挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 作者:理不尽な孫の手

第11章 青少年期 妹編

117/286

第百六話「兄貴の気持ち」

 シルフィと一緒に学校に登校してきた時、
 俺はノルンの引きこもりを知った。

 教えてくれたのはリニアとプルセナだ。
 彼女らは朝一番、校門の前で待っていた。
 そこで昨日一日ノルンが寮の自室に閉じこもって出てこない、と教えてくれた。

「……ボク、見てくる!」

 それを聞いた途端、シルフィは女子寮に向かって走り出した。

 俺はというと、動きを止めた。
 そのままシルフィについていけばいいのに。
 「ノルンが引きこもった」という事実を前に、テンパってしまった。

 俺にとって、引きこもるとは、それだけ重い意味を持っていた。

「ボス……行かなくていいのか?」
「ほうっておくの?」

 俺は呆然としていた。
 どうすべきか。何をすべきか。
 わからなかった。

 自分の時は、引きこもったら出てこなかった。
 なぜか。
 外には、敵が多かったからだ。
 学校にいけば、またいじめられると考えたからだ。

 そう。
 いじめだ。
 引きこもりを外に出しても、いやな目にあうだけだ。
 なら俺がすべきは、原因の排除だ。
 ノルンに会うより前に、ノルンが引きこもった理由をなくすのだ。
 咄嗟にそう考えた。

 理由。
 真っ先に思いついたのが、イジメである。

 自分の記憶がまざまざと思い浮かぶ。
 高校の食堂。
 5分ほど並んで、ようやく自分の順番がきたと思ったら、
 いきなり前に割り込んできた、強面の不良たち。
 俺はくだらない正義感をもって、彼らを注意した。
 はぁ? しらねぇよ、としらばっくれる不良ども。
 俺は声を大にして、周囲の人々に聞こえるように、彼らの行いを喧伝した。
 チラチラとこちらを見てくる周囲。
 俺は得意げになって、自分の正義を主張した。

 そして、ボコボコにされた。
 二度と立ち上がれないぐらいに打ちのめされた。
 ちょっとした出来事で、日常生活は地獄に変わる。

 ノルンがもし、同じ地獄を味わっているというのなら、
 俺はそこから救い出してやりたい。
 不良どもをぶちのめして、居場所を作ってやりたいと思う。

 不良の保護者が出てきたら戦おう。
 貴族や王族だろうがかまうものか。
 全力で抗ってやる。
 俺を本気にさせたことを後悔させてやる。

 たとえ、ノルンの行いや言動が発端だったとしても。
 世の中にはやっていいことと、悪いことがあるのだ。

 ノルンは俺の妹だ。
 俺の事が嫌いで、アイシャの事が嫌いで、
 そして今の状況が全部気に食わないと思っていても。
 俺の妹だ。

 兄貴というものは、弟や妹を守らないといけないのだ。
 見捨ててはいけないのだ。


---


 俺は、リニアとプルセナを引き連れ、一年生の教室へと向かった。
 一人でも良かったが、俺は自分の風貌には自信がない。
 リニアとプルセナが一緒なら、ナメられる事もないだろう。

「ボス……」
「リニア、やめるの、なんか本気で怒ってるの、怖いの」

 二人は、俺の行動に関して、少々疑問を持っているようだ。
 わからないでもない。
 俺だって、自分がみっともない行動をしている自覚はある。
 付き合わされる方の情けない気持ちもわからないでもない。

 だが、今の俺はモンスターペアレントだ。
 恥は掻き捨てる。

 一年の教室、ノルンの通う部屋にたどり着いた。
 すでにホームルームは始まっているようだ。

「失礼します」

 俺は扉を開け、堂々と中へと入る。

「る、ルーデウス……さん。今は授業中で」
「少々、お時間を拝借します。いいですね」
「しかし」
「いいですね」

 俺は教師を押しのけて、教壇に立った。
 教室内を見回す。
 どいつもこいつもきょとんとした顔をしている。
 この中にノルンをいたぶった奴がいるのだ。
 殴ったり、蹴ったりしたのか。
 もしかすると言葉の暴力かもしれない。
 こちらに来て、家族ともうまくいってないノルンに声のナイフを浴びせかけ、八つ裂きにしたのだ。

「皆さんご存知かと思いますが、先日この教室の一名が不登校になりました」
「……」
「皆さんご存知かどうかはわかりませんが、僕の妹です」

 教室内がざわめいた。

「まだ妹から事情は聞いていませんが、
 不登校になる理由というのは、それほど多くはありません。
 学校に行きたくなくなるような理由。
 それを作った人が、この中にいる。
 僕はそう思っています」

 俺は教室の中を見渡して言う。
 俺と目があって、何人かが目を伏せた。
 ちょっと強面で、まだ一年だというのに制服を着崩している。
 怪しい。あいつらかもしれん。
 ていうか、あれ、もしかして一号生筆頭じゃないのか。
 名前は思い出せないが。
 まさかあいつらが……。
 いや、まだそうと決め付けるのは早計だ。

「そうした方に、多くは望みません。
 もしかすると、遊びのつもりだったり、
 妹と仲良くしようとして、つい変な流れになってしまったのかもしれない。
 きっとうちの妹にも悪い所はあったのでしょう」

 教室中に目を光らせる。
 どいつだ、どいつが酷いことをしたのだ。
 あいつか? あの貴族のボンボンみたいな感じか?
 それともあっちか、魔族の悪そうな奴か。
 いや、ああいう普通そうな女子の方が怪しい。
 イジメは一見普通そうな子が行うからな。

「出来れば、名乗り出てください。
 決して怒ったりはしません。
 ただ、妹が傷ついたことを理解し、謝罪をして欲しいのです」

 名乗り出た瞬間にバラバラにしてやる。
 この中には、ノルンと同じぐらいの年の子もいる。
 だが年上も多い。
 何人かは、十代後半だ。
 見てみぬふりをしたのか、それとも参加したのか。
 十歳の子供相手にやることか。

「……」

 誰も何もいわない。
 あっけに取られて、俺を見ているだけだ。

「あ、あの……」

 一人の女子が、おずおずと手を上げる。
 俺は即座にそいつに岩砲弾をぶち込もうとして、やめた。
 気弱そうな女の子だった。
 年齢は十三歳ぐらい。狸系の獣族だ。
 ショートボブで、どんくさそうで、丸っこくて。
 なんというか、イジメられる側の人間だ。

「こ、この間、あたし、ノルンちゃんと、ちょっと話してて……」
「つい、酷いことを言ってしまった、と?」

 ただの口喧嘩であるなら、しょうがないかもしれない。

「い、いえ、その、私、ルーデウスさんのこと知ってて。
 でも、ノルンちゃんは普通の子で。
 だから、お兄さんとは違うね、って言ったら、すっごく怒って……」

 怒った?
 俺と違うといわれて、ノルンが?
 どういうことだ。

「あ」

 ふと、脇にいた教師が声を上げた。
 俺がそちらを向く。
 年増の女教師だ。
 まさか、こいつが何か言ったんじゃあるまいな。
 イジメというものは、子供だけで行われるわけではない。
 教師主導で行われている可能性もあるのだ。

「何か思い出しましたか、先生」
「先日、ノルンさんに一つの宿題を出したのですが……」
「宿題を大量に出して、やりきれなかったから裸に剥いて職員室に立たせたと?」
「ま、まさか! ただ、少々出来が悪かったので、
 お兄さんを見習って、もう少し勉強しなさい、と」
「……」
「そしたら、泣きそうな顔になって、頑張りますと」

 あれ?
 今度は泣きそうな顔?

「そういえば、俺も……」

 教師を皮切りに、教室内の数名が、口々に声を上げ始めた。


---


 教室から移動し、食堂へとやってきた。
 この時間、食堂は閑散としている。
 俺は席について、テーブルに突っ伏した。


 少々打ちのめされていた。

 俺のせいだった。
 ノルンは俺と比べられたり、引き合いに出された時だけ、感情をあらわにしたそうだ。

 教室内の生徒たちは、俺とノルンが兄妹であることに気づいていたのだ。
 そりゃそうか。
 アイシャと違い、俺とノルンは父も母もいっしょだ。
 顔立ちも結構似ている。

 そして、ノルンは俺と一緒にされることを、嫌がった。
 比べられる事はもちろん、俺の名前を出してほめられる事も、嫌がったそうだ。

 ああ、もちろん、彼らは悪くない。
 少なくとも。悪気があって比較したわけではない。
 中には、親しみを込めて言ったものもあっただろう。
 あの悪名高い番長とは違うね、と。

 ただ、俺はこの学校では有名だ。
 有名という事は、それだけ引き合いにも出されやすい。

 けど、ノルンにとっては、きつかったかもしれない。
 彼女は前の学校でも、アイシャと常に比べられてきた。
 常に下に思われて、ストレスの溜まる生活も送ってきたのだろう。

 新しい学校で、寮生活を始めて。
 ようやくアイシャと離れられた。

 と、思ったら今度は俺と比べられる。
 どこに行っても、自分は兄妹の中で一番下の味噌っかすだと突きつけられる。
 苦しいだろうな。

 挙句、例のパンツ事件だ。
 一年生の中には、あれで心に大きな傷を負った者はいない。
 アリエルのフォローのおかげで、一応は笑い話で済んだ。
 脱ぐことを強要した、とは聞いていたものの、
 実際はさほど凄惨な場面ではなく、リニアとパンツを交換する、ほほえましい光景だったそうだ。
 それを脇から見ていた奴がカツアゲの現場だと思い、アリエルに通報しただけの話のようだ。
 そっちのフォローはアリエルに任せている。
 なんとかしてくれるだろう。

 とはいえ、ノルンは言い様のないショックを受けたはずだ。
 あんな変態より、自分は下なのだ、と。

「はぁ……」

 俺は、何をやってるんだろうな。
 一人ではやとちって、教室まで行って。
 あんなことをして。
 何がモンスターペアレントだ。
 ただの馬鹿じゃないか。

「二人とも。今日はありがとう。なんか俺、馬鹿みたいだったな」

 とりあえず、二人に礼を言った。
 馬鹿の片棒をつがせてしまった。
 無駄なことをさせてしまった。

「妹のために動くのは馬鹿じゃニャいぞ」
「でもちょっと意外だったの。見直したの」

 俺はコップを作り、水を入れる。
 飲む。
 何の味もしない。
 だが、一息ついた。

「ニャあ、ボス。これからどうするんだ?」
「どうもこうもないでしょう。俺のせいで引きこもったのですから」

 引きこもった。
 そう、引きこもったのだ。
 日数は一日だが。
 引きこもってしまったのだ。

「無理やりにでも授業を受けさせるの」
「そうニャ」
「部屋から出てこないとアホになるの」
「そうニャ、そうニャ」
「リニアみたいなアホになるの」
「プルセナの言うとおりニャ……ニャ!?」

 こいつらの漫才に付き合う気にはならない。

 引きこもりの難しさは、よく知っているつもりだ。
 誰も、好き好んで部屋から出てこないわけではない。
 出てこないのは、出てこないなりの理由があるのだ。
 無理に外に連れ出しても、何の解決にもならない。
 事態が悪化するだけだ。

 かといって、引きこもらせたままもよくない。
 確実に後悔する。
 一ヶ月でも二ヶ月でも、何もしなかった時間は後に響く。
 俺が言うんだから間違いない。

 ただ、それを説明してもわかるまい。
 あの頃に戻れればなんてのは、後悔するまで引きこもったからこそ出てくる言葉だ。
 一年、十年と引きこもらなければ、後悔は生まれない。
 そして、後悔が生まれたときには、もう遅いのだ。

 だから親はみんな、子供に努力させようとしているのだ。
 大なり小なり、後悔しているから。

「兄妹で、一番能力が低くて、そのことを他の人にあれこれ言われたら、どうすればいいんでしょうね」

 そう聞くと二人は顔を見合わせて、肩をすくめた。

「……あちしは馬鹿じゃないからよくわからニャいニャ」
「私たちはそこそこできている方なの」

 たしか、こいつらは馬鹿で種族を率いる器じゃないから、ここに送り込まれたのだったか。
 族長に相応しくなるように勉強してこいと。

 馬鹿でも、これぐらい楽天的なら、別に問題はないのか。
 けれど、ノルンはもっとナイーブだ。
 一緒にされては困る。

「あ、でも、一つだけ例があるニャ」

 リニアは自慢げに一つの名前を出した。

「ギレーヌ叔母さんは、何をやらせてもうまく出来ない乱暴者だったけど、剣術を始めたら剣王になったニャ」
「あー……なるほど」

 ギレーヌは少し例外だろうが。
 しかし、思いもよらない才能というのはあるかもしれない。

 大体、俺やアイシャと同じ事をする必要はないのだ。
 比べられたくないのなら、比べようのない事をすればいい。
 それが何かは思いつかないが。
 しかし、この世は広い。
 魔術でも、剣術でもない、何か見つかるだろう。

 もしかすると、本当にやりたい事の才能はないかもしれない。
 ザノバのように。
 しかし、それでもザノバは毎日が結構楽しそうだ。
 人形を作ったり、眺めたり、愛でたり、コレクションしたりする。
 それだけでいいのだ。
 幸せに暮らせれば、それで。

 しかし、それを言った所で納得するとも思えない。
 俺だったら、納得しない。

「とはいえ、何を話せばいいんでしょうね」
「難しく考える必要はニャい。ガツンと一言ニャ」
「そうなの。さっさと出てきて授業に参加しろ、ってだけなの」

 簡単に言ってくれる。
 いやだが、もしかすると。
 俺が難しく考えすぎているだけなのだろうか。
 思えば、ノルンはまだ十歳だ。
 今はちょっと癇癪を起こしているだけなのかもしれない。

 大体、引きこもりといったって、まだ1日で、今日で2日目だ。
 これぐらいなら、引きこもりというより、閉じこもりぐらいなのではないだろうか。
 ちょっと気分が落ち込んで閉じこもるぐらいは、誰でもあるだろう。

 話すべきではない。
 手出しするべきではない。
 その考えは、『逃げ』だったのではないだろうか。

 兄として出来る限り支援し、出来る限り快適に暮らしてもらう。
 それで良かったのではないだろうか。
 うっとおしいと思われるぐらいで、良かったのではないだろうか。

 中学生、高校生ならともかく、ノルンはまだ小学三年生ぐらいなのだから。

「よし、会いに行きましょう」

 気づけば、そう決めていた。

「それがいいニャ」
「頬を一発パシンと叩けばすぐなの」

 俺が言って、いう事を聞いてくれるだろうか。
 原因は俺なのだ。
 俺が何かを言って、聞くとも思えない。
 いや、考えるまい、今はとにかく、会って何かを話さなければ。

「会えるでしょうか」

 ノルンがいるのは女子寮だ。
 寮の前の道は歩けても、中までは入れさせてもらえないかもしれない。

「こっちから無理やりいくニャ」
「潜入するの。手引きは任せるの」

 リニアとプルセナが、大きな胸をドンと叩いた。


---


 潜入。
 といっても、そう難しくはない。
 こちらには味方も多い。
 シルフィやアリエル王女もいる。

 アリエルは現状を話すと、快く味方に付いてくれた。
 とはいえ、ゴリアーデ他、女子寮自警団の皆様はこちらの事情を汲んでくれそうもないので、こっそりと潜入する運びとなった。

 工作員はリニア、プルセナ、シルフィの三人だ。


 シルフィはしょんぼりしていた。

「ごめん、寮でのノルンちゃんの事は任せてって言ったのに……話を聞いてもらえなくて……」
「いや、シルフィは悪くないよ、大体俺のせいだった」

 俺はシルフィに、何があったのかを説明した。
 ノルンが誰のせいで引きこもってしまったのかを。
 シルフィは暗い顔をしつつ、首をふる。

「ルディは、悪くないよ」
「でも、俺が……」

 俺が……俺が……。
 いや、俺は何もしていないのだが。
 何をすればよかったのかも、わかっていないのだが。

 けれど、俺が何とかしなければならないのだ。


---


 夜。
 食事時を狙い、俺は女子寮へと移動する。
 現在、女子の大半は食堂へと移動している。
 食堂ではアリエルが演説している。
 それを聞くべく、食堂には人が集まっている。
 しかし、全員ではない。
 食堂に全員は入りきれないからな。

 とはいえ、一階に巣食う自警団の皆様は積極的に参加するよう、何か策を打ったようだ。
 俺は、出来る限り隠密に定められた窓の下へと移動する。
 窓枠には、一輪の花が飾られている。
 俺はそれを目当てに移動し、下から小石を投げる。
 小石が窓枠に当たると、すぐに窓が開いた。
 俺は土魔術『土槍』を使い、己の体をエレベート。すばやく中へと侵入した。
 同時に、土槍を解いて、地面を平らに戻しておく。


 部屋の中に入ったとたん、濃厚な獣くささが鼻についた。
 獣くさいのだが、しかしあまり嫌な感じはしない。
 というのは、獣とはいえ思春期の女の子の匂いだからだろうか。
 生物というのは、自分の子供を作れる相手の匂いには、寛容に出来ているらしいし。

「ご苦労」
「ようこそニャ」

 出迎えはリニアだった。
 彼女は暗がりの中、目をランランと輝かせていた。
 猫の目だ。

 周囲を見渡す。
 基本的には、どこの間取りも一緒だ。
 二段ベッドに、机と椅子、クローゼット。
 暗いのでよくわからないが、少々散らかっているようにも見える。

「あんまりジロジロ見ないで欲しいニャ、恥ずかしいから」
「失礼」

 暗い中、やや手探りで出口を目指す。
 手に何かふれた。
 結構やわらかい素材だ。

「あ、それプルセナのブラだニャ」
「……」

 プルセナはこのサイズなのか。
 でかいな。

「むふ、もって行ってもいいニャよ?」
「よくないだろ」

 俺はプルセナのブラジャーを投げ捨てた。
 普段なら、口元に当てて思い切り吸い込むぐらいはするだろうが、今はそんなことをしている暇はない。

 リニアが扉を内側からノックする。
 ノックが帰ってくる。

「オッケーなの」

 その言葉と同時に飛び出し、目の前に用意されていたカートの中へと飛び込んだ。
 洗濯物を運ぶためのカートだ。
 そこに詰まっていたシーツにもぐりこむ。

 匂いでわかった。
 シルフィの使っていたシーツだ。
 体を完全に隠すためだろう、毛布やシャツも下のほうに詰まっていた。
 全てシルフィのものだ。

 しかし、不思議と興奮は沸いてこない。
 今はノルンだ。
 ノルンは今、辛い思いをしている。
 引きこもり、閉じこもり、一人でいる。
 俺は彼女を救ってやらなければならない。
 兄貴として。

「よし、行くニャ」

 カートが動き出す。
 俺はその間、ノルンの事を考える。
 子供の癇癪ならいい。
 でも、もし、もっと根強いものだったら。

 俺はどうにかできるだろうか。
 少なくとも、俺は兄貴たちに追い出されるまで、家から出なかった。
 俺が兄貴や親の立場だったとして。
 俺は俺を部屋から出す方法を思いつけない。

「ついたニャ」

 考えがまとまらないまま、
 カートは目的地に到着した。

 ノルンの部屋に。


---



 部屋に入る。

 暗い。
 明かりがついていない。
 俺は部屋の隅に備え付けられたロウソクに火をともす。

 薄暗い明かりに照らされ、一人の少女がベッドで足を抱えて座っていた。
 暗がりの中、二つの目が浮かび上がっている。
 ノルンは座ったまま、じっとこちらを見ていた。

「……」

 俺は慎重に歩き、椅子に座った。

 こういう時、何を言えばいいのだろうか。
 俺は、なんと言ってもらいたかったのだろうか。
 思い出せない。

 言おうと思っていた事は、全て吹き飛んでいた。

 思い出せるのは、言われて嫌だった事だけだ。
 安易なことだけは、言われたくなかった。

 少なくとも、頭ごなしに何かを言うのは厳禁だ。
 『学校に行きなさい』。
 『誰が金を出してると思ってるんだ』。
 『他の人に迷惑を掛けるんじゃない』。
 この辺は、逆効果だ。

 リニアやプルセナの言うとおり、一発ガツンと殴りつけるのもいいかもしれない。
 ノルンは十歳だから、それで俺の言うことを聞くかもしれない。
 けれど、それは解決とは程遠い。
 きっと、近い将来、また似たようなことが起こる。
 そのときは、ノルンはより意固地になっているだろう。

 大体、引きこもりの原因は俺のせいだ。
 俺がどの面をさげてそんな事をいえようか。
 偉そうな顔で殴ったりできようか。

 なら、やはりまずは謝るべきだろうか。
 しかし謝った所で、何が解決するというのか。
 俺の噂は消えないし、やっぱりノルンは俺と比べられる。

「ノルン」
「兄さん」

 声が被った。
 俺はノルンの言葉を聴くべく、口をつぐんで押し黙る。
 ノルンもノルンで、口をつぐんでしまった。
 千載一遇のチャンスを逃した気がした。

 俺は、自分から口を開くことにした。

「ノルン。ごめんな。お前、こっちに来てから、つらいだろ?」

 ノルンは何も言わない。

「せっかく新しい学校なのに、俺のせいで、こんな事になって。なんていえばいいか……」

 ノルンは何も、言わない。

「俺さ、お前のこと、よくわかんなくてさ……」

 ノルンは、何も、言わない。

 俺は、他に何も言えることがなかった。
 道中あれこれ考えたのに。
 大体、俺はノルンの事を何一つ知らないのだ。
 遠ざけて、触れないようにして、知ろうとしてこなかったのだ。

「……こんな事になっても、どうすればいいのかわからないんだ」

 ノルンは押し黙っている。
 何を考えているのか、わからない。
 俺の言葉を聴いたのかどうかさえも、わからない。

 やはり、ダメなのだろうか。
 パウロが戻ってくるまで、放置しておくしかないのだろうか。

 うん。
 そうだな。
 ここは一度引いて、色んな奴に相談してみるべきだ。
 ナナホシも、年頃の女の子の思考についてなら、わかるだろうし。
 エリナリーゼなら、うまいこと連れ出してくれるかもしれない。
 何も、俺が一人で抱え込んで解決する必要はないんだ。

「……あ」

 ふと、昔の事を思い出した。
 俺が引きこもった時、兄貴が俺の部屋に来たのを思い出した。
 あの時、兄貴は俺に向かい、あれこれと正論をぶった。
 俺は、それに心の中で唾を吐いた。
 何も言い返すことなく、徹底的に無視した。

 兄貴はそれでも、しばらくは俺の傍にいた。
 俺をじっと見て、何かを言いたげな目で俺を見ていた。
 俺は、こんな奴に俺の気持ちはわからないと、最後まで突っぱねた。


 ……これが、あの時の兄貴の気持ちか。


 無反応な俺に、押し黙る兄貴。
 兄貴は、何時間かそうしていたが、やがて俺の前から去った。
 それ以後、兄貴が俺に接触してくる事はなかった。
 あのあと、兄貴が何を考えたかはわからない。

 ただ、兄貴は来なかったが、色んな奴がきた。
 もしかすると、あれは、兄貴の手引きだったのではないだろうか。
 結局、俺はそいつらの話なんて、聞かなかった。

 ……多分。
 ここで引いたら、もう戻ってこられない。
 ノルンも、引きこもったままになってしまう。
 立ち去ってはだめだ。


 俺は薄明かりの中、ノルンをじっと見つめていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ