挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Journey of Life~戦犯の孫~ 作者:ふたぎ おっと

閑話

30/68

八歳の作文 全文

 わたしのおじいちゃんはヘルデンズ国の一番えらい人で、世界を今よりももっとよくするために、毎日一生けんめいはたらいています。
 おじいちゃんがいつも言っていることがあります。
 それは、わたしたちヘルデンズ人が、世界で一番とうとい民族だということです。めずらしい発明品を作るのも、新しい発見をするのも、いつもヘルデンズ人です。だから、世界のリーダーになるべきなのは、このヘルデンズ国です。おじいちゃんはそれを世界中に認めさせるのが夢だそうです。
 でも、それを証明するためには、世界をきれいにする必要があるそうです。世界には存在してはいけない民族が沢山住んでいて、そういう人たちがいつもヘルデンズ国を悪く言うみたいです。それどころか、その人たちがいるせいで、世界では戦争がなくならないのだと、おじいちゃんはいつも言っています。
 だから、そういう人たちを一人のこらずたいじし、世界を平和にして、ヘルデンズ国のすばらしさを世界中の人々に教えるために、おじいちゃんは戦っているそうです。
 わたしはそんな偉大な人が自分のおじいちゃんであることが、一番のじまんです。わたしもいつか大きくなったら、おじいちゃんみたいにヘルデンズ国のためにはたらきたいと思います。
番外SS集あります
20150729205925b59.jpg

カクヨムにも掲載しています。
20150729205925b59.jpg

気に入ったらぽちっ
cont_access.php?citi_cont_id=5037817&sizlove-search.jpg fantasy.jpg
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ