挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

Quod Agis ACT.2『眷族の竜』

作者:riku@circle Potion
今は昔――
仄暗い“災厄の迷宮”の深淵で彼は美しい騎士を見た。
金色の髪をなびかせ、舞うように剣を振るっている騎士。
彼は思う。縛鎖につながれた自分を殺して欲しい、と。
帝国各地に現われる竜種。
人々を蹂躙する魔物はどこから現われたのか。
神代の時代より大地の柱となりし者の絶望と悲嘆。
果たして“皇帝の剣”たる騎士は、仲間たちとともに事件を解決できるのか…
竜種との戦いを描いた『Quod Agis』第二幕。
「序章」
2017/09/19 23:00
第1章「竜の墓所」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第2章「迷宮の竜種」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第3章「精霊の加護」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第4章「哭き声」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第5章「器」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
「幕間」
幕間
2017/09/19 23:00
第6章「故郷」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第7章「大海砂にて」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第8章「下った先には」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第9章「門と剣」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
第10章「眷族の竜」
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
2017/09/19 23:00
「終章」
2017/09/19 23:00
あとがき
あとがき
2017/09/19 23:00
設定資料
設定資料リンク集
2017/09/19 23:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ