挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
―とある姫様と領主の実記―CRAZY CONFLICT 作者:漣 出雲

第一章 †夜に昇る宴†

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/59

SIDE - Tue・noduolor -




SIDE - Tue・noduolor -





男は無表情のまま窓の外を見つめた。

外は夜。天にはぼやけた、欠けた月。
――半端だ、と。その男は舌打ちをした。
このような月ならば、照り出ない方がまだ気が治まる。
彼にとってこの程度の月では、些か血が騒ぐ事も無い。

満月の夜になれば、彼等は体力や活力、精力に至るまで、通常とは異なった生命力が涌き出る。それこそ人間が平生神話や寓話の類としながらも恐れ慄く、魔族の為の夜になるのだが―――如何せん今夜はそれなりに煮え切らない月具合であった。


そのおぼろげな半月のぼんやりとした月光が照らしだすのは、その男の“要塞”とも呼ぶ事の出来る城一帯である。灰色をした、威厳を含んで聳えるその建物は、まさに人間のそれとは違った雰囲気を纏う。聖レィセリオスの白い城壁のそれと比べれば、一目瞭然であるだろう。


男は、城の二階に自室を控えていた。
ゆったりと弾力ある椅子に身を沈め、先程からじっと窓の外の天を見やっている。

彼は若かった――人間の感覚からした、見た目の上では。

年の頃なら二十代半ば過ぎだろうか。漆黒の美しい頭髪を後方に撫でつけ、双眸は闇より深き暗黒を湛えてい、人から見ればやや青白いであろうと見える肌は、淡い月光を浴び、その美しい容貌を更に美しく飾っている。

男は細く長い指で、つぅと手元に携えていた数十枚の書類を静かに捲った。

軽くそれらに目を通した後、椅子から腰をあげる。

長身の身に纏った黒のシャツ。室内の為、黒の包衣等は着掛けに掛けているが、それでも男はその室内さえも暗く闇を宿し――正しく漆黒一色に染めていた。

不意に男は立ちあがり、窓の傍へ歩み寄った。



「ロドメ」


ふっとその目を細めたかと思うと、いつから立っていたのか、扉の元に佇む一人の老人を呼びつけた。
白髪を柔らかくではあるが後方へ整え、口元に髭を蓄え温厚に目を細める老人。
彼は返事をすると、ゆっくりと主である長身の男へ近寄って行った。
執事であろう、ロドメと呼ばれたその老人は、主人から書類の束を手渡されると、はて、と言った表情で、首を少しばかり傾げた。

「そいつをレィセリオスに届けておけ」

主人である男の言葉に、老人は、毒気の抜かれるような、そんな表情でにっこりと微笑んだ。

「ト・ノドロに来るからには、それくらいの覚悟が必要だ」

あぁ、そうで御座いましょうに――、老人は微笑んだまま深々と一礼をする。
そのまま扉の方へ向かい、蝋燭の一本もも灯さぬその部屋を、静かに出ようとした。

「――あれは何だ」

歳若い男は、しかし老人を呼びとめた。
あれ、と申しますと。
老人は畏れ多きとしながらも、窓際へ立ち呆けている主人の元へ歩み寄った。
主人の漆黒の双眸は、窓の外をじっと見つめているままだ。


月は半月、おぼろげ――しかし、外が異様に明るい。
見れば、城から暫し離れた城下の街には、いつもの倍の明かりが灯されていた。
人間達の世から隔離された街。いや、気付かぬ人間が愚かなだけであろうか。(あの者達が思っているより、こんなにも世界は広いというのに、)


「あれは、夜光獣の戯れか」


「いえいえ、あれは民の宴に御座います」


「では、今宵は何かの祭典か」


「いえいえ。あれは祝と混乱に御座います。早々に姫様がいらっしゃるからでしょう」






人間がト・ノドロに来るのは久しい事で御座いましょうから――――、


老人は最後にそう言うと、もう一度深々と礼をする。
主人の机上の水差しが、まだ中身が満たされれいるのを確認すると、今度こそ書類を手にしたまま静かにその部屋を出て行った。





残った男は一人、今だ暗黒の部屋の中でぼうっと外を見つめている。








――ソルディス・ジェノファリス。



その名を携える男の目前に広がるは、東方魔族達の巣食う都市ト・ノドロ。
人の関与する所にあらず、その存在は人の住む世からかけ離れている。

人間に敵する数の魔が蔓延るその一画を支配する男は、何かを考え込むように手を組み眉間に皺をきっと寄せ、直に来るであろう混乱を思い描いた。




不意に頭を過ぎるのは、肩を流れる淡いブロンド。
そして、何かを見つめる時に微かに瞬く睫。
言葉を紡ぐ唇は、薄桃色のそれであり、双眸の緋色はローズラウンドの宝石を髣髴させるように静かに揺らめく。端正な顔を歪ませたまま、彼はその闇を思わせる不機嫌そうな双眸の奥に、今だその手に触れられぬ一人の少女を思い描いた。





「…………茶番だな、ジニア」





低く響いた声は行き先も無く、それきり夜の闇に消えて行ったのだった。





+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ