挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
―とある姫様と領主の実記―CRAZY CONFLICT 作者:漣 出雲

第三章 †枯槁と花果†

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/59




「もう少しソルディスの様子を見たい?」

ニルは、確かに固くて寝心地の悪そうなベッドに腰掛け、入り口の所に立って此方を見据えるティナを見た。グロチウスはニルの傍に立ったまま、少しばかり驚いた様子で姫君を見る。

「うん、もう少しソルディスをそっとしておきたいの。ニル姉も、すぐにソルディスを城に連れて帰るつもりじゃ無かったでしょう」
「まぁ、それはそうだけど」

さして深刻に困った様子も無く、ニルはちょっと首をかしげて考えた。

「ソルディス、きっと疲れてるの」ティナは言う。「今まで、凄く疲れてて、今ちょっと休みたがってる――そんな気がするの。だから、もう少しここで休んでいて欲しい。クロムや、城の人たちには迷惑かけるかもしれないけれど」
「仕事の方は大丈夫。気にする事無いわ」

でも、「ティナ――貴方は良いの?」

言葉に、ティナは、静かにそっと目を閉じた。
落ち着いた声で、「ソルディスが、それを望んでいるの」そう続ける。


“ネイビス”は、ティナに言った。

目が覚めたとき、何も分からぬ自分に、安堵感を与え介抱してくれたのはアリシアだと。
記憶を失い、取り留めの無い日々を送る自分に、花の彩と木々の青さを教え、甘い果実の実に触れさせたのは彼女だと。

もうじき、傷は治る。
いつかは、自分が元居た場所へ帰らなくてはならないかもしれない。
しかし、今は、何もかもを忘れている今は、こうして彼女がしてくれた事の恩を返していたいのだと。

「ソルディス、きっと今まで凄くいっぱいの事抱えて疲れてたんだと思う。私はそれに気付かなくて、何もする事が出来なかったけど……でも、だから、今はソルディスがやりたい事をさせてあげたいの。わがままな話かもしれないけれど」

それを聞いてニルは、考え込むように唇に指を当てながら、グロチウスの方を見て、

「どう思う?」問いかけるが、グロチウスは困ったように顔を顰めて、姫君のほうを見るばかり。

彼にしてみれば、主人には主人の居るべき場所に居て欲しいだろうし、一刻も早く記憶を取り戻して欲しいというのが本音だろう。しかしながら立場の関係、そんな己の主張を声にして姫君に押し付けるのも気が引ける。

「無理矢理、記憶を戻そうと思えば出来ない事も無い、筈なのよ」

ニルは呟いた。

「以前仰ったように、ナン・ランに頼むのですか」
「それも、考えてる」
「……ナン・ラン?」

首を傾げるティナに、「ト・ノドロに住む、老齢の術師よ」ニルは答えた。

「魔術には、色々あるのよ。火や水を使う術や、治癒回復のような基礎的な呪いから、記憶や言語能力を操る高度な術まで。ティナも、幾つかソルディスから教わったでしょう?」
「火や水系は少し。ちょっとした蝋燭くらいの発火をさせたりとか、雫を少し出せるくらいだけど」
「そういうのは、貴方の様に魔力が低くても使える初歩的な魔術に類するのよ。でも、複雑な上級魔術は体力の消耗を強いられる。魔力が強くないと出来ないし、まぁ、自分と術の相性っていうのもあるしね。そういうわけで、限りなく高度な術って言うのは使える魔族も自然と限られていて――特に、そういう記憶や精神に関する魔術を扱えるのは、ト・ノドロでは主に二人くらいしかいないのよ」
「二人?」
「一人はナン・ラン。もう一人は、ソルディスよ」

ニルは溜息を付く。

「ナン・ランの所へソルディスを連れて行けば、確かにソルディスの記憶はすぐにでも戻せるかもしれない。以前――アレは何百年前かしら、城下でナン・ランがある男にその術を施した事があったわ。彼も、記憶が無くて何処の誰かも分からない人だったけれど」
「その人は、今」

「今は居ないわ」肩を竦めるニルに、グロチウスは瞼を伏せる。「死んだのよ、彼」

「死んだ――」
「そう、死んでしまったの。急激に、数百年分の記憶を取り戻して、体にも頭にも、何より精神にも負荷がかかり過ぎたのね。きっと、負の記憶の方が多かったんでしょう」
「記憶は時に生きる糧とも成り得るが、同時に、死すら齎す過重な荷とすら成り得る――」

グロチウスが続けた。

「それは、貴方もご存知の筈です」

――嵐の夜。
頭の中の、ほんの片隅に押しやっていた記憶によって、あの様な事態を引き起こしたのは誰だったか。
――クロムセリアの言葉に。
その忘れていた筈の薄く浅い記憶にすら苛まれ、彼の言葉を遮り逃げ出したのは誰だったか。

「そうね……ティナが、誰よりも分かっているわね」

ティナは息を呑んだ。

「過度な負の記憶を一気に背負わせる事は、ともすれば死を齎す。――ティナが言う通り、あの子には、休む時間が必要だったかも知れないわね。時間的なものでなくて、精神的に安定できるような休息の時間が」

ニルは髪をかき上げながら、

「良いわ、もう少し様子を見ましょう」
「ニル姉」
「ただし、一ヶ月。一ヶ月だけよ。もう一ヶ月経って何も変化が現れない様だったら、記憶の有り無しに関係なく、“ネイビス”は強制的にト・ノドロへ連れて帰るわ。今は、ナン・ランには事態だけを伝えておいて、最終的には彼女に術を施してもらう。最期の手段って事ね」
「――ありがとう――」


そっと、安堵の溜息。
笑みを浮かべて礼を言うと、ティナは、足早に自分の部屋へ戻っていった。


城の事は大丈夫。
城下の事も心配ない。
ナン・ランによる施術だって、大丈夫、きっとあの子なら重い記憶にも耐えうる筈。

今の所、何も、慌てて心配する事は無いのだけれど――その一ヶ月、ティナ、貴方は、本当に「耐えて」いられるの?


最後の最後に問いかけそうになったその言葉は、しかしニルの口から発せられる事は無かった。
言えば、きっと姫君は笑う。「大丈夫よ」と何事もない穏やかな顔で。


「言えばあの子、きっと崩れるでしょうね」

髪をかき上げ顔を顰めるニル。グロチウスは少し不思議そうに、「何をですか」

「あの女、似てるのよ」
「アリシア・セレステですか」
「そう」
「――“彼女”に」
「そうよ」

視線を合わせる二人。
ニルはベッドから立ち上がり、グロチウスの前に立つ。

一瞬の沈黙も束の間、ニルはそっと悲しそうに微笑んだ。「ソルディスの記憶、無くなってて良かったかも知れないわね」

だって、あの子きっと動揺するわ。

ニルは言いながら指先で、つぅ、とグロチウスの頬を、唇を、顎を、首先をなぞり――ふと、心臓の位置でぴたりと動きを止めた。



「エリザ・クリスティーン」



嗚呼、その名は。

幾年も昔に封じたその名をニルが再び口にするのは、どれだけ久しい事だろう。

「バン」

ふざけた様、ニルは言って、指先でグロチウスの胸を突いた。
それはまるで、何かの、何かの再演であって、

「エリザも、よく、ソルディスに向かってああいう風に笑っていた」
「……ニル、」
「“ソルディス、貴方、変な人”」


(――ソルディス、貴方って、変な人ね。それじゃあ、まるで、魔族じゃないみたい――)


「ソルディスは、きっと、寂しかったのよ」
「――ニル」
「だから、あの子は殺したの」

彼女の言葉を止めさせようとするグロチウスの手。
踵を返し、するりとニルは窓辺へ逃げた。

「貴方も見ていたでしょう。全てを」
「私は常に主の傍に居りましたから」
「エリザは泣いていた。でも、笑った。笑ってくれた。きっと、死ぬ時も――……。ああ、グロチウス。ティナは、一体いつになったら泣くのかしら」


夜闇をぼうっと見つめるニルの背中を見、グロチウスは、暫しの考えに耽り、そして、沈黙の後静かに答えた「あの方はいつも泣いておられる様に思えます」


その言葉に、ニルは少し笑って、「正解」そう言って頷いた。






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ