挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ(カミユ)

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/43

最終話   終幕:ある晴れた日のキャロル


 国は今、新しい体制をつくり上げている最中だ。

 王族の最後のひとりだったトーマスが消え、統治者が居なくなり、混乱するかと思われた国内。
 しかし、意外にもあっさりまとまることになった。

 反乱のあったあの日、ジュンイチに言われた通り問題の部屋へ駆け込んだヘルトゥ。
 彼はそこでマリクから事情を聞き、すぐさま「王が居なくなった」と各陣営へ伝達。すみやかに停戦を促した。

 もとより王の独裁により起きた反乱。その王が居なくなったとあって、反乱軍側に戦う理由が無くなった。
 城陣営側にとっても、攻めてこられたから応戦しただけのもので。
 主が居ないのに、一体何を守ればよいのか。

 反乱軍は、勝った。

 たしかに勝った……のだが、あまりにあっけない終わり方。何せ、捕まえて尋問しようとしていた王が影も形も無く消えてしまったというのだから、実感がいまいちわかない。

 狼狽える、はたまた放心する者達の前で、ヘルトゥは声高らかに民主主義を説いた。
 自らが過去に犯した過ちを、繰り返してはならないと。

 その場から教会、城、市民、ポリシア、スラムの代表者をすばやく決め、彼らをとりあえずのリーダーとし、言ったのだ。
「新しい国の体制を、皆が納得できるかたちで、これからつくりあげていけばいいじゃないか」。

(ちなみに、スラムの代表を決めるとき「君、やってみないか?」とヘルトゥが誘い「やらねーよ、めんどくせー!」とマリクが辞退するやりとりがあった)

 そういうわけで、連日代表達による会議が開かれ、現在国は新しくうまれかわろうとしている。




 ジュンイチとカミィは、宣言通りに結婚した。

 怪我の治療が済んだあと、カミィはジュンイチによって自宅へ送りとどけられた。
 反乱が決行されていたことを知らなかった両親は、ボロボロのカミィの姿を見て言葉を失った。

 ジュンイチが事情を説明し、そのついでとでもいうように、
「それと、僕達結婚します」
 なんて報告したときには、母は言葉だけでなく気も失ったほど。

 けれど、ジュンイチがカミィの命を救ったこと、侯爵の地位である吾妻家の当主であること、それになにより、無理に嫁がせた結果を聞いて、両親はこの報告に異を唱えることはしなかった。

 慌ただしく日々が過ぎ、撃たれた傷が良くなった頃、ふたりは小さな結婚式を挙げた。

 参列者はカミィの両親、そしてセバスチャンだけ。
 マリクも一応招待したものの、欠席の返事が届いた。

 カミィの左手の薬指には、ジュンイチがマリクから託されたあの指輪が嵌められた。
 十年の時を経てカミィのもとへ戻った約束の指輪は、宝箱じゃなく、薬指にそっと収まって。

 そうして夫婦になったふたりが吾妻邸にて共同生活をはじめてしばらく。
 事件は起こる――。


*


「ジュンイチくん! 大変! わたしのプリンが無くなっちゃった!」

 これは大事件だ! と、愛する夫の書斎に駆け込んだカミィが目にしたのは、まさにそのプリンの最後の一欠片を口に放り込もうとしているジュンイチの姿。

「あ。これ、カミィちゃんのだったの。ごめんね、糖分が欲しくて。僕、食べちゃった」

 ジュンイチはポリポリと頭を掻きながら、スプーンを口にくわえてバツが悪そう。
 カミィは目にいっぱいの涙をためて、

「ふえぇ! 一緒に半分こして食べようと思って、昨日から楽しみにとっておいたのに。ひとりで食べちゃうなんて、ジュンイチくんのばかー! うわーん!」
「泣かないで。新しいの買ってあげるよ。百個ほどあれば足りる? おーい、セバスチャーン!」

 呼ばれてやってきた老執事の目に飛び込んだのは、泣いてしまっている奥様と、それをじっと観察している主人の姿。

「どうなされました?」
「プリン食べたら泣いちゃった。ああ、本当に、夫婦というものは難しくも面白い。この出来事はレポートにまとめておこう。プリンを食べると泣いてしまう、と……」

 うわーん、から、シクシク、に変わってきた泣き声の横で、主人はやや興奮気味に、ガサガサと紙の山を漁りはじめる。
 積み上がっていた紙の束が雪崩となって、部屋の床を埋めた。

「それでは私が、別のプリンを用意してまいりましょう」
「ありがとう。百個くらいあれば足りると思うんだけど」
「そんなにはいらないよぅ。でもクリームの乗ったやつがいい」

 その場で膝をついて一心不乱にペンを動かすジュンイチと、鼻をかみつつちゃっかり要望を述べるカミィ。
 若い夫婦を微笑ましく思いながら、セバスチャンは立ち上がった。

 そして振り返って一歩踏み出そうとした次の瞬間。

 右足が、ジュンイチの散らかした紙の上をすべり、空を切って、視界が急激に半回転。
 ゴッ! という硬い音がしたかと思ったら――

 彼は床にひっくり返っていた。

*

「骨に異常は無いから、ただの打ち身だね。一日ゆっくり休めば、明日には動けるよ」

 ジュンイチの診察を受けて、ベッドに横たわったセバスチャンは眉を下げた。

「申し訳ございません。まさか滑って転んでしまうとは。このままでは、本日の執務に支障をきたしてしまいます」

 時計の短針はまだ真上にすら到達しておらず。
 一日ゆっくり休息、というには早過ぎる時間。


「困ったな」
「まことに……。実のところ、ご結婚なされて坊ちゃまも屋敷で過ごされることが増えましたし、人員を増やそうと考えていた矢先でございました。もう少しはやく行動にうつしていれば」

 ジュンイチは「へえ」と一言。

「それって、何か条件ある?」
「若く健康で、信頼できる、あわよくば坊ちゃまの友達にもなりえるような人物。が一番の希望でございます」
「友達っていうのは難しいけど、若くて健康なら、心当たりがある。連れてこよう」

 ジュンイチはおもむろに立ち上がり、隣に座る妻の手をとった。

「カミィちゃん、出かけよう」
「うん! ついでにプリン買ってくれる? クリームの乗ったやつ」
「いいよ」
「やったぁ! 二個買って、一個ははんぶんこしようね」
「いいよ。セバスチャンは、僕が帰るまで寝てて」

 仲良く部屋を出るふたりを見送って、ゼバスチャンは言われた通りに目を閉じた。
 主人は、変わった。今の彼は、よく、笑う。


*



「やあ、元気?」

 間延びした声が、風とともに頬を撫でる。
 聞き覚えのある声に振り返ったマリクの視界に飛び込んだのは、ヘラヘラと笑って片手をあげる白衣。予期していなかった客の訪れ。

「ああ!? 何しに来た」

「なんスか!? 誰スか!? 俺ら今から仕事行くんだけど!?」

 ボコがチョロチョロと突然の訪問者を威嚇するも、「こんにちは」と、ジュンイチの後ろからカミィが姿をあらわせば、とたんに勢いをなくして頭を下げた。
「あっ、こ、こんにちは……ッス」
 口を固く結んでマリクの後ろに立つデコに向かって、「やべーよ。可愛い女のコだ、ボスも隅に置けねー! てかアレ? あのコなんか見たことある系?」と、小声で話しかけている。

「うるせーな。ちょっと静かにしてろ!」
 マリクは振り返って子分達を怒鳴りつけ、数歩進み出て招かれざる客と対峙。
 近づくと、厄介事の匂いがした。

「わざわざこんなとこまで、何の用だ」
「マリクくん。きみ、うちで働いて」


「……は?」


「じゃ、行こう」
 ジュンイチは、事態が飲み込めず立ち尽くすマリクの腕を掴み、そのまま人さらいよろしく連れようとする。

「待て待て待て待て! おい! 何だどういうことだ!? おい、待て!」
 早口で騒ぎ立てても、抵抗むなしくずるずる引かれ。

「待てっつってるだろーがよっ!」
 殴りかかろうと拳を上げれば、後ろに目がついているのかと思うほど無駄のない動きで避けられ、流れるような動作で拳をキャッチ。

「くそっ! お前はあいかわらず空気が読めない!」
「何か不満がある? お給料はちゃんと払うし、住み込みの部屋だって用意する。ここよりずっと広いし、ベッドだって上質。生活環境はずっと快適になるよ」
「そういう問題じゃねーんだよ。俺にはもうすでに仕事があるんだ。なあ。デコ、ボコ?」

 部屋の奥に向かって問えば、返って来たのは「え? なんスか?」と、気の抜けた返事。カミィと話し込んで、まったく聞いていなかった様子。

「あのねぇ。マリクが、うちで働いたらとっても良いなって思ったの」
「あ、なるほど。そッスねえ! ボス、行ってもいいスよ! 俺ら仕事のやり方はわかるッスから、引き継いでやりますよ! いいなあ、貴族のお屋敷に住めるんでしょ? すげーいい暮らしッスね! あ、たまに遊びに行っていいスか?」

 うらやましッス! と全力の笑顔で、おそらく本気でそう思っているであろうボコと、その横でただ頷くだけのデコ。部下の裏切りに、開いた口が塞がらない。

「決まりだね」
 頷いて、ジュンイチは再びマリクを引きずりはじめた。

「待て! ちょっと、強引すぎねーか!?」
「欲しいものは自分で取りにいけって、きみが言ったんだよ?」

「お前……馬鹿野郎」
 マリクは観念して吾妻邸で働く決心をした。



 きっとこれから、今までよりもっと楽しい毎日がはじまる。
 そんな予感に包まれた、ある晴れた日のことだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ