二つの剣が動き、迎撃の動きを見せた所で、タイミングよくエリナリーゼがシールドで殴りつけたため、姿勢が崩れる。
 岩砲弾は鎧の腕を引きちぎり、氷刃が鎧の胸に深々と突き刺さった。
 鎧が動きを止め、すぐにバラバラになって崩れ落ちた。

 それと同時に、パウロの戦闘も終わっていた。

「さすがにA級ともなると、すぐには倒せねえな」

 などと言っているが、戦闘時間は一分程度だ。
 一撃で倒せないというだけで、苦戦すらしていない。
 さすが、三大剣術を三つとも上級で取っているだけある。

 才能的には、聖級まで行けたレベルではあるのだろう。
 いや、実際の所、パウロは聖級並に強いのかもしれない。
 人の強さなんて、ランクではなかなか測れないしな。

「父さん、もしかして、前よりちょっと強くなりました?」

 ああ、いかん。
 調子に乗らせるような事を言ってしまった。
 盛大な自慢話が始まってしまうかもしれない。

「ん? いや、そんな事はない。昔より弱いぐらいだ」

 しかし、パウロはニコリともせず、こちらを一瞥しただけで前を向く。

「さぁ、油断しないで行くぞ」

 パウロの言葉に、俺も気を引き締めた。
 そうだ。
 今は迷宮の中、気を引き締めて行かなければならない。
 それにしても今日のパウロはかっこいいな。
 このかっこいい所を、ノルンにでも教えてやれば喜ぶだろうか。

「あら?」

 と、そこでエリナリーゼがひょいとパウロの顔を覗きこんだ。
 そして、口元に手をあててニタリと笑う。

「パウロったら、何をにやけてますの、気持ち悪い」
「いいんだよそういう事は口に出さなくて」
「ルーデウスに褒められたのがよっぽど嬉しかったんですのね。わかりますわよ。くすくす」
「うるせぇな、黙れよ」

 前言撤回。
 やはりパウロはパウロなようだ。


 その後、何体かアーマードウォリアーとマッドスカルを倒した所で、帰還した。
 徒歩で約15時間。
 さすがに時間が掛かるな。

 こんなのんびりしていてゼニスは大丈夫なのだろうか。
 いや、焦ってロキシーのように二次遭難に遭うのは避けなければいけない。
 慎重にだ。
 今のところはうまく行っている。

 緊張しつつも緊張しすぎず、心にも多少の余裕を持てている。
 コンディションは最高だ。
 このまま行くのがベストだろう。


---


 一度戻り、装備などを点検して戻ってくる。

 その後、すぐに会議だ。
 そこでいくつか必要なものが出てきたため買い出しに赴く。

 光の精霊のスクロールもやや足りなくなっていたので、書き足しておく。
 さすが迷宮都市ラパンというべきか、魔法陣用の染料や羊皮紙もあるらしく、問題無く作れた。
 一枚作ったら、あとはシェラさんが全てやってくれた。
 ミリス教団のバイトにスクロールを書くというものがあるらしく、得意なのだそうだ。
 今日中に50枚は作ると言い切った。
 頼もしい。

 ギースは鎧系の魔物に通用するような薬品を購入していた。
 命中すると、関節部にまとわりついて動きを鈍くするのだそうだ。
 重いんだから地面に油でも巻けばいいんじゃないかと提案すると、それじゃパウロがコケるだろと笑われた。
 それもそうかと返すと、ゲラゲラと笑われた。

 パウロとエリナリーゼは剣を見ていた。
 エリナリーゼ用に掘り出し物の剣がないか探しているらしい。
 彼女のエストックは魔力付与品(マジックアイテム)だ。
 振れば剣先から真空の刃が飛び出す能力を持っている。
 が、アーマードウォリアーを相手にするにはやや不便だ。
 そうでなくとも、アイアンクロウラーといい、硬い相手にやや苦戦している。
 分からないでもない。

 パウロが左手に持っている短剣はラパンで購入した魔力付与品(マジックアイテム)だそうだ。
 相手が硬ければ硬いほど切れ味を増すという『鎧通し(アーマーブレイク)』の能力を持っているらしい。
 かなりレアな能力だ。
 レアすぎて市場では能力が判別できず、干し肉すら切れないナマクラ扱いされ、投げ売りされていたそうだ。

 パウロは「オレの慧眼がこの剣の能力を見ぬいたのだ」とか言っていた。
 けれど、俺は知っている。
 この能力はブエナ村で読んだ『ペルギウスの伝説』に出てくる戦士が持っていた武器にもついていた。
 干し肉すら切れないが、鋼の塊を真っ二つにする魔剣があると。
 パウロは『干し肉すら切れない』という所でピンときたに違いない。

 しかしまぁ、どうりでアーマードウォリアー相手に高い攻撃力を発揮するわけだ。
 利き手ではない方でも有効打を与えられるなら、そりゃ強いわ。

 エリナリーゼは一本のグラディウスを購入した。
 刺突すると衝撃波が発生する能力が付与されているらしい。
 ダメージは高くないが、咄嗟の時に相手を後ろにふっ飛ばして距離を取れる。

 実用的な能力であるがゆえ、かなりお高いお値段だったが、エリナリーゼは懐から丸い魔力結晶を幾つか取り出し、それで購入した。
 あの魔力結晶、いったいいくつ持ってるんだろうか。


 夜には、タルハンド、ロキシーと共に酒を飲んだ。
 成人なんだから酒くらい飲めるだろう、と。
 とはいえ、ロキシーの前でベロンベロンに酔っ払うわけにもいかない。
 付き合い程度だ。

 議題は魔術師三人による打ち合わせだったはずだが、
 いつしかタルハンド先生による『男とはなんぞや』という講義に変わっていた。
 男とはすなわち筋肉であり、黄金の肉体を持つ者に黄金の精神が宿るというお話だ。
 魔術師のする会話ではない。
 しかし有意義な話ではあった。
 そうだな、やはり男はたくましくあらねばならん。
 まあ、ロキシーはそのへんどうでもいいらしく、眠そうにしていたが。
 仕方あるまい。

 そんな休日を過ごした後、リーリャに行ってらっしゃいませと言われ、迷宮に入り直す。


---


 第四階層はあっさりと突破出来た。
 装備の変更と入念な準備もあったが、運もよかった。
 ほぼ一直線にゴールにたどり着く事ができたのだ。
 時間にして三時間程度だろう。
 魔物にもほとんど遭遇しなかった。

 俺たちは一旦第四階層へと戻り、マップを埋めるように歩き回る。
 ゼニスの姿は、やはり無い。


 その後、一度帰還してから第五階層を攻略し始める。

 第五階層からは、マッドスカル、アーマードウォリアーに加え、イートデビルが出現する。
 イートデビルは、でかい口と鋭い牙を持った悪魔だ。
 長い手足と、天井に張り付くような鋭い爪を持っている。
 一言で言えば、某エイリアンみたいな感じだな。
 あそこまで怖い外見はしていないが。

 イートデビルは強敵だ。
 なにせ、天井や壁を移動してくる。

 天井や壁を移動してくるということは、つまりフォーメーションが役に立たないという事だ。
 アーマードウォリアーと戦うパウロやエリナリーゼを素通りして、俺達の所までやってくる。
 背筋の寒くなるような光景だ。

 最初の襲撃は防げた。
 イートデビル自体はそう強くは無い。
 スピードがあり、攻撃力も高そうだが、防御力は低く、タフでもない。
 天井からは叩けば落ちるので、エリナリーゼが率先して新武器を使う事で、事無きを得た。

 イートデビルは倒せる。
 A級と言っても、奇抜な動きにさえ慣れてしまえば、地力のあるアーマードウォリアーの方が難敵であると言える。
 しかし、視線が上に行くのはまずい。
 上に注意を引かれるということは、つまり地面の罠に気づかなくなる。
 うっかり転移罠を踏んでしまい、変な所に転移する可能性もある。

「さて、あれを使うか」

 本来なら、ここは一旦戻って悩む所だろうが、俺たちには攻略本がある。
 『転移の迷宮探索記』には、イートデビルに対する画期的な対処法が書かれていた。

 奴らはある種の匂いを非常に嫌がる。
 食用として売られているタルフロの木の根を香として焚くと、天井から地面に降りてくるのだ。
 しかも地面近くに伏せて、できる限り煙から逃れようという姿勢を取る。
 そのため、非常に戦いやすい。
 これならB級どころかC級でもいいぐらいだ。

 この本の著者は本当によく研究しているな。


 というわけで、第五階層もあっというまにクリアできた。
 次の階層への魔法陣が見つからず少し歩きまわる事になったが、俺達の目的は迷宮の踏破ではなく、ゼニスの捜索だ。
 何も問題はない。
 むしろ好都合と言えよう。


---


 そして、第六階層へと至った。

「ギース、どうだ?」
「いけるぜ」

 主語の抜けたパウロの問に、ギースも短く答える。
 消耗はほとんど無い。
 準備は万端だ。
 今は勢いもある。

「よし、じゃあ戻らず、このまま行くぞ」
「了解」

 準備はできており、消耗もない。
 なら、戻る必要もない。
 攻略は続く。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ