挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パリサイド 作者:奈備 光

1章

6/82

5 ユリウス宇宙の話なんて

「任務は、ある調査を……」
 食い下がって聞くつもりはない。
「まあ、なんだな。大変ってことだ。いろいろと」
「まあねえ。またパリサイドの世界観を説明しようか」
「ああ」


 宇宙空間、つまり人類が住むこの宇宙以外に、多くの宇宙が存在することは周知の事実である。
 人類がそれらを自由に行き来することは未だできないし、その必要もないが、多元宇宙という概念は既定となっている。

「パリサイドは、次元の狭間を潜り抜け、僕達の住むユリウス宇宙の隅々まで到達することができるんだよね」
「そうよ。簡単なことじゃないけどね」
「かつて神の国巡礼教団は、そうやって宇宙を旅しようとした。初めて人類は本物の宇宙空間に飛び出し、冒険に出たわけだ。次元の狭間を縫って」
「うん。でもそれはちょっと違うの。次元の狭間って、本来、次元と次元を隔てる隙間のような場所であって」
「正確に言うと、そういうことになるのか?」
「私たちがいるこのユリウス宇宙、それを包んでいるこの次元、つまりユリウス次元の本当の構成は、二十世紀に生きた私たちの理解とはまったく違っていたのよ」

 宇宙空間を平面に例えると、アコーディオンのように折り畳まれているという。
 折り畳まれた空間がまだ折り畳まれて。と、それが繰り返されているらしい。
「その折り畳まれた尾根の部分を渡っていけば、かなり遠くまで瞬時に移動できるということなの」
「次元の隙間じゃなかったわけだな」
「そういうこと」
「空間三次元に時間を加えて4次元と考えられていたでしょ。それも違ったのよ。実際は、三の三乗の空間、つまり二十七次元。次元というからややこしいけど、つまり27個の次元要素があるってことね」
「そんなに!」
「ここを地球人類はホームディメンジョンと呼んでいたけど、私達はJディメンジョン、つまりユリウスディメンジョンと呼んでいるわ」


 こうしてユウは、少しずつパリサイドの世界観を教えてくれる。
 理解を超えているし、イコマは正直に言うとどうでもいいような話だと思うこともあった。

 しかし、なんとか理解したいとも思っている。
 それがひいては、神の国巡礼教団解体後、彼ら自らをパリサイドと呼ぶようになった経緯や、あの肉体を持つようになった経緯を理解する元となるのだ。
 教団崩壊の経緯もそうだ。
 彼らの歴史を知る上で、パリサイドの得た宇宙観を知らねばならない。

 かといって、イコマにとって、パリサイドの歴史はそれほど重要ではない。
 歴史学者でもないし、パリサイドの社会を統べる気持ちもないからだ。
 知りたいのは、ユウが過ごしてきた年月の中身だけ。
 ユウが話すパリサイドの世界観の話を面倒だとは思うが、いつも黙って聞くことにしている。


「ノブは時間について、どう思う?」
「アンドロの次元みたいに、時間の流れが場所によって違うってこと?」
「全然。ピントがずれてるわ」
「だろね」
「空間の概念と同じ。人間が感じられる時間の流れはひとつだけ。でも、実際は違う。時間と空間は切っても切れない関係にあるのよ」
「つまり、時間の流れも二十七あるってこと?」
「そのとおり」

 これがパリサイドの一般的な理解だという。
 目には見えないし、感じることもできないが、このユリウス宇宙を含むこの次元には、二十七の空間軸があり、時間軸があるという。
「この母船内にもね」
「なるほどねえ。といっても、実感ないけどな」
「今、私たち、どこを移動していると思う?」
「えっ、まさか」
「この船は今、特殊な航行モードに入っているわ。さっき言ったアコーディオンの尾根の上を大股で渡り歩いているようなもの。次元の隙間じゃなくて、この次元内にある特異な境界線上、ということね」

「じゃ、あれはどうなる? アンドロの次元は」
「全くの別次元。太陽系や銀河系のあるこのJ次元じゃない」
「ふむ」
「別宇宙の数はある程度は想定されているけど、別次元の数は誰も知らない。そもそも、あまたの宇宙はそれぞれが属する何らかの次元の海に浮かんでいる泡のようなもの」
「多元宇宙とはいうけど、それを内包する次元の数たるや、それこそ無限ということだな」
「それぞれの次元に、私たちが知っている宇宙というような空間があるかどうかは別だけど」
「はあ」


 そろそろ本題に戻した方がいいだろう。
 これ以上、聞かされてももう頭に入らない。
 イコマはフゥと溜息をついて、ユウの髪をいじった。

「それで、今回の任務。調査ってのは?」
「私達はこのユリウス宇宙の警察でもないし、領土だとも思っていない。それでも、どこでどんなことが起きているのか、把握しようとしてきたの」
「ああ」
「安全に生きていくために」
「それで、太陽の活動も見ていたんだな」
「もちろん。かけがえのない地球に関わることだから」


 ユウの今回の任務は、ある次元の調査だという。
「J次元じゃない別の次元」
「何のために?」
「移行方法について、調べることになったの」
「ほう!」
 そこがどんな次元なのか、とは問わなかった。
 話していいことなら、ユウは「ある次元」などという表現は使わないだろう。

 驚いた。
 全く違う次元に移行する計画が、パリサイドにあるということだ。

 しかし、イコマは別のことを聞いた。
 もっとユウを知る「ため」になることを。
「それが軍の仕事なのか? もっと科学的な、あるいは学術的な組織というか機関の仕事なんじゃないか」
「ノブが思っている科学って、どういうもの?」
「アインシュタインとか……」
「そういう科学者は皆、軍の組織下にあるのよ」
「へえ、そうなのか」
「軍といっても、武器を構えて何かを攻撃するという仕事をしているわけじゃないのよね」
「ふむ」
「そういう作戦は、過去のこと。もう、ほとんどないと言っていいよ」
「パリサイドに敵なしってこと?」
「そういうことね。ついでに言うと、市民の暮らしを守るという警察の仕事も、軍の管轄下ね」


 ユウが立ち上がった。
 もう行くのだろう。
「ところで」
 と、イコマはプリブの一件を話した。
「なにか、手がかり、ある?」

 ユウが鼻を鳴らした。
「見損なっちゃダメだよ」
 先刻承知だという。
「パリサイドの中では、というか軍の中では、どう扱われているんだ?」
「さあ、それはわからない」
 管轄も違うから、と。

「調べられないか? できる範囲でいいから」
「そうねえ……。難しいと思うけど……」
「いや。やっぱりいいよ。ユウに万一のことがあったらいけない」
「ごめんね」
 ユウがあっさり微笑んだ。
 これ以上、聞くなということだ。

 なんでもユウに頼るのは慎まなくては。
 自分を、そしてニューキーツの人々を救ったことが彼女の重荷になってはいけない。
 もう、十分にしてくれているのだから。
 そして、自分は今、充分に幸せなのだから。
 イコマはユウの頬に手をやった。
 ユウの手がそれを包み込む。


「でも、こういう事件もあるよ」
 ユウが話題を転がした。関連する話題ということなのだろう。
「どんな?」
 パリサイド中央議会のある女性メンバーが殺されたという。
「しかも、妙なところで」

 殺人なんて事件が、パリサイドの社会にもあるのだろうか。
 そんな疑問を口にする前に、ユウがドアに手をかけた。
「行くのか。双戯感謝祭だというのに」
「まあね。明日は戻れないかもしれないけど、心配しないでね」

「で、その話の続きは?」
「また今度」
 話が尻切れトンボなのは常だが、少々食い下がるのもいつものことだ。
「妙なところ? 中央議会?」
「言葉通り、市民の代表である偉い女の人が殺されていたのよ。ブロードウェイのオペラ座で」
「えっ」

 どう?というようにユウが眼を煌めかせた。
「ん?」
「マスカレード」
 という言葉を残して、ユウはドアを抜けていった。
cont_access.php?citi_cont_id=936031928&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ