挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ウラノDLで猫が啼く 作者:あゆ森たろ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/7

4.夢ナンデス

 たのしい! ジェットコースター!

 ――楽しくない。

 すごいぞ! アクアツアー みずのたび

 ――すごくない。

 ケンちゃんの! ミラーハウス

 ――ケンちゃんて誰よ。

 てくてくおさんぽ! ドリームキャッスル

 ――おさんぽなんてしたくない。帰りたい。

 くるくるまわるよ メリーゴーラウンド

 ――誰か止めて、助けて。

 レイコもうれしい! かんらんしゃ

 ――レイコは、ケンちゃんの恋人なの? 疑惑。


 アリサは悲鳴をあげそうになって口を押さえた。「ひっ」と、声に出したのは優衣である、後ろに後ずさりアリサの服を引っ張った。

 たすケてくレ

 ここから出して。出して……。



 *


 地球からは約3憶光年、僕は宇宙船に乗って、はるばるとやって来たんだ。

 もし、いい惑星ほしだったなら、ここに永住しちゃおうか、なんて。大人になった僕は、ワクワクしながら星間をワープした。

 故郷にはもちろん、親や兄妹がいるけど、成人したら自立しないといけない決まり。

 だから僕は旅に出たんだ。もう大人になったから。仕事をするために。

 誰かの、役に立ちたい。誰かを、幸せにしたい。

 そうそうを上げて戻る事がない様に、遠くへ行かなきゃ。自立するために。

 僕の故郷は、【スノーバキア】だ。



「なるほど。宇宙から出稼ぎですか」「はい。まあ、そんなもんです」

「【スノーバキア】さんね」「あ、いえ、それは星の名前で」

「履歴書は後で郵送しますね。この住所で間違いありませんか。槍ヶ岳鯖町。地球ですよね?」「はいそうです。アパート借りまして」

「この長所、って所なんですが、幸運をもたらす、って本当ですか」「われわれは、そう言い伝えられております」

「じゃあ採用です。不景気が深刻で」「大変だ、そりゃいけない」

「うちも商売なんでね。無茶しなきゃ、やってけませんよホント」「ご苦労、お察しします」

「ええと、それじゃ早速、明日から来てもらえる?」「もちろんです」


 僕は遊園地で働いた。時給は、はじめ760円。何も食べなくても生きていけるんだけど、僕はとにかくやりがいのある仕事にきたかった。
 家賃がいるし、ガスも電気も使う。水だって要るよね、体を洗いたい。
 僕に含まれる『幸運のエナジー』は、人のために使いたいな。
 園長さんなら、あげてもいい。どうぞ僕を置いて下さい。

 そうして僕は、おりの中でゆったりとくつろいで、見世物になった。
 開園時間中は外に出られないけど、閉園したら、自由に飛びまわっていい。
 ある日僕はラーメンが食べたくなって、探しに出かけた。ラーメン何処だ。
 気がつけば、夜の繁華街に居たんだ。僕と同じく変わった人達が居る。気持ちよくなる薬だって、そんなの売ってるんだ、へー。
 そこで女の子に会った。とても可愛い女の子だった、アケミ、って呼ばれてる。
 僕は運命の出会いをしたんだ。そう思ったのは、再会した時だった。

 遊園地で働いていたら、アケミちゃんを見かけた。
 僕は残念ながら檻の外には出られないから、僕の前を通りすぎていくアケミちゃんを、ただ黙って見ているしかなかった。
 せっかく会えたのに、ガッカリだ。アケミちゃんはひとりなのかなぁ。気になってしょうがないよ。
 どうしても我慢ができなくて、僕はついに、檻を抜け出してしまった。

 アケミちゃんは、ジェットコースターに乗ろうとしていた。
 並んでて、僕は声をかけようかどうしようかと、悩んでいた。
 だけどそこに、とんでもないやつが現れたんだった。

 アクマだ。

 あいつ、知ってる。約2憶5千光年、地球から離れている星の住人だ。
 何でやつが。学校を卒業したのか、きっとそうだ。
 やつらは悪い事を平気でする。だから僕も誰もかも、やつとは関わりたくないんだ。
 無視したいけど、それができない。だって、あいつ、何をするつもりだ?
 見ていると、あいつ、ジェットコースターに近づいて、笑った。

 あ、まずい。

 人が、落ちていく。

 曲がりくねったコースをジェットコースターがスピード上げて走っていったら、人が、子どもが、落ちた。
 そうか、あいつは、固定ベルトをとったんだ。だから席から子どもが落ちた、何てやつだ。

 許さない。

 僕は飛んで、エナジーを放出した。間に合って。
 だけど、助からなかった。
 あの子は高い所から落ちて、死んでしまった。
 あの子を助けるための幸運のエナジーが、足りない。
 もう少しあったら、助けられたのに……。


 大丈夫。
 僕が、絶対に君を救ってみせる。エナジーを、集めたらいいんだ。
 そして集めたエナジーで、君を復活させる。
 だから待ってて。必ずここへ戻ってくるから。絶対だよ。
 君の死体は、あそこへ保存しておこう。誰にも見られないようにしておくね。だって恥ずかしいかもしれないから。腐ってしまったんじゃ、女の子なのに、かわいそう。
 そうだ、ひとりじゃサミシイかもしれないから、仲間を連れてこようか。
 た、す、ケ、て、く、レ。これでいいかな。きっと気になって来る。
 アクマは心配しないで、そこから出ない限り、やつは入って来られない。
 やつは何を考えているのか知らないけど、どうせ気まぐれだ、理由なんか無いに決まっている。
 アクマなんて、滅びちゃえばいいのにね。
 アケミちゃん、待って。
 僕は、アケミちゃんを追いかけて、遊園地を去った。

 園長、有給下さい。
 そう言えば、よかったのかな?



 *



『もともと脳は物事を秩序づけて理解する傾向があるという。何の関連性もないような記憶が浮上してきても、それらを適当に結び合わせて、つじつま合わせをするのだ、って学者が書いてるよ』

 藤川くん、藤川くん。わたし、アリサ。
 宇宙人が出てくる夢を見たんだけど、わたし、宇宙人と何処かで会った事、あったかなぁ?
 ますます謎が深まるばかり。でも何だろ、妙にスッキリした様な。不思議だね?



後書き あゆまんじゅう。こちら
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ