挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
―とある姫様と領主の実記―CRAZY CONFLICT 作者:漣 出雲

第一章 †夜に昇る宴†

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/59

「ハァ、ハァ…っ!」


耳に響くのは自分自身の死へ迫る呼吸のみ。
草を踏み分け、木々を駆け抜ける。
夢中も夢中、奔走は圧倒的な死期に掻き消されている。

彼は己を疎んだ。
何故に、何故にこのような鬱蒼とした道へ外れてしまったのかと。
そして何故に、何故に白昼にも関わらず、後方から遅い来るアレは、意気揚揚姿を為しているのかと。


「ハァ……っ、、う、ハァッ、……!!」


息も絶え絶え、足は縺れ、途端に彼は、じめじめとした草葉の上に転げ倒れた。
両手を泥に塗れさせ、おまけに石で掌を擦り切った彼は、それでも必死に立ち上がろうと体を両腕で支え、そして咄嗟に後ろを見やった。


「――――ひ、」


悲鳴になりかけたそれは轟音に掻き消された。
獣の唸るような声と唾液の飛び散る音。
木々が軋む音――肉を切り裂きしゃぶりつく音。
ヴヴヴ、と低く耳障りな音は、人間の発するそれではなかった。
浅ましいかな、その姿は湿った陰樹の中に紛れ、飛び散ったどす黒い赤い血飛沫は、そのまま魔の森へ生きる糧として吸収されていったのだった。







++++++++++++++++++++





「“婚儀が無い”?」


ティナは食事を進める手を止めた。

「ええ」
「無いって言うと」
「無いものは無いのです」
「それじゃあ、私は、何も正式な手続を取らないで嫁ぐっていうの?」
「それは違いますな。もう既に婚姻の手続きだけは済んでおります」
「いつ!?」
「先週の日曜日に」

淡々と。しかし、渋い表情で苦痛そうに、カステル・ジニアは返答した。
彼は今、この混乱極まりないお姫様の相手をすることに全精神勢力を費やしている真っ最中。

明かされていく事実に動揺する彼女の手に握られたフォークは、いつ彼を目掛けて突きしてくるか分からないように、奮える掌のなかに収まっている。

ティナはまだ落ちつかない様子でカステルを睨み続けた。

背中まで伸びた淡いブロンド。
眉下で揃えられた幼い前髪。
緋色の双眸を揺らめかせて。

必死に、カステル・ジニアへ語り掛ける。
いささか興奮している所為か、頬は多少紅潮気味。
それもその筈。
何せ人生に一度の結婚だというのに、「婚儀は一切執り行われない」と言うのだから。

「……カステル、私は結婚するのよね?」
「そうです」
「……しかも人間じゃない、魔族の人と?」
「そうです」
「なのに、夢にまで見た結婚式すら無いなんて……!」


『将来の夢は、簡素で良いから、素敵な結婚式をあげること』。
そう信念を持っていたティナは、尽く夢を破壊され打ちひしがれた。


「相手方が嫌がっておられるのですよ。なかなか、我々“人間”の前に姿を見せるのを嫌がるお方でして――正式に断りを入れられました」
「嫌がっている!?」

結婚式を嫌がっている!?
こっちだって好き好んで婚姻を承諾したわけじゃあ無いっていうのに!?

「嗚呼……ひょっとして私、正妻じゃなくて、魔族のお妾にされちゃうのかも」

ぼそりと呟くティナに、カステルは、声を荒げた。

「それは断じてありません!そんな輩のところへなど、我々臣下が挙って貴方を嫁がせるわけが無いでしょう!お願いです、そのようなことはお考えなさらないよう」

うん……魔族っていうだけで、大層な輩だと思うんだけどねカステル……。


――まぁ、つまりティナが言いたい事は。

突然参り込んできた魔族との結婚に際して、それなりの覚悟は出来ている。
突っぱねるような捻くれたプライドなんて今更無い。
それでも永遠なる乙女の夢・結婚式くらいはさせて欲しかった!!!
――と言う事なのであって。

もっと厳密に言えば。

結婚式は無いにしろ――
婚約と言うものに多少の憧れがある世代である故、それなりの甘い雰囲気は維持させて下さいお願いします、と言う事なのだった。

彼女だって、贅沢はしない人間だとは言え。
彼女だって、国家最高権力者とは言え。
彼女だって、立派な一人の女性なのだ。

いかにして、甘い新婚生活を迎えるか――
ティナは、この婚姻について自分なりに想像を巡らせてみた。
それはもう、考えに考えた。
この短い昼食の時間、それこそ、勉学の時間のよう、知恵熱が出そうになるほど考えた。


カステルの言う事が真実だとすれば――

ティナの婚約者は、隣森ナスリカを延々と進んだ奥に住んでいるという。
そこは、鬱蒼と陰樹の木々が生い茂る森の中。
ティナにとってはまさに未知の世界。
魔族が繁栄しているというその領土は、彼女が想像するにはあまりにも現実離れした世界。
恐らくは、その新婚生活とやらも、糖分ゼロの苦ぁい紅茶の如き生活。
触れるもの全てが、想像を絶するモノ――

駄目だ。「甘い新婚生活」の“あ”の字も出てこない。

ティナは深くため息をつく。


「婚儀は無いのは、……まぁ分かった。それは諦める」
「そうですか。ありがたいお言葉です」

ほ、と安心したように息をつくカステル。

「国民にはどう説明するの?」
「ティナ様が向こう方のお城へ嫁いだ後、時期を見て、私が正式に布令いたします」
「それは――ちょっと不安ね。国をまとめる女王が突然いなくなるのよ?それも、見た事すら無い魔族と結婚をするために」
「“国民を守るため”。その一点で、納得して貰うしかないでしょうな。しかし、すぐに今発表した所で、国民が混乱するだけです。中には魔族と争うなどという体制を見せる浅はかな輩も現れるかもしれませんから」
「確かに、それは一番困る事態だわ」
「そうでしょう。ですから、国民へは後回しです」

カステルは辛そうに眉間を抑えた。
ティナの補佐であり父親代わりであると言う事も相俟って、相当睡眠を押し、彼女と魔族の婚姻を推し進めてきたのは彼自身である。
反発するであろう国民。
混乱するであろう隣辺国家の反応。
婚姻手続の進め、等など。
全ては彼の指令の元に動いている。

「それとね、カステル。もう一つ聞きたいんだけど」
「はい何でしょう」

「――というよりは、聞かなければ気が済まないわ。

ご親切にも、私を人間で無い何処の誰とも知らない何かと結婚させてこの国を魔族の手から救おう等という――確かに正統といえば正当な手段ではあるけれど――個人の尊厳を考えない凄まじい行動をしたとんでもない発想をした人物は一体誰なのかしら?」


――場の空気が固まった。

カステルを見つめるのは、屈託無いティナ王女の笑顔。
国民から信頼を寄せられ、正確温和、我侭も言わず、小さな体一つで数年国を背負ってきた彼女のその悪意が無き笑顔には、実際とんでもないほどの色濃い感情が潜んでいる。

冷や汗をかくと共に、カステルは唾を飲んだ。
ティナよりも齢一回りも二回りも上を行く彼であるが、こういう機転はめっきり弱い。

「えぇ、それはですね……いや、はい」
「“いや、はい”?ねぇカステル。こっちを向いて」
「ティナ様。世の中には知ってはいけない事があるのをご存知ですか」
「カステル。これは私が最も知るべき最重要事項だと」
「姫君――伝統というものは、いつ何処で始まったか分からないから伝統なのですよ」
「伝統?この魔族との結婚が、伝統?それだったら、何故に母上は魔族の元へ嫁がなかったの」

――上手く話が逸れた。
加えて、追って問い掛けられたティナの言葉に、ようやくカステルは緊張を緩めてふっと目を細めた。

「ティナ様、貴方――勉学の時間、真面目に神学や歴史学を勉強無さっておりませんでしたな」
「……う、それは……、関係無いじゃない」

いいえ関係御座いますとも、というと、カステルはようやく手元の冷水を口にする事が出来た。
ティナの予想外の抜けっぷりに、彼も気が抜けたのだろう。
何となく馬鹿にされたような気分のティナは、顔を多少赤くしながら、それでもきっと睨みつけるようにカステルを見つめた。

「魔族と人間では、寿命が違うのですよ――それこそ、百年千年が当然である魔族は、我々人間より遥かに長い命を授かる事が当然なのです」
「そのくらいは知ってるわ。新神文書で読んだもの」

子ども扱いしないで、とティナは頬を膨らます。

「では考えて御覧なさい。
 ある魔族の元へ、王族を一人嫁がせたとします。
 その魔族が滅び、子孫が成長していざ次の王族を引き取ろうとした時――
 果たして我々人間の国では何代王が入れ替わっているとお思いですか?」
「え?……あ。……あー」

なるほど、納得。
ティナはようやくフォークを握る手から力を抜いた。

「あー、ではありません。もっと精一杯思考を働かせてください」
「働かせようとしても頭が動かないのよ、不安でいっぱいいっぱいで!」
「それは我々も一緒です」
「食べ物が違うかったらどうしよう……いきなり晩餐に人間の肉なんて出てきたら!」
「そんな事は心配しなくとも大丈夫です」
「もしもいきなり食べ殺されたら?……ほら、よく言うじゃない?うら若き人間の柔らかな肉が目の前にっていうアレ!結婚初日にいきなり食べられたら、それこそ新婚生活どころじゃないわ」
「ですからティナ様、大丈夫ですと申し上げているでしょう」
「さっきから大丈夫大丈夫って言ってるけど、それに一つでも確信が――」

傍から見たら年の差カップルの夫婦漫才。
ティナとカステルの延々と続く昼食中の討論は、しかし、突如広間に入り込んできた一人の臣下によって遮られた。

転がり込むように扉を開け床に膝まづいた年若い臣下は、顔面蒼白、息を切らして、ティナを見上げた。

「た、大変です!!」
「騒々しい。王女が昼食をお取りになっているのだぞ」
「申し訳御座いません、し、しかし……これは早々にお伝えすべき事かと」

ごくりと唾を飲む込む音が聞こえた後、臣下は震える唇で言葉を紡ぎ出した。

「兵士が一人―――、……先刻、隣森ナスリカにて、魔獣に襲われ、食われたとの一報が、」

がたん!という音とともに、ティナとカステルの双方が勢い良く起ちあがった。
はずみで、手元のグラスから水が揺れ溢れる。

「何と!」
「ナスリカの森には、城からの許可が無い以上、入ってはいけないって警告が!」
「何故勝手な真似を!こんな大事な時期に!」

カステルが鋭い剣幕で声を荒げた。

「ほ、本日早朝、下官の一人が魔の森に迷い込んだとの情報が入りました。それを捜索しに単独で入った、上官が――」
「迷い込んだだと?そんな話は入っていないぞ!」
「二人とも冷静になって。事の詳細は?」
「本日、森の周辺にある軍の演習場で、軍事訓練が行われておりました。その際、訓練に参加していた下官が途中で行方を晦ましまして」
「……」
「皆で近隣を捜索したのですが見当たらず、彼の上官が」
「ナスリカに入ったとしか考えられない、と判断し、単独で後を追ったと?」
「仰る通りです」

臣下はひとしきり喋ると、ごくりと唾を飲みこんで息を整えた。

「上官は部下を安全な場所へ撤退させた後、単独で森隣を捜索した模様です」
「城に通達も送らないまま、単独であの森へ?」
「浅はかな――捕って食えと獣に言っているようなものだろう」
「初めは安全な大きな道を通って行ったらしいのですが……」
「迷った、と」
「部下の話では、上官が森に入って数十分後、獣の唸る声が聞こえたとの事です」
「決定的だな」

カステルはこれまでにない深い溜息をついて、どっかりと座した。

ただでさえ、この幼い女王様には、魔族に対して警戒心しかないというのに!
更には、森の奥深く、魔族の巣窟へ入る事を説得しかけたばかりだというのに!
これでまた国民が一人犠牲になったとあれば、呑み込みかけた婚姻を破棄すると言い兼ねない状況。

――してやられた、と言わんばかりの沈んだ表情のカステル・ジニア。

「被害者の家族には、正式に謝罪の文を」
「こんな事件があった後に、私が魔族へ嫁いだ何て事が国民に知らされたら、皆大反乱を起こしかねないわ」
「確かに、貴方は国民からの人望が強くおありです。そのような事態は極力避ける様に尽くします」
「………………………………婚約破棄には」
「なりません!!」


どいつもこいつも、頭を悩ませる人間ばかりだ―――
カステル・ジニアは娘にも似た存在の女王様を、少しだけ怨めしく思った。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ