挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
そしてふたりでワルツを 作者:あっきコタロウ

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/45

第二五話   ☆そしてふたりでワルツを


 カミィが目をさますと、知らない天井が見えた。薄く広がるレースみたいなオレンジ色がチラチラ。

「ここ……は……」
「城の医務室だよ」

 お返事に、ぼんやり首をまわすと。
 すぐとなりで、わたしの、わたしだけの王子様が、にっこり笑ってる。

「あ……が……つま……様? 吾妻様!? あっ、痛ぁい」

 腕とおなかが、とても痛くて動けない。

「王に撃たれたんだよ。じっとして。まだ安静にしていないといけないよ」
「トーマス様に? トーマス様はどうなったの?」
「あの従者と一緒に消えたよ。あれはもしかしたら、忍者、という民族じゃないかな。本で読んだことがある。服装が似てた。確証はないけど。彼らがどこへ行ったのかは分からない。それどころじゃ無かったから」
「トーマス様、逃げちゃったの」

 目を閉じれば、カミィのなかにあるのはモヤモヤ。

 トーマス様とお友達になろうって。ひとりじゃないよって教えてあげようって。
 頑張ってみたけど、ちょっとお話をするだけでも思ったとおりにならなくて。

 ハリネズミさんは愛を知らないまま、優しい心を忘れたままで、トゲトゲで人を傷つけて逃げ出しちゃった。

 わたしは、"たったひとりの人の心(ももいろのま)を動かすこともできな(るにもなれない)い。"


 それは、なんだかとっても悲しいと思った。



 顔を横に向けて見えるのは、ボロボロになったわたしの王子様。いつもより髪がボサボサで、触れるとベタベタしてそう。それに、お顔も暗くって、元気が無いみたい。

「吾妻様、だいじょうぶ? お洋服にいっぱい血がついてるねぇ。痛いの? 怪我しちゃった?」
「これの大半は僕の血液じゃなくて、カミィちゃんのだよ。僕は痛くない」
「わたしの怪我、吾妻様が見てくれたの?」
「うん。外科手術は得意なんだ」
「どうもありがとう」
「どういたしまして」

 吾妻様は、やっぱりすごい。とってもかしこくって、難しいこといっぱい知ってて、おっきくって、強くって。

 わたしも、これくらいすごかったら……。
 そうしたら、ももいろのまるになれたのかな?



「あのさ」


「なぁに?」



「やっぱり僕達、結婚しようよ」



――。


 世界を塗りつぶす魔法の呪文が、思い出と同じにもういっかい。


「カミィちゃんを失いそうになって……いや、一度失って、気づいたんだ。僕にはカミィちゃんが必要。もう二度と手放さない。誰にも譲らない。もうこんなことが無いように、目を離さない。だから結婚して、一生、僕のそばにいて」

 そう早口に言って、王子様はカミィの手を、お祈りみたいに両手で優しく触った。
 その動きも、舞踏会のときと全部おんなじ。

 けど、こたえは、同じじゃダメで。

 だってもう、絵本のお話と全然違う。
 わたしはお姫様になれなくて、ももいろのまるにもなれなくて。


「でも……わたし、何になったらいいの?」

「何にもならなくていい。カミィちゃんはカミィちゃんのままで、僕のそばに居ればいい」




 ね、だから、結婚しよう。




 吸い込まれそうな太陽の色の目。強く、強く、眩しくって。

「え、えっと、パパと、ママに、聞いて、みなくちゃ、なの」
 涙はどんどん流れて出るのに、声はプルプル。じょうずに出ない。わたし、こんなにおしゃべりが下手っぴだったかな? 

「それはもう無意味だ。だめだって言われたって、今度はさらうつもりなんだから。カミィちゃんが僕を好きじゃなくたって、僕はカミィちゃんが欲しい」

「わたし……わたしは……」


 ごしごしと涙をふいて。
 ツンとする鼻の奥が、なおるのを待って。
 声の震えが、ひっこんだなら。


「わたしも、吾妻様がすき。はじめて会った日からずっと、だいすき。わたしも、結婚してほしい、です」


*


「なんだか、舞踏会の夜がもういっかい来たみたいだねぇ」

――夢見る少女の瞳で、彼女がそう言ったから。

「それじゃ、ふたりでワルツを踊ろうか。怪我が治ったらね」

――彼は、悪戯な顔をした。
オマケの小話集ちびワルツ!
設定資料&らくがき集What is Waltz?
小説家になろう 勝手にランキング

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ