挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜操者は静かに暮らしたい 作者:もぎ すず

第8章 大転移-月戦編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

596/660

595

 新しいメンバーが増えたことを受けて、リドルフ副操竜長が理由を説明してくれた。

 まず、商国商会は代表が変わり、ヨシュアさんが担当することになった。
「なぜ?」とか思っていると、ヨシュアさんは顔を引きつらせていた。
 代表は本意ではないのかもしれない。

 商国商会は役員改選によって人事の刷新さっしんが行われた。
 そこに何があったか予想できるが、僕は突っ込まないことにした。

 どんなときでもそうだが、商人たちは動くときは一気に動く。
 根回しをして役員会議を開いたときには、すでに結果が出ている状況だったのだろう。

 ヨシュアさんが代表になり、もう一度操竜会と竜導教会と折衝を持ち、いくつかの件で合意してここにいるらしい。

 その合意事項のひとつ。
 今後は竜国商会だけでなく複数の商会が参加し、協力体制を敷いていくことに決まったそうな。

 商国商人連盟とは聞き慣れない名前だと思ったら、これを機に新しく作ったのだという。

 この商人連盟に入るには、商国商会を抜けるのが条件。
 ただそれだけだが、中々踏ん切れない人がいるという。

 これまでの付き合いもあるし、仕入れの関係もある。
 ゆえにミドレイ・グルラッハ連盟会長以下、それほど多くの商会が参加しているわけではないらしい。

 そのかわり、生え抜きの者が多数揃っていると本人――ミドレイさんは言っていた。

 口調は控えめだが自信が見え隠れしていたので、商国商会を抜けても問題ないくらい大きな商いをしている人たちの集まりなのだと思う。

 そしてドルム・ガット商会長だが、これは純粋に竜国商会の傘下に入っていない商会が集まってできている。

 現状、旧魔国の商人たちの集まりである。
 将来的には竜国商会の傘下に入ることになるらしい。

 ただ、いろんなわだかまりもあるだろうし、しばらくは両輪で行きましょうといった感じだ。

 それ以外の新顔は、新しく議会の議員に選ばれた者たちである。
 議員は偉いのだが、この会議は軍事関連である。

 軍に命令できると勘違いしないようにと女王陛下から「一言」貰ったらしい。
 竜国議会との橋渡し役をするのは、従来と変わらず。

 国民に説明する役目も担っているので、まずはこれまでの経緯を理解することに腐心するらしい。



「と言うわけで新しいメンバーの紹介も終わったことだし、会を始めることにする」
 リドルフ副操竜長の言葉によって、会議がスタートした。

「まずは操竜会からだが、竜操者の募集は締め切った。その結果を報告したい。質問はあとで受け付けるが、参加希望者は七百二十五名。予想を上回る人数だ」

「それは……」
「おおっ」

「ただし、勘違いも見られたので、その辺を含めて話をしたい」

 副操竜長の言葉にみんな「?」という顔をしたが、要約すると以下になる。

 今回の作戦内容はまだ発表されていない。
 だが、支配種の強さは承知の通り。さらに属性竜四体で戦い、支配種を倒した経緯は知れ渡っている。

 そういうわけで、作戦内容を発表しなくても、竜操者ならばある程度「何が起こるか」予想が可能だったらしい。
 そして彼らが得た結論。


 ――竜国のためならば、喜んで捨て石となろう


 現役を引退した竜操者や、引退間際の竜操者が多数応募したらしい。
 たしかに月魔獣を引きつけるのだから、そういう面はある。

 それに種別問わずと明記して集めたのは、軍属とそれ以外を公平に扱うため。
 だが、老齢になった予備役兵ばかり来られても困ってしまうのである。

「彼らを除くとどのくらいですか?」
「四百二十名といったところだ」

 微妙な数字だが、僕としては集まった方だと思う。
 竜操者は、日頃から国を守っているという意識が強く、困難なときほど頑張ろうと思える人材に育っていく。

「予備役兵の中には熟練の者も多い。全体をよく見て選抜することにした。選抜にはしばらくかかるが、これについては信頼して任せてもらいたい」

 竜操者の善し悪しなどは他の者に分からないので、みなリドルフ副操竜長に一任することに決まった。

「続いて国民の関心および、不安の払拭についてだが、リギス殿、お願いできますか」
「そうですな。ではお話しするとしましょう」

 竜導教会は国民の側に立ち、その意見を吸い上げ、民意の代弁者としてここにいる。

 これまで各教会に寄せられた不安や意見、それと期待などをまとめ、この場で発表してくれている。

「……報告は以上です。多くの民は、わたしどもの働きに期待しております。先月よりも不安視する者が増えましたが、それはより具体的なことが分かってきたからでしょう。我らの力がいま試されております。神官が一丸となって、民の心に寄り添う覚悟です」

「ありがとうございます。私の方にも神官の方々がよくやってくれているとの意見が聞こえてきます。この調子でお願いします」

「まかせてくだされ。ほっほっほ……」
 リギス教会長は長い顎髭を撫でながら愉快そうに微笑んだ。

「前線基地の立案とその運営だが、これは商会にお願いしている最中だ。メンバーが替わったばかりで、今回は保留とする。細かい仕様はすでにあるので、アクシデントが起こった場合の対策を重点的にお願いしたい」

「心得ました」
「そのように協議いたします」

 という感じで会議は進んでいった。
 前回までのアレは何だったと思うほど、順調だった。

 そしてこのまま会議が終わるかと思われたそのとき。

「最後にその他ですな。何か意見のある方はおられますか?」
 副操竜長の言葉に、リギス教会長が静かに手を挙げた。

「わたしからよろしいですかな」
「何でしょう?」

「我らが守護しております聖地でのことです」
 そう言って、教会長は語り出した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ