挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

千羽ノ鶴

蒼 赤 黄 白 黒

異種の四方に祈りを込めて 一羽一羽に同じ想い

無垢な二次元を 力ある三次へ

簡素な平面に 意味ある立体を



木 火 土 金 水 

小さな紙片に自然 元素を借りた千羽の群れ

人の弱きを脆さに移し 人の強さで堅く編む

連なった鶴の模倣が 夢の中を舞う



そうして 空を翔ける千の鶴は 守になる



鶴の囲いに包まれた

まどろみの中で 確かに進む力

指先に触れては遊ぶ 祈りの紙の色彩

五色を超え 七色を脱した護り



その中心で思って欲しい 

前へ 上へ飛ぶ方法はただ一つではない

幾らかの停滞をその身が背負っても 一寸の歩みが君を支える 

倒れても 足を踏みしめられるなら それは紛れもない一歩



だから送ろう まだ遠い先へ行くための小さき鍵を

君の背中を押すささやかな道標を




内なる声を集めた 言の葉の千羽を
久しぶりに出ました! 私の吟遊恥人としての固有能力が。これを詩と言ってのける私は今日も邪気眼全開です。ハイ。内容はどうであれ、お付き合い頂いてくれた方に感謝を。では、

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ