挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パリサイド 作者:奈備 光

1章

2/82

1 声が聞こえる

この小説は、前作「ニューキーツ」から「サントノーレ」と続いてきたミステリー小説の続編です。
謎は継続はしていませんが、前2作ミステリーのネタバレになります。
できましたら「ニューキーツ」「サントノーレ」を先にお読みいただくと幸いです。
 ンドペキは気が気ではなかった。
 スジーウォンが召集した会議に、アヤの姿はなかった。
 ンドペキも隊長を退いたとはいえ、一隊員として名を連ねている。

「いったい、どこへ行ったんだ」
 アヤは隊員ではないが、準隊員というような形で参加している。
 プリブの連行が、万一、東部方面攻撃隊へのなんらかの攻撃であれば、アヤに危害が及ぶことも想定に入れておかねばならない。

「確か、このあたり……」
 数日前、母船内部を見て回っていた時、アヤが急に立ち止まり、「声が聞こえる」と言ったのである。
「なにを言ってるのか、わからない……。でも、人の声のような……」
 アヤは今日になって、聞き耳頭巾を持ち出し、確かめてくると言い出したのだ。


 ンドペキは辺りを見回した。
 母船は巨大で、どこまで行っても同じような廊下が続いている。
 大通りといえるような広い回廊があるかと思えば、路地裏のような狭い通路もある。
 いたるところに扉があり、そこは誰かの船室であったり、何らかの店であったり、公的な施設であったりする。
 扉の横に掲げられた表札を見れば、その部屋が何なのかは一目瞭然だ。
 白銀色の壁が延々と続く世界だが、迷うことはない。
 街は整然とし、街路名を記す明確なサインが随所に設置されているからだ。

「リバイヤサン広場……。ここにもいないか」
 オーシャンアベニューとパシフィックアベニューが交差するちょっとした広場に立っていた。
 時刻は深夜3時。
 人の姿はない。
 常夜灯がコーラルピンク色の樹脂製タイルの床に光の輪を広げているだけだった。


「アヤ……」
 口から出た呟きが、暗闇に消えていった。
「くそ」

 この母船に移乗しから、講義が続いている。
 パリサイドの社会を学習するのだが、通信手段はまだ与えられていない。
「サワンドーレのやつ……」
 パリサイドの初老の男性がンドペキ達の講師だが、深夜の外出は慎むようにと何度も口していた。

 パリサイドに受け入れられていない、という思いが時として顔を覗かせる。
 太陽フレアの襲撃から地球人類を救出するために、パリサイドが地球に帰郷したのかどうか、それさえも怪しい雰囲気だった。
 別の目的があったのではないか、あるいは純粋に地球に住みたいという思いだったのか、サワンドーレの口ぶりからは判然としないのだった。
 それがンドペキを苛立たせていた。

 硬い地面の上で緑に囲まれて暮らしたいパリサイドの一団が地球に帰って来たのだ、とユウはいう。
 予想以上に太陽フレアの嵐がすさまじく、地上で住むことを断念せざるを得なかった地球人類を、母船に収容したのだという。
 では、パリサイド自身はどうなのか。
 あの嵐の中でも、パリサイドの肉体は何ともない。
 彼らなら、地球上で住み続けることもできたのだ。
 しかし、彼らはそうはしなかった。今のところは。


「サワンドーレめ」
 アヤの行方と無関係な講師に向かって、ンドペキは再び毒づいた。
「いったい、何を考えていやがる」

 ンドペキはその男に好感を持っていた。
 礼儀正しく博識で、穏やかな口調でユーモアを交えながら話すこの男から、すべてを吸収しなくては、という思いでいた。
 少なくとも、つい数時間前までは。

 しかし、ンドペキのサワンドーレに対する印象は、一変していた。
 そのパリサイドが吐いた言葉を聞いてからは。
 今日の講義が終わった時、「ある一組の男女を探しているようです」
 と、ンドペキだけに聞こえるように囁いたささやいたのだった。


「誰が探しているんだ?」
 サワンドーレは、その痩せた長身を折り曲げるようにして鞄を手にし、「神が」と言ったのである。

 ンドペキは、その先を聞く気を失った。
 神などという、ばかげた因習をまだ持っている人間がいることも驚きだったが、パリサイド社会の底にドロドロしたものが横たわっているとも感じたのである。
 そういうものに関わり合いになりたくはない。
 立ち去っていくサワンドーレの後姿を黙って見送りながら、小さな怒りが心に灯るのを感じていた。

 しかし、プリブが何者かに連行された今、その一組の男女、というものが気にかかっていた。
 まさかプリブが?
 女性の方はアヤ?
 そんなことはあるまい、とは思うものの、一度沸いた不安を消すことはできない。


 アヤは無事なのだろうか。
 得体のしれない声を聴いたアヤ。
 聞き耳頭巾の使い手であるアヤ。
 深夜の大阪の街をうろついては木々の声を聴いていたアヤ。
 そして、ニューキーツの治安省に勤めていたアヤ。
 膨大な数の人の言葉を盗み聞きしていたアヤ。
 アヤの持っているものに、アヤの脳に詰め込まれたものに誰かが気付いたのだとしたら。

 ンドペキは大きくため息をついた。
 こんなことになるなら、ひとりで行かせるのではなかった。
 彼女が部屋を出てから、かれこれ九時間。
「心配かけるなよ」
 アヤを自分の娘だと思う気持ちに揺らぎはない。
 すでにイコマとの同期は切れているが、自分の脳に流れ込んできたイコマの意識が薄れることはないし、他人の意識だという感覚もない。
 ユウを思う気持ちも、スゥを愛する気持ちも、すべて本当に自分の心の中にある。
 三人で一緒に住むようになって、その思いはますます強くなっていた。


 部屋に戻るか……。
 このまま深夜の街を徘徊しても、無駄かもしれない。
 既に、スゥが待つ部屋に帰っているのでは。
 それでもンドペキは、息を潜めた街を彷徨わずにいられなかった。

「あ」
 暗い路地を横切る影があった。
cont_access.php?citi_cont_id=936031928&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ