挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
精霊樹リアとダンジョンクリエイター 作者:ヴィヴィ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/50

05蠱毒

男の娘部分は修正させていただきました。
 


 さて、残り67日。リアを抱っこしながら最下層を自室から見ると、ヒラタキクムシが56体に増えていた。リア達を起こさないように出ようとするが、お腹の上のクロネにはどうしようもないので、持ち上げてやる。

「にゃ~」
「おはよう。もうちょっと寝てな」
「にゃぁ」

 リアの横に置いて寝かせてやる。起き上がってパソコンを見ると、最下層は支配領域にちゃんとなっている。だが、ヒラタキクムシが侵入者扱いされている。それに伴い、クエストが発令されていた。

 ────────────────────────────────────────────────
 クエスト:侵入者を撃退しよう。
 報酬 :CP500
 クエスト:ダンジョンにモンスターを放とう。
 報酬 :CP500
 クエスト:ダンジョンを改造しよう。
 報酬 :CP100
 クエスト:ダンジョンにトラップを仕掛けよう。
 報酬 :CP100
 ────────────────────────────────────────────────

 残りCPは325だ。昨日、寝る前に追加で1000CP使ったからだ。それの内訳は簡単だ。キラーマンティスの卵600CPと寄生虫の卵を4個400CPを購入したからだ。

「……うぅ……ふぅぅぅ……」
「大丈夫か?」

 苦しそうなリアの手を握ってしばらく待つと、新たに産まれてくる小さな4匹と巨大な卵。それがころんと出てくると、卵が割れて250匹はいそうな無数のカマキリの幼虫が出てきた。

「リン、頼む」

 その幼虫を50体ずつ壺に分けて閉じ込める。そして、放置。寄生精霊虫の方はクロネの身体に更に憑依させて狩りに出す。もちろん、リン付きでだ。キラーマンティス達に悪いが、ちょっと幼虫では話にならない。強い個体を増殖させて防衛戦力に当てたい。

「リアは今日は寝ていろ」
「ん……わかった……」

 スコップとシャベルを購入して、アイディリアと共に外に出る。やる事は簡単だ。地底湖の半分が浄化を完了したので、そちらから水を引くのだ。狩りはクロネ達に任せればいい。

「さて、頑張って掘るぞ」
「きゅい!」

 アイディリアが小さなスコップで堀り、俺がシャベルで掘る。根を露出させて深めに掘っていく。8時間くらいで水路っぽいのが出来た。後は竹を購入して、半分に割って邪魔な場所を取り除いて、重ねるようにして縛っていく。それを水路もどきに設置して、地底湖の水を引き入れる。水は段差に従って竹の中を流れて根の場所に作った深い所へとどんどん入っていく。目に見えて精霊樹が回復していく。しかし、ステータスが上がった御蔭で結構簡単に出来た。

「飯を食べるか」
「きゅい!」

 といっても、CPで買う餌なんだけど。ここまでで残り115CP。飯を食べたら、壺を見てみる。5個あった中で生き残りが各1体だけとなり、5体だけになっていた。レベルは3でステータスも高い。そいつらを出してステータスを確認し、パソコンに向かう。支配領域たる最下層からヒラタキクムシは完全に排除されていた。なので、今のうちに改造してしまう。クロネの居場所を探すと次の階層まで出向いて虐殺していた。既につけた寄生精霊虫のレベルは4になっていた。つまり、100+160の合計260という鬼畜なステータスとなって次の階層を蹂躙していた。
 それは置いておいて、最下層の根っこの端同士に通路を作り出す。そこの一部に大部屋を作り出す。これでダンジョン改造は達成した。ただ、使ったのも100CPなので+はない。その部屋に魔物生成魔法陣、レベル1を取り付ける。これは100CPで最弱のやつを呼び出す者だ。ただ、50CPで改造して生み出すのを能力1に下げて数だけは自動で大量に産ませるようにして栄養価を高くする。そいつらはその部屋からでないように設定する。残り65CPで10CP使い、その大部屋に木を2本用意する。

「さて、生き残ったのは雌3に雄2か。ステータスの高い、お前はここに残すとして……先にご飯だな。全員ついては来い」

 10センチくらいに成長したキラーマンティス達4匹を連れてダンジョンに移動する。作ったばかりの大部屋に転移で行くと、そこはでっぷり太った大量のバッタで溢れていた。

「お前たち、食っていいぞ。餌だ」
「「「「「ぎゅがあああああああああああ!!!」」」」」

 嬉々としてバッタ共に襲いかかる5体のキラーマンティス。食い殺し、斬り殺して楽しむ。基礎ステータスがALL30あるのだから、ALL1には叶うはずが無い。しばらく放置して食事を終えたのか、戯れに殺しだした。それにしても、食事が良かったのか、急激に大きくなりだした。1メートルはある。魔物は不思議だ。

「お前はこっちにこい」

 ステータスの高い雌のやつを呼び寄せる。他の4体はそのままだ。

「お前たちはここで子供を産め。餌はこいつらだ。あと、侵入してきた者達を殺せ。例外は地底湖から上がって来た者だけだ」

 頷くキラーマンティス達に木を卵を産ませる場所にするようにいい、残り一体を連れて帰る。帰りは歩きだ。転移は支配領域となった場所でしか使え無い。


 帰ったら、死体が詰まった壺を全部持ってきて、合成魔法陣の上に配置する。そして、残ったキラーマンティスも乗せる。そして、合成を開始する。リアに教えて貰ったのだが、卵の状態で合成するとそれが根幹になるらしい。精霊でいうと、姿がそれになるそうだ。詳しく説明するとこんな感じだ。
 1.合成は生物、非生物を問わない。
 2.1と2が有り、1が基本となる。
 3.合成した素材(2)の力や形を元(1)が手に入れる。
 リアはフィギュアを合成する事で精霊にちゃんとなると人型になるようにしたのだ。つまり、あのキラーマンティス達も覚醒すれば男になるのかも知れない。アイディリアの場合はリアの瞳と腕の合成で体力と魔力が過剰なまでに膨れ上がり、特殊なスキルを手に入れた。ちなみにフィギュアが切れたら人間でもいいのだ。さて、今回の場合だが……大量の怨念と死体を合わせて合成したキラーマンティスはどうなるだろうか……?

「答えは!」

 合成の光が消えると、そこには160センチくらいでエメラルドグリーンの髪に同じエメラルドグリーンの瞳をした裸の女の子が居た。手は大型の禍々しい大鎌になり、背中には薄緑色の翅が生えている。なにより、おかしいのが耳だ。耳がアンドロイドのような機械の棒状なのだ。それも、ピカピカ点滅しているし、肌が白い。元にしたフィギュアはロボ子だった。つまり、フィギュアの特性までしっかり得ていると……?

「? kgtejgaghigrlhkaf」
「喋るのはまだ無理か」

 しかし、合成したフィギュアの特性まで入るならクロネは主人に忠実で、殺し屋になるな。ああ、確かに特性は出ているようだ。既に戦闘方法が殺し屋だし。アイディリアは剣系統か。剣をバンバン飛ばすようなのだったし。リンは……リアが適当に持っていったからわからん。取りあえずステータスでも見るか。

 ────────────────────────────────────────────────
 名前:
 種族:精霊機械虫キリングドールマンティス
 職業:マンティス・エンプレス
 Lv:4
 体力:520
 魔力:410
 生命:60
 筋力:70
 敏捷:60
 器用:50
 知力:60
 精神:55
 幸運:50
 技能:《蠱毒》《虐殺者》《飛翔1》《索敵1》《大鎌修練1》《集団統率1》《集団支配1》《中級精霊1》
 RP:60
 ────────────────────────────────────────────────

 桁が違った。蠱毒の効果は生まれながらにして囲いの中で壮絶な戦いを行い、怨念と共に限界値を超えた者に与えられるスキル。効果はスキル一つに大量の経験値を与える。この子は合成を得て同族の怨念や怨嗟を吸収して低級精霊から中級精霊に一気に押し上げた。だから、人型になったのだろう。虐殺者は同族だろうと敵味方構わず殺しまくった者に与えられるスキルだ。効果はステータスの限界値が+30。

「名前を付けるか……お前は今日からキリルだ」
「こくん」

 おっかなびっくり頭を撫でてやると嬉しそうに抱きついてくる。胸が柔らかくていい匂いがするのだが、その手が怖すぎる。翅はどうやら消せるようで、直ぐになくなった。

「キラーマンティスって操れるか?」
「こくこく」
「そうか。じゃあ、率いて戦ってもらうかもな。その時は頼むぞ」
「こく」

 撫でながら思うのだが、蠱毒ってかなりやばいよな。俺の配下で精霊虫になるわけだから、1レベルアップでステータスがALL+15される。それがどんどん続けば膨大な経験値になるな。経験値は敵のステータスやスキル、レベルで決まるみたいだし。しかし、低級精霊を強化すればいいのか。って、強化せずに放り出してたな。明日は振るところからスタートだな。





 ────────────────────────────────────────────────
 名前:リクト
 種族:異世界人
 職業:ダンジョンクリエイター
 Lv:4
 体力:220
 魔力:210
 生命:20
 筋力:30
 敏捷:26
 器用:30
 知力:10
 精神:10
 幸運:10
 技能:《ダンジョン作成》《精霊樹の瞳》《射撃1》《配下成長力上昇1》《魔物成長強化1》《成長強化・精霊1》《成長強化・昆虫1》《成長強化・魔獣1》
 RP:30
 ────────────────────────────────────────────────
 名前:アイディリア
 種族:精霊虫
 職業:精霊樹リアの抱き枕
 Lv:4
 体力:730
 魔力:830
 生命:30
 筋力:40
 敏捷:40
 器用:40
 知力:30
 精神:30
 幸運:30
 技能:《捕食》《???》《粘着糸2》《硬化1》《毒耐性1》《毒攻撃1》
 RP:1175⇒3220
 ────────────────────────────────────────────────
 名前:クロネ(リン)
 種族:精霊獣シャドウキャット(寄生精霊虫)
 職業:リクトのペット(ブースター)
 Lv:5(5)
 体力:400(211)
 魔力:350(256)
 生命:50(50)
 筋力:60(50)
 敏捷:60(50)
 器用:60(50)
 知力:50(50)
 精神:50(50)
 幸運:50(50)
 技能:《影の身体1》《猟兵1》《低級精霊1》《影魔法1》《毒耐性1》《毒攻撃1》《魔力回復1》(《寄生2》《飛翔1》《低級精霊1》《毒耐性1》《毒攻撃1》《魔力回復1》《索敵1》)
 RP:140(140)
 ────────────────────────────────────────────────
 名前:キリル
 種族:精霊機械虫キリングドールマンティス
 職業:マンティス・エンプレス
 Lv:4
 体力:520
 魔力:410
 生命:60
 筋力:70
 敏捷:60
 器用:50
 知力:60
 精神:55
 幸運:50
 技能:《蠱毒》《虐殺者》《飛翔1》《索敵1》《大鎌修練1》《集団統率1》《集団支配1》《中級精霊1》
 RP:60
 ────────────────────────────────────────────────
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ