挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜操者は静かに暮らしたい 作者:もぎ すず

第4章 竜国政争編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

286/655

286

「領主様は、最近のシルビア様のご様子に心を痛めておりまして、できればもっとノビノビできる環境でと考えておいでです」

 そういえばここに来る前、シルビアは独身だとか言っていた。
 なんのことか分からなかったが、そこに話が繋がるのか。

「僕と結婚させたいとか?」
「本人や一族のためにも、良いとは仰っておりました」
「やっぱり……」

 リトワーン卿、意外にくせ者だ。
 僕の噂は当然知っているはず。

 個別に人をやって情報を集めたとは思わないが、ソウラン操者との決闘まがいの戦いについても知っているかもしれない。

 シャラザードを得た僕を身内にしたい思惑は分かる。
 パトロンはリンダのところのルッケナ商会だし、商人相手ならばなんとかなると考えたかもしれない。

 けど、最大の問題がある。

 ――僕にはもう婚約者がいる。

 そうか、女王陛下のあの発言。
 謁見の間でいきなりバラした真意は、もしかするとこの辺にあるのかもしれない。

 シルビアの件がなくても、リトワーン卿が僕を取り込むために婚姻をちらつかせる。
 いや事後承諾で、軍事式典の席上で発表とか。

 やりかねない。

 既成事実を作ってしまって、あとで懐柔するようなタイプに……見えるんだよな、なんとなくだけど。

 そしてリトワーン卿は、竜国運営会に顔を出していない。
 代理を出席させている。

 王宮に深いつながり……というか、ツテがあるかどうか。女王陛下は知りたかったのではなかろうか。

 リトワーン卿の発言からすると、僕とアンさんの話はまだ伝わってないだろう。

「残念ですが、僕には結婚を約束した人がいるのです」
「パトロンの方でしょうか。そのような例はかなり多いと聞きます」

「いえ。ですが、王立学校の生徒ではあります。……このほど女王陛下にも認めていただきました」

 そう、女王陛下は僕らの結婚を認めると仰った。
 公の場でだ。

 なんてこと言うのかと思ったが、今考えると、とても都合がよい。

「王立学校の生徒……パトロン以外でございますか?」
「はい、そうです。僕の一学年上ですね。歳もひとつ上になります」

「そうですか。ですが、女王陛下に認めていただいたというのは」
 どういう意味でしょうか……そうシーナは不思議そうに尋ねてきた。

 それはそうだろう。たかがいち竜操者の結婚を、女王陛下が認めるも、認めないもない。

「僕のお相手はアンさんといいます。いや、今年度からちゃんと呼ばないといけないですね。アンネロッタ・ラゴス。その人が僕の結婚相手です」

 僕がそう言ったとき、ふたりの顔は見物だった。
 虚を突かれた。まさにそんな顔をしていた。

                ○

 ウルスの町にある領主の館。
 そこはもはや、ひとつの城のようにそびえ立っている。

「ごくろうさま」
 リトワーンは、報告にきたシーナをねぎらった。

「いえ、お役に立てず、申し訳ありません」
「すでに結婚の約束をしていたとは誤算だった。キミが気にすることではない。それでシルビアは?」

「気落ちしております。ですが、それ以外は普段と変わりないかと」

「そうか。戻ってからの報告を聞く限りでは、熱をあげているように見えたのだが。うまくいかないものだ」
 リトワーンは端正な顔をニヒルにゆがめた。

「その場を逃げるための虚言という可能性は?」
「ないだろうね。さすがに技国随一の姫をダシには使わないだろう。せっかく段取りまで調えてもらったのに、すまないね」

「いえ、不肖な妹で申し訳ありません」
「そんなことはないさ。あの娘はよくやっている。……しかしどうしたものかな。できれば早いうちにどこかへ遠ざけたいのだが」

「当初の予定通り、王都へ修行に行かせるのが得策かと愚考致しますが」
「操竜場だね。それでもいいんだが、王都も混乱するしなぁ。いっそキミと一緒に他国へ行くか?」

「ご冗談を。私は最期までここにいさせてもらいます」
「無駄に散る必要はないと思うけど」

「でしたら守ってくださいませ」
「そうだね。私は守らなければならない……この国を」

「そういえば……」
「ん? どうした?」

「ハプニングを仕掛けましたが、そのときの妹の会話を思い出しまして」
「どんな?」

「妹は助け出されたとき、気を失っていたそうです。出血を止めるため、服を脱がしたそうですが、妹は裸にされたと勘違いして……こう、パチーンと」

「ひっぱたいなのか。やるね」

「それは誤解だったのですが、今回のハプニングは不問にするからこれでおあいこだと。そう言っておりました」

「おあいこって……それはまた。彼、レオンくんは災難だったね」

「はい。今回ももう少し柔軟に考えられればまた、違った道が開けるのだと思うのですが」
「そうかもしれないけど、そこで『ウッフン』なんてやられて迫られても男としてはどうかな」

「恥じらいが足りない……ですか?」
「うん。何か足りない」

「なるほど、参考に致します」
「参考にするの?」

「はい」
「どんな感じで?」

「そうですね……もし、裸を見られたら、せいぜい恥じらう姿を見せる努力を致します」
「ああ……がんばって」

「ありがとうございます」

「それと、シルビアのことだけど。式典が終わったら、ツテを頼って他国に逃がす」
「よろしいので?」

「ああ。ここにいると邪魔だからな」
「死なせたくない……そう言えばよろしいかと」

「そうだな。ここにいたら、確実に死ぬ。だから逃がす」
「かしこまりました。私は付いていきませんので、そのことはご承知おきくださいませ」

 シーナは深々と頭を下げてから、部屋を出て行った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ