挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
―とある姫様と領主の実記―CRAZY CONFLICT 作者:漣 出雲

第一章 †夜に昇る宴†

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/59

prologue


避けられない契約だった。

深夜。
ゆらりと燭台の上で火が揺れる。
蝋燭の灯りで茜色に染まる皆の表情。
誰もが真剣な顔をして――しかし目を虚ろにし、テーブルの上を見つめている。

壁に沿って置かれる年季の入った古時計。
一刻一刻と、その秒針は休む事を知らない。

――不意にコトリと置かれたワイングラス。
円形の底をゆらり漂う赤い液体は、妖しげに蝋燭の炎を反射させた。

暗い血の色を思わせるその液体を、惑い無く咽喉に通した人物。
彼――“彼”と呼ぶのが適切かどうかは定かではないが――は、手元にあった1枚の用紙に目を落とした。

静けさだけが存在するこの大広間に、彼の声だけが低く響く。

「話は纏まったようだ」

その言葉に、皆が無言で頷いた。

蝋燭の炎が、男の表情を暗闇から照らし出す。

恐ろしいほど冷たく黒々とした瞳。
後方に撫で付けられた漆黒の頭髪。
身に纏う正装すら、深い闇色。

そう――彼は宛ら、“闇”であった。

彼は手元に置かれてあったペンを手に取ると、テーブルに座する者達が見守る中、流れるよう素早く紙上にサインを施した。

この一筆が、一つの物語の終止であり、またこれからの全ての始まりでもある――

この場の全員がそれを認識していた。

中心に座した彼はサインを終えると、既に役目を終えたと言わんばかりに早々と椅子を引いた。周囲の強張った緊張を無視するように物持ち静かなその動きには、動揺の一つ見られない。

「失礼」

そう言い残し大広間の扉の前へ歩み立つ男。
傍へ佇んでいた従者は、ゆっくりと広間の扉を開け彼を通す。

その男は――いや、「魔」は去って行った。

ギィと軋んで閉じる扉の音は、先ほどの男の声よりも大きく、一回り不気味で――
今だ動けずにいる皆は、ただただその場に座り続けるしかなかったのだ。







― CRAZY CONFLICT ―





+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ