挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜操者は静かに暮らしたい 作者:もぎ すず

第4章 竜国政争編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

365/655

365

「誰ですか、それは」
 ソウラン操者の厳しい声に、フラットは黒幕の名を告げた。

「その方の名は、アルヴァータ・ルクストラ。女王の夫君と言えば分かりやすいかな」
「…………」
 ソウラン操者が絶句した。

 いや、僕も言葉がない。
 女王陛下の夫が黒幕? どうして?

 王配のことだよな。影が薄い人って印象しかないんだけど。会ったことあったっけ?

 僕は記憶をひっくり返したが、王宮で会ったことは一度もなかった。

「意外が? 地方領主の継嗣けいしとして生まれ、長じて女王の夫となったアルヴァータ殿だ。もとを辿れば旧王族に連なる血筋ぞ」

「そうなんですか?」

 こんなときだけど、僕はソウラン操者に聞いてみた。
「ああ、女王陛下との結婚がなければ、ヒューラーの町の領主になる予定だったはずだ」

 女王陛下の結婚は、とても神経の使うものだったという。

 兄が事故で死に、父親は早々に引退。
 本人は竜操者として生きねばならず、それに加えて女王としての激務が待っている。

 他国から婿を取ることはその特殊性ゆえ、絶対にできなかった。
 かといって国内で属性竜持ちの女王に釣り合う者など、ほとんどいない。

 古き血を持つ一族――リトワーン卿のような過去王族に何らかの関係があった方が望ましい。
 そこに白羽の矢が立ったのがアルヴァータであったらしい。

「その結婚、断れる話ではないんですね」
「私も人づてに聞いただけだけどね。そうだったらしい」

 高貴な血か。ヒューラーといえば、アークが住んでいる町だ。
 あそこは旧王都に一番近い。
 王族に連なるというのは、その関係だろうか。

「それでもお義父さんならば、人の輪を広げて改善できたでしょう。なぜこんな性急な方法を採ったのです?」

「時間がないからだよ。時間が」
「そんな時間なんて……ッ!」

「大転移までもうあとわずか。そのことは知らされているかな」
「……ええ」

「やはりそうか。青竜は月魔獣攻略の要となるであろう。知らされて当然か。ならば分かると思う。次の大転移で魔国が滅ぶ」

「そう……でしょうね」

「それで何とも思わないのかね? 隣国とはいえ、国がひとつなくなるのだ。女王はそれでよしとしている。自国が無事なら、隣国が滅んでも問題ないと。それを許すのか? 王都がよければ地方がどうなってもいい、それと同じではないか」

 フラットの言葉は激しさを増した。
 これこそが心に秘めていた思いだったのだろう。

 本気で地方都市のこと、魔国のことを心配しているように思える。

「国を私欲によって治め、魔国を見捨てる……これから大転移を迎えるいま、そんな為政者なぞ要りはしない。だから私は立ち上がったのだ」

 僕は分かってしまった。
 すべては大転移なのだ。

 魔国の蠢動、技国の内乱、商国の陰謀、そして竜国の反乱。
 これらはみな多かれ少なかれ大転移に関係しておこっている。

 僕のパン屋計画が頓挫したのもみな大転移のせいなのだ。

 フラットの気持ちも分かる。よく分かる。
 憎し大転移。……だけど、その行動は首肯できない。

「分かりました。残りは女王陛下の前で仰ってください。拘束させてもらいます」

「若者よ、私の反乱はただの呼び水に過ぎない。本当の反乱は王都……いや、王宮内でおきている。今頃は新しい王が誕生しているはずだ」

「なに!?」

 どういうことだ? いやそれを含めて聞き出せばいい。
 まずはこいつを拘束しないと。

 僕が一歩踏み出すと、フラットは懐に手を入れた。
 その手が抜き出されるとき、部屋の明かりを反射して手元が光った。隠し武器だ。
 投擲用の針かなにかだろう。

 僕はフラットの右手に注意しつつ、間合いを詰めようとした。

 ――ザシュ!

 ソウラン操者がフラットに剣を振り下ろしていた。肩口から胸へと剣が食い込む。
 直後、傷口から大量の血が脈動するように何度も噴き上がった。

「お義父さん!」
「これで……いい」

 フラットの身体はゆっくりと傾げ、そのまま床に投げ出された。

「……事切れています」
 僕が駆け寄って脈を取ったが、すでにフラットは亡くなっていた。

「きゃぁあ――」

 悲鳴に振り向いた僕は、顔を真っ青にして立ち尽くす若い女性を見た。

「お父様!」
 領主の娘のようだ。たしか資料にはソウラン操者の婚約者とあった。名前はサフラン。

「ソウラン様、これは……」
「すまない、サフラン殿」
 血塗られた剣を持ち、ソウラン操者は詫びた。

「父は……」
「お義父さんは私が殺した……サ、サフラン殿っ!?」

 サフランはポケットから取り出した小瓶の中身をすべて飲み干した。
 一瞬の出来事である。僕もソウラン操者も、ただ見ているしかできなかった。

「こうなる予感が……して……」
「サフラン殿! 毒を?」

 倒れそうになるサフランをソウラン操者が支える。
 サフランをゆっくりと寝かせ、ソウラン操者が背中から抱き寄せたが、その頃にはもう口から血の跡が一筋出ていた。

「いいの……です……父の……もと」
「サフラン殿――」

「あ……い……して……ランさ」

 サフランは毒をあおって自害した。
 ソウラン操者が何度も名前を連呼しているが、もはや彼女には届かない。

 ソウラン操者の声は、館にいる多くの兵たちに届いていたようで、遠くからガチャガチャと鎧の音が響いてくる。

「迎撃しに行きたいんだけど、どうしよう、これ」
 ソウラン操者が出入り口付近にいるため、部屋から出ることができない。

「邪魔だから脇でやってくれって言ったら怒るかなぁ。怒るよなぁ」

 近づいてくる敵兵の足音を聞きながら、僕は途方に暮れた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ