挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/43

第四話   第一楽章:ちくはぐなシンフォニー(2)

 はじめての舞踏会は、不思議がいっぱい。見たこと無いものばっかりで、カミィはわくわく。あっちはキラキラ、こっちはピカピカ、夢みたい。

 大きな音がしたほうへ行くと、黒い髪の女の人が慌ててた。
「すみません! すみません! 高そうな食器が!」
 まわりにはこぼれたお料理と、いろんな大きさの透明の石。

「ガラスだぁ。きれいだねぇ」
「あっ、危ないですよ! 私拾いますから!」
「一緒に拾おう」

 全部拾って並べたら、何の形ができるかな。

*

 場内に響き渡った音は、もちろん本日の主催者の耳にも届いた。
 少し離れた場所で貴族達に囲まれる麗しい王子は、マスク越しでも分かる端正な笑顔そのままに、音のした方向へさりげなく視線を走らせる。澄んだ青い瞳が捉えたのは、ふたりの女性が屈み込んで食器の破片を拾い集めている姿。

「何かあったみたいだ。少し外します。あとは皆様で気兼ねなくお楽しみください」
「まあ、王子様。ご自身で様子をうかがいに行かれずとも、食器が割れた程度でしたら使用人がかたずけられますでしょう? 放っておいてもよろしいのでは?」
 輝く月のような王子の髪を、群がる娘達が名残惜しそうに引く。

「そういうわけにもいきませんよ」
「さすがは王子様。その心がけ、ご立派」
 見え透いたおべっかをを使う成金貴族達に道を譲られ、王子は海を割るよう輪から退出。

 破片飛び散る場所へ歩み寄ると、タイミングを見計らったように横から声がかかった。

「王子。ちょうど良かった。ご挨拶の機会をうかがっていたのです」

 マスクで顔は隠れているものの、柔らかく波打つ薄紫の髪と、どこまでも通りそうな雄大な声には覚えがある。先日この人物から謁見の申し入れをうけたばかり。

「あなたはヘルトゥ様ですね?」

 他国の王族だと自称するヘルトゥは、普段は身分を隠し、吟遊詩人として諸国を周遊しているらしい。謁見は、この国の文化を学ぶ為に舞踏会へ参加させてほしいといった内容だった。

「この国の料理は素晴らしい。飲み物も美味しい。参加できて光栄です。ぜひお礼をと、お姿を探していたんです。お会いできて良かった」
「それはなにより。っと、そういえば。お嬢様、大丈夫ですか?」

 視線をうつし声をかけたのは、白桃色の髪の小柄な少女。
 肩に手を置くと、黙々と破片を拾っていた少女はゆっくりと振り返った。
「え? あ、痛っ」
 同時に発せられる小さな悲鳴。
 胸元に寄せられた手を見れば、サテンのグローブにじんわりと滲みつつある赤い色。

「大変だ。すぐに手当てを」
 王子は少女を優雅な動作で引き上げる。

「ヘルトゥ様もどうぞ引き続きパーティをお楽しみください」
「それじゃお言葉に甘えて。ところできみ、ひとりかい?」
「へっ?」

 もうひとりの女性に声をかける彼を背に、王子と少女は連れ立って医務室を目指す。

*

 ホールの奥から歩いてちょっとのところに、医務室はあった。そのソファで今カミィは、お医者さんに怪我を見てもらってる。

 夢のなかみたいだったホールから変わって、音楽も聞こえない静かなお部屋。ここは、夢じゃなくてほんとの場所。

「深く切ってはいないようですね。すぐに出血は治まるでしょう。処置が終わるまで少し話でもしませんか?」
 医務室まで連れてきてくれた男の人が、隣に座って、にっこり笑う。
「僕はトーマス・ファン・ビセンテ・ラ・セルダ。本日は主催を務めております」

 男の人の名前を聞いて、カミィは顔から目がこぼれそうになった。

 本のなかじゃない、本物の王子様に会えるって、舞踏会ってすごい。
 上手におしゃべり、おとなみたいにできるかな? です、とか、ます、とか、頑張って。

「わ、わたしはカミィ・セシル。オルレアン領の伯爵家、セシル家の次女です」
「ほう。セシル伯爵の」
「お父様を知ってるんですか?」
「直接の面識はありませんが、お名前は。たしか、爵位があるのに、自らも貿易を営んでいるとか。こんなに可愛らしいお嬢さんがいるとは知らなかった。良いモノをお持ちですね。そちらの風変わりなマスクもお父様の貿易のお品で?」

 そちら、と指をさされたのはさっきもらった不思議なマスク。

「いいえ。これはさっき知らない人にもらったもので、わたしのマスクは……あっ、無い! ごめんなさい。さっき暑かったから脱いじゃって。仮面舞踏会なのに、マナー違反だ。あわわ」
「構いませんよ。咎めるつもりで言ったのではありません。それに、あなたは仮面をつけないほうが良い」

 とっても素敵なマスク。何に使うのか、聞いてもよくわからなかったけど、いろんなことに使えそう。ごちゃごちゃしてかっこいいし、ちょっと怖くて、胃のあたりがきゅっとするところも好き。つけないほうが良いなんてショック。

「わたしには、似合わないですか?」
「ああ、肩を落とさないで。悪い意味ではありません。必要無い、と言い換えましょうか」

 仮面舞踏会なのに仮面がいらないなんて。王子様のお話は難しい。

「どういうことですか?」

 王子様は何も言わないで、ただ目を細くした。

 そのとき、道具箱を片付け終わったお医者さんが立ち上がった。
「処置が終わったようですね」
 包帯を巻いてもらったカミィの指に、王子様はそっと触れる。

「えっと、なんだかよくわからないんですけど」
「気にしないで、あなたはただ笑っていればそれでいい。でないと猫が死んでしまいます。それでは、残りもごゆっくり。お大事に」

 ダンスみたいなエスコート。気がついたらカミィはドアの外。目の前で鳴った鍵の音が、ちょっとだけ冷たいと思った。



 医務室を出たら、帰る道はまた夢のトンネル。
 ホールでは音楽が大きくなっていて、パーティはまだまだ終わらない。

「お父様とお母様はどこかなぁ」
 キョロキョロしてたら、頭が何かにポスン。

「ちゃんと前を向いて歩かないと危ないよ」
「ごめんなさい。あっ、あなたは」
「用があってきみを探してたんだ。ここは人が多いから、あっちのテラスへ行こう」

 そう言って、ぶつかった人――不思議なマスクをくれた人は、カミィの手を引いて外へと連れ出した。





 雪の朝みたいに眩しかったパーティホールとは違って、テラスはぼんやり優しい光。お空の上で、こどもの星が遊んでる。空気が冷たくて、ふぅっと息を吐いたら赤ちゃんの雲が生まれて浮かぶ。

「この包帯はどうしたの?」
「ガラスを拾ってたら怪我しちゃったから、お医者さんに巻いてもらったの」
「血が出たの?」
「ちょっと」
「血液型は何型?」
「O型だよ」
「へえ。ところで本題なんだけど、僕、きみを好きになったみたい」



――。


 見える世界が、塗りつぶされた。
 目の前に、虹色のバブルがぶくぶく。お絵かきするおもちゃ箱が転んじゃった。テラスがテラスじゃなくなって、絵の具の海みたいな、ここはどこ?

 時間が止まっちゃって、息が苦しくて何も言えないでいると、マスクをくれた人は早口で、

「きみを見ていると、今まで感じたことのない不可解な気分になるんだ。他の人間の前ではこんな症状が出ないから、病気でないとすれば、僕はきみを好きになったっていうことになると思う。きみに近づくと感情が昂るんだ。おそらくドーパミンが多量分泌されている。手を握ると心拍数が増加するのはノルアドレナリンの分泌のせいだ。そして今、少し不安になっているのはセロトニンの分泌が少なくなっているからだ。明らかに平常時とは違う脳内物質が出ていて心とからだに変化を起こしている。この症状から導き出される答えは……恋……というものだと思う。この心理状態をもっと詳しく研究してみたい。ひとりじゃ無理なんだ。協力してくれるよね?」

 そう言って、もう一度カミィの手をお祈りみたいに両手で優しく包んだ。



 難しいことはわからないけど、この人はわたしに「恋」しちゃったんだって。

 恋。恋って何だろう。
 カミィが好きな絵本では、王子様とお姫様は、出会ってすぐに恋をする。王子様は眠ってるお姫様を好きになって、キスで目覚めたお姫様も、王子様を好きになる。百年眠ったお姫様も、毒の林檎を食べたお姫様もおんなじ。
 わたしもいつか男の人を好きになるって思ってたけど、この人がわたしの王子様?

 からだが、ふわふわ、シャボン玉。雲の上まで飛んでいっちゃう。
 握られた手が温かい。熱がからだ中に広がって、あっという間に春になる。
 何か言わなくちゃ。なんて言えばいいんだろう。
 男の人の目は暗い金色。そのなかに、口をパクパクする金魚が見える。

「あの、わ、わたし、わたしも……」
 なんとかお返事しようとしたとき。

「お話中失礼致します。セシル家のカミィお嬢様でいらっしゃいますね? お父君からあなたを探すよう言付けを預かって参りました」
 お城の人が、しゃぼん玉を突っついた。パチンと破れて、夢は終わり。

「あ! そういえばわたしもお父様を探してたの。もう帰らなくちゃ。ごめんなさい。今度お手紙を出すからきっと読んでね」

 カミィは慌てて手を離して、急いでホールへと走った。履いてる靴はガラスじゃないから、ちゃんと両方、足にくっついたまま。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ