挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 作者:理不尽な孫の手

第11章 青少年期 妹編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

121/286

 間話「牙を砥ぐ」

 剣の聖地。
 そこから北へ一時間ほど歩いた、名も無き岬。
 そこで一人の少女が素振りをしていた。
 剣神流の型でもなんでもない、ただの素振りである。
 少女の名を、エリス・グレイラットと言った。

「…………」

 エリス・グレイラットは剣を振る。

 無心に剣を振る。
 誰もいない一人きりの空間で。

 無心に、ただ無心に。
 雑念の入った素振りは、意味のない素振りである。
 形をなぞっただけの素振りには、何の意味もない。

 雑念が入らない無心の剣であるなら、
 素振りを一振りする度に自分が研ぎ澄まされる。
 向こうがハッキリ透けて見えるほどの薄皮一枚程度の分だけ、研ぎ澄まされる。
 薄皮一枚分だけ、強くなる。

 それをどれだけ積み重ねればいいのか。
 どれだけ続ければ、オルステッドという高さに届くのか。
 エリスにはわからない。
 誰にもわからない。
 ――あるいは、どれだけ自分を削りとっても、オルステッドには届かないのかもしれない。
 そう思う事こそが、雑念である。

「……ちっ」

 エリスは舌打ちを一つ、頭を振り、座り込む。
 そして考える。

 面倒な事だ。
 オルステッドを倒したい。
 そう思えば思うほど、オルステッドから遠のく。

 かつて、エリスの師匠ギレーヌは言った。
 考えろ、と。

 しかし、エリスは考えるのが苦手だ。
 どれだけ頭を捻った所で、結論を導き出せないからだ。

 それに対し、二番目の師匠ルイジェルドはよかった。
 『わかったか』と聞いてきた。
 無言で叩きのめし、ただわかったか、と。
 エリスが分かるまで、繰り返し、繰り返し、何度も何度も。
 頭を使わなくても、同じ所に立てるように。

 ギレーヌは尊敬している。
 ルイジェルドも尊敬している。
 忌々しい事に剣神の教えは、尊敬する二人の良い所を内包していた。

 ただ無心で剣を振れ。
 無心で剣を振って、疲れたら座って休んで考えろ。
 考えるのに疲れたら、また立ち上がって剣を振れ。

 剣神は、それをエリスに命じた。
 エリスは言われるがまま、剣を振る。
 振って、座って、振って、座って。
 腹が減ったら、何かを食べた。
 また振って、座ってを繰り返した。
 最初は道場でやっていた。
 けれど、そうしていると誰かが邪魔をしにくる。

 邪魔をしてくるのは、大抵は同じ道場の女だった。
 やれ、朝の打ち合い稽古にあんたも参加しなさいだとか。
 やれ、飯が出来たから食べにきなさいだとか。
 やれ、ちょっと稽古に付き合ってだとか。
 やれ、臭いから風呂に入れだとか。

 そいつの事がうっとおしくなって、エリスは道場を出た。
 道場を出て、まっすぐ歩いて。
 誰もいない岬を見つけて、そこで素振りをした。
 飯は道場の台所から取ってきたものを食べるか、
 もしくはたまに襲い掛かってくる魔物を倒して食べた。
 寒い時は道場から薪を何本か持ってきて、それを魔術で燃やした。
 眠くなったら道場に帰って好きなだけ眠った。

 そんな生活を、エリスはもう半年続けている。

 振って、考えて、振って、考えて。
 一つ、エリスにもわかった事がある。
 剣を振るというのは、難しい事だった。

 小さな頃は、勉強なんかよりずっと簡単で自分に向いていると思っていた。
 その考えは今でもそう変わっていない。
 自分には勉強より、剣を振る方が性に合っている。

 けれど、少なくとも簡単ではなかった。
 思えば、人に教えられる分だけ、勉強の方が簡単なのかもしれない。

 ただ、振り上げて、振り下ろす。
 それだけの事がどうしてもうまくならない。
 もっと速く振り上げられるはず。
 もっと速く振り下ろせるはず。
 そう思いながら剣を振る。

 半年前の自分よりは、きっと速くなった。
 でも、ギレーヌはもっと速い。
 ルイジェルドはもっと速い。
 剣神はもっと速い。
 そして、オルステッドはもっともっと速い。

 エリスは座る。
 考える。
 剣を振る方法を考える。
 剣神やルイジェルドやオルステッドの姿を思い出して。

 剣神はどう動いていたか。
 ルイジェルドは、そしてオルステッドは。

 彼らの指先から、肩までの全ての細胞の動きを模倣するように。
 そして、模倣からさらに先を目指す。
 超越するのだ。

 しかしその方法はわからない。
 わからない。
 わかるはずもない。
 エリスは考えるのが苦手なのだ。

 考え疲れたら、また立ち上がって剣を振った。
 何も考えずに剣を振った。

 振り上げて、振り下ろす。
 もっと速く。
 振り上げて、振り下ろす。
 もっと速く。

 何十回も、何百回も、何千回も繰り返す。
 すると、また雑念が交じる。
 雑念が交じるのは、疲れた時だ。

「……ちっ」

 舌打ちを一つ、エリスは座る。
 手が痛い。豆が潰れていた。
 懐から布を取り出し、無造作に巻いた。

 エリスは辛いとは思わない。
 三年前、赤竜の下顎での事はいつだって思い出せる。
 あれに比べれば、なんでも耐えられる気がした。
 だから辛くはない。
 痛みも、辛さも、もどかしさも。
 そして今、一人でいることも、傍に彼がいない事も。

「ルーデウス……」

 ぽつりとつぶやく。
 ただし、それ以上は考えない。
 エリスは考えるのが苦手だからだ。
 彼女は決して、楽観的な考えだけをできるわけではない。
 深く考えてしまえば、自分が「折れる」であろう事を理解していた。

「ふぅー……」

 3年。
 強くなったと思うが、まだまだだ。

 エリスはまた立ち上がり、剣を振りはじめた。


---


 エリスが眠気を抑えて帰ってきた時、
 道場の入り口に見慣れぬ男が立っていた。

 奇抜な男であった。
 虹色の上着に、膝までしかない下履き、腰には四本の剣。
 頬には孔雀の刺青があり、髪型はパラボラアンテナのように開いていた。

 彼はエリスを見つけると、頭を少し下げて、挨拶をしようとした。

「某は北……」
「どきなさい」

 エリスは、道場に入るのに邪魔な位置にいるその男に、ただ一言。
 それ以上の事を言う気力は無かった。

 エリスは素振りによって限界まで研ぎ澄まされていた。
 野獣のようなギラついた眼光。
 全身からほとばしる、照り付くような殺気。
 何者を寄せ付けぬ野生の生き物がそこにいた。

「……っ!」

 男は咄嗟に剣を抜いた。

「邪魔よ、どきなさい」

 エリスは一歩進んでそう言った。
 彼女にとって、目の前の男は邪魔でしか無かった。
 自分のねぐらのある場所までの最短距離に立つ、邪魔な石コロだった。

「な、なんだ、こいつは……」

 男は最初、エリスが言葉を発している事がわからなかった。
 目の前にいるのは、飢えた獣である。
 獣が空腹で獲物を探している所に、運悪く遭遇した。
 己の経験から、そう判断した。

 獣が言葉を発するとは、思えなかったのだ。
 しかし数秒、エリスが剣を構えたのを見てようやく彼女の正体を察した。
 彼女はどうやら人間で、そして剣士であるらしい。

「某は『孔雀剣』のオーベールと申す。剣神流の門弟とお見受けする、どうか剣神様にお取次ぎをお願いしたく……」
「どけと、言っているのよ」

 イライラしながら、さらに一歩、エリスは歩を勧めた。
 彼女は「どけ」と言っている。
 しかし、オーベールと名乗る男には、その言葉は届かない。
 ただ殺気だけが届いていた。

 問答無用。
 男の脳裏に浮かんだのはそんな言葉である。
 恐らく、次の一歩で彼女の間合いに入る。
 それを察知し、オーベールは右手で剣を握りしめ、左手を腰の小剣の柄頭へと移動させた。
 しかし、その持ち手は普段とは逆であった。
 刃のついていない、剣の背を向けている。

 間合いに入った。
 エリスは、その瞬間目の前の石をどけようと判断した。

「シッ!」

 エリスの剣が走った。
 素振りによって限界まで研ぎ澄まされた『光の太刀』。
 並の者では、防御する事もままならない、剣神流の必殺剣。

「フッ!」

 並の者では。
 オーベールは両手にそれぞれ剣を握り、それを受け流した。
 エリスはそれを敏感に察知し、返す刀を振るう。

「っ……!」

 エリスの剣はオーベールの左剣によって押さえられた。
 オーベールは片手、対するエリスは両手持ちをしている。
 力は拮抗しない。
 エリスの剣はいとも簡単に振りぬかれる。
 しかし流される。
 男のパラボナアンテナ髪の端を切り裂くにとどまった。
 エリスの体は流れ、軸足が一歩、たたらを踏む。

 瞬間。
 オーベールの右剣が動いた。
 エリスの首目掛けて、凄まじい速度で。

「ちっ!」

 エリスは剣を手放し、しゃがみ込むように地面へと転がった。
 オーベールの剣はエリスの首のあった空間を薙いだ。

 エリスは猫のように体を反転させる。
 目指すは己の剣である。
 オーベールは即座にエリスの剣を蹴り飛ばした。
 剣は雪の中へと埋まった。

 勝負あり、であろう。
 普通なら。

 しかしエリスは止まらない。
 剣が無理と見るや、無手のままオーベールに飛びかかった。

 オーベールはとっさに剣の腹でエリスの横っ面を思い切りひっぱたいた。
 頸の骨がねじ切れるほどの衝撃。
 エリスの頬に一筋の傷が残る。
 しかし。
 しかしエリスは止まらない。

「ガアァァァ!」

 エリスはオーベールの顎先めがけて拳を振りぬく。
 オーベールはそれを、剣を持ったままの左手で受け止めようとする。

「むぅっ!」

 オーベールの左手にエリスの手が絡みついた。
 剣柄に指が掛かる。
 剣を奪おうというのだ。

 オーベールの背筋に寒気が走った。
 この獣は殺さなければ止まらないと悟った。
 まとわりつく女を乱暴に蹴り飛ばす。
 今まで逆に持っていた剣を持ち直した。

 エリスが蹴り飛ばされた場所には、運よく彼女の剣があった。
 荒い息をつきながら、彼女は剣を拾い上げた。
 殺すしかない。
 オーベールが本気で構え、殺気を放った時。

「そこまでだ」

 唐突に声が駆られた。
 殺気が静止する。
 エリスもまた、その殺気を受けて動きを止めていた。

 道場への入り口。
 いつしか、剣神が立っていた。
 オーベールは剣を収め、エリスは仰向けにバタリと倒れた。
 荒い息をついて空を見上げる。
 その顔は悔しさで歪んでいた。

 オーベールは右手を胸にあて、頭を下げた。

「お久しぶりです、剣神様」
「よくきたな、『北帝』」
「お手紙を拝見いたしまして……そうしたらあの子が」
「おう、すげぇだろ?」
「……これほどまで苛烈な剣士は、初めて見申した。まるで獣のような……ああ、これが例の狂犬と呼ばれている子ですか」

 オーベールと剣神の会話を聞きつつ、エリスが立ち上がる。
 幽鬼のようによろよろと。
 その姿を見て、オーベールが剣を構える。

「……」

 エリスはギロリとオーベールをひと睨みし、道場へと入っていった。

「……」

 エリスはあっけにとられるオーベールに振り返る事なく、建物へと入っていく。
 頬の傷を拭いながら、雪を落とすことなく廊下を歩き自室へと入る。
 そして、剣を枕元に放り投げると、固いベッドへと倒れこんだ。
 そのまま、泥のように眠った。

 敗北に悔しさはあった。
 だが、今のエリスにとっては、些細な事であった。


---


 その日の夕方。
 ギレーヌは当座の間に訪れた。

 そこには、剣神ガル・ファリオンと、
 客人である『北帝オーベール』が座していた。

 奇抜な頭髪に、珍妙な衣装。
 やや眉をひそめたギレーヌ。
 しかし、彼女はそれを気に留める素振りを見せず、ズカズカと剣神の所まで歩いた。
 そして、単刀直入に聞く。

「師匠、なぜエリスに何も教えない」

 剣神はその言葉を聞き、ヘッと笑った。

「教えたじゃねえか」
「素振りの仕方をか?」
「違う、鍛錬の仕方をだ」

 剣神はただ当然とばかりに答えた。
 その声音には、普段の荒々しさが微塵もなかった。
 静かな答えである。
 ギレーヌはそんな師匠が気に食わない。
 なので、足りない頭を絞り、言葉を選ぶ。

「師匠はいつも言っていたはずだ。全てを合理的にやれ、と」
「言ったな」
「エリスのあれはなんだ、毎日馬鹿みたいに一つ覚えに素振りをして、どこが合理的なんだ」
「あぁ……?」

 剣神は、めんどくさそうにギレーヌを見た。

「お前、いつからそんなめんどくせぇ事を言うようになったんだ?」
「ここに戻ってくる前からだ!」
「……もう、師匠のいうことは聞けねえってのか?」
「しかし……うっ!」

 ギレーヌは、いつしか剣を突きつけられていた。
 常人であれば、剣神の手に唐突に剣が出現したように見えただろう。
 ギレーヌには、その抜刀のモーションは見えた。
 だが、反応は出来なかった。
 当代最速の男を前には、いかに剣王といえど、まともな反応は出来ないのだ。

「ギレーヌ。俺様はな、お前の教育に少しだけ、後悔してんだ」
「……」
「あの飢えた虎みてえだったギレーヌが、牙の抜けた子猫ちゃんになっちまった。
 あのままでいきゃあ、お前も今頃は剣帝だったのによぉ」

 剣神の言葉に、ギレーヌはごくりとつばを飲み込む。
 最近、ギレーヌは己が弱くなったのを感じていた。

 だが、彼女は今の自分を悪いと思っていない。
 確かに、自分の剣の成長は止まった。
 これ以上、強くなれそうもない。
 だが、そのかわりに、大きなものを得た。
 知恵や知識だ。
 剣術では、決して得られないものだ。

「俺様は、もう牙は抜かねえ」

 剣神は剣を収めた。
 これでわかるだろう、といわんばかりに。
 しかし、ギレーヌはムッとしつつ、言う。

「意味がわからん。
 なぜ、稽古をつけてやらんのだ。
 あれではエリスが可哀想ではないか」

 剣神はため息をついた。
 ギレーヌは一から十まで説明しなければわからない子供だった、と。

「いいかギレーヌ。
 俺様を越えたきゃ、合理を突き詰めていけば、いずれ越えられる。
 俺様自身が、合理を突き詰めた結果だからな。
 まあ、もちろん剣神になりたけりゃ、相応の努力やら才能やらも必要だが、まぁそれはいい。
 あいつが目指しているのは、龍神だ。
 龍神オルステッドだ。
 奴は『合理の外にいる存在』だ。
 桁違いの化け物だ。
 俺様の教えだけじゃ、絶対に勝てない」

 剣神は、懐かしそうに目を細めた。
 彼は実際に龍神と戦った事があった。
 まだ剣神と呼ばれる前、一人の鼻っ柱の強い剣聖だった頃の話である。
 結果はボロ負けで、なぜ命を奪われなかったのか、それどころか、なぜ五体満足だったのかすら、わからないレベルだ。
 鼻っ柱を叩き折られた彼は、それからオルステッドを目指して、ずっと鍛えてきた。
 その結果、剣神になった。
 だからこそ、この一件については、他に口を挟まれたくないと考えていた。

「なぁ、ギレーヌ。修行ってのは、お稽古じゃないんだぜ?
 まして目標があるなら、人のいうことハイハイ聞いたって意味はねえ。だろ?」
「……師匠は、いつも難しい事をいう。あたしにはわからない」
「ハッ」

 ギレーヌは答え。
 剣神は鼻で笑った。
 そうだ、こいつは一から十まで丁寧に説明してもわからない奴だった、と。

「ま、要するに俺に教えてもらうだけじゃだめだってことだ。
 そのために、色々用意してやんのさ。手始めに、こいつだ」

 そう言って、剣神はオーベールを指した。
 オーベールはギレーヌに、顎を引いて挨拶をする。

「某の名は北帝オーベール・コルベット。巷では『孔雀剣』と呼ばれている」

 ギレーヌは顔をしかめた。
 オーベールの体から、言い得ぬ刺激臭がしていたからだ。
 柑橘系の強い臭い。恐らくは香水であろう。
 獣族であるギレーヌにとって、不快な匂いである。

「北神流が何の用だ?」
「剣神様より頼まれ申した。弟子の一人に稽古をつけてほしい、と」

 ギレーヌは更に訝しげな表情を作った。
 そして、剣神に問いかける。

「なぜ北神流を? エリスには、こいつらのような姑息な手は似合わんはずだ」
「龍神が使ってくるからだ」

 その言葉に、ギレーヌの表情は訝しさを深めた。
 龍神が北神流の剣士という話は、聞いたことがなかった。
 もし彼が北神流の剣士であるなら、列強二位は北神であろう。

「龍神とは、一体何者なのだ?」
「知るかよ……。
 ただな、あいつは、いわゆる剣神流とか、北神流とか。
 そういう流派の定石みてーなものは全て網羅している。
 当然、使っても対処されるし、向こうも使ってくる。
 なら、こっちも覚えとかなきゃ、互角には戦えねえ」

 ギレーヌの顔から険しさがとれた。
 相手が使ってくる技を覚える。
 実に合理的な結論だったからである。

「なるほど、ではいずれ、水神流も呼ぶのか?」
「ああ、手紙は送ってある」
「そうか」

 ギレーヌの尻尾がゆらゆらと機嫌良さそうに揺れる。
 剣神はそれを見て、「へっ」と苦笑した。
 自分のわかりやすい答えがあれば納得する。
 そのへんは、昔から何も変わっていなかった。

「では、北帝殿、ごゆるりと滞在なされるよう」

 ギレーヌは己の疑問が氷解したため、立ち上がり、北帝に挨拶をした。
 片膝をついた、剣神流に伝わる独特な作法で。

「うむ、剣王殿。お世話になり申す」

 オーベールもまた、胸に手を当てて返礼する。
 こうして、エリスの修行がまた一段階進んだ。


---


 エリスが『北聖』の認可を受けるのは、一年後の事である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ