挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

竜操者

竜操者は静かに暮らしたい

作者:もぎ すず
■書籍化します。
■毎日18時に更新します。
■閑話はシリーズ化させた所に置いてあります。

昼間はパン屋の息子、夜は暗殺者と二重生活を続けるレオンは、ある日竜に選ばれて、竜操者になることが決まってしまった。
竜の学院に通い、無事シャラザードという竜を得ることができた。

「学院を卒業したら、辺境でパン屋をやりながら静かに暮らそう」

そんなささやかな夢(笑)を打ち砕くように、月魔獣の大量降下(大転移)や、豊穣の地(楽園)の情報など、レオンに休まる時はない。
果たしてレオンは、隠居して静かに暮らすことができるのか? いいや出来やしな……おっと誰か来t(略
プロローグ
001
2016/08/15 09:13
002
2016/08/15 11:05
第1章 魔国蠢動編
003
2016/08/16 06:00
004
2016/08/16 18:00
005
2016/08/17 06:00
006
2016/08/17 18:00
007
2016/08/18 06:00
008
2016/08/18 18:00
009
2016/08/19 06:00
010
2016/08/19 18:00
011
2016/08/20 06:00
012
2016/08/20 18:00
013
2016/08/21 06:00
014
2016/08/21 18:00
015
2016/08/22 06:00
016
2016/08/22 18:00
017
2016/08/23 06:00
018
2016/08/23 18:00
019
2016/08/24 06:00
020
2016/08/24 18:00
021
2016/08/25 06:00
022
2016/08/25 18:00
023
2016/08/26 06:00
024
2016/08/26 18:00
025
2016/08/27 06:00
026
2016/08/27 18:00
027
2016/08/28 06:00
028
2016/08/28 18:00
029
2016/08/29 06:00
030
2016/08/29 18:00
031
2016/08/30 06:00
032
2016/08/30 18:00
033
2016/08/31 06:00
034
2016/08/31 18:00
035
2016/09/01 06:00
036
2016/09/01 18:00
037
2016/09/02 06:00
038
2016/09/02 18:00
039
2016/09/03 06:00
040
2016/09/03 18:00
041
2016/09/04 06:00
042
2016/09/04 18:00
043
2016/09/05 06:00
044
2016/09/05 18:00
045
2016/09/06 06:00
046
2016/09/06 18:00
047
2016/09/07 06:00
048
2016/09/07 18:00
049
2016/09/08 06:00
050
2016/09/08 18:00
051
2016/09/09 06:00
052
2016/09/09 18:00
053
2016/09/10 06:00
054
2016/09/10 18:00
055
2016/09/11 06:00
056
2016/09/11 18:00
057
2016/09/12 06:00
058
2016/09/12 18:00
059
2016/09/13 06:00
060
2016/09/13 18:00
061
2016/09/14 06:00
062
2016/09/14 18:00
063
2016/09/15 06:00
064
2016/09/15 18:00
065
2016/09/16 06:00
066
2016/09/16 18:00
067
2016/09/17 06:00
068
2016/09/17 18:00
069
2016/09/18 06:00
070
2016/09/18 18:00
071
2016/09/19 06:00
072
2016/09/19 18:00
073
2016/09/20 06:00
074
2016/09/20 18:00
075
2016/09/21 06:00
第2章 技国内乱編
076
2016/09/21 18:00
077
2016/09/22 06:00
078
2016/09/22 18:00
079
2016/09/23 06:00
080
2016/09/23 18:00
081
2016/09/24 06:00
082
2016/09/24 18:00
083
2016/09/25 06:00
084
2016/09/25 18:00
085
2016/09/26 06:00
086
2016/09/26 18:00
087
2016/09/27 06:00
088
2016/09/27 18:00
089
2016/09/28 06:00
090
2016/09/28 18:00
091
2016/09/29 06:00
092
2016/09/29 18:00
093
2016/09/30 06:00
094
2016/09/30 18:00
095
2016/10/01 06:00
096
2016/10/01 18:00
097
2016/10/02 06:00
098
2016/10/02 18:00
099
2016/10/03 06:00
100
2016/10/03 18:00
101
2016/10/04 06:00
102
2016/10/04 18:00
103
2016/10/05 06:00
104
2016/10/05 18:00
105
2016/10/06 06:00
106
2016/10/06 18:00
107
2016/10/07 06:00
108
2016/10/07 18:00
109
2016/10/08 06:00
110
2016/10/08 18:00
111
2016/10/09 06:00
112
2016/10/09 18:00
113
2016/10/10 06:00
114
2016/10/10 18:00
115
2016/10/11 06:00
116
2016/10/11 18:00
117
2016/10/12 06:00
118
2016/10/12 18:00
119
2016/10/13 06:00
120
2016/10/13 18:00
121
2016/10/14 06:00
122
2016/10/14 18:00
123
2016/10/15 06:00
124
2016/10/15 18:00
125
2016/10/16 06:00
126
2016/10/16 18:00
127
2016/10/17 06:00
128
2016/10/17 18:00
129
2016/10/18 06:00
130
2016/10/18 18:00
131
2016/10/19 06:00
132
2016/10/19 18:00
133
2016/10/20 06:00
134
2016/10/20 18:00
135
2016/10/21 06:00
136
2016/10/21 18:00
137
2016/10/22 06:00
138
2016/10/22 18:00
139
2016/10/23 06:00
140
2016/10/23 18:00
141
2016/10/24 06:00
142
2016/10/24 18:00
143
2016/10/25 06:00
144
2016/10/25 18:00
145
2016/10/26 06:00
146
2016/10/26 18:00
147
2016/10/27 06:00
148
2016/10/27 18:00
149
2016/10/28 06:00
150
2016/10/28 18:00
151
2016/10/29 06:00
152
2016/10/29 18:00
153
2016/10/30 06:00
154
2016/10/30 18:00
155
2016/10/31 06:00
156
2016/10/31 18:00
第3章 商国陰謀編
157
2016/11/01 06:00
158
2016/11/01 18:00
159
2016/11/02 06:00
160
2016/11/02 18:00
161
2016/11/03 06:00
162
2016/11/03 18:00
163
2016/11/04 06:00
164
2016/11/04 18:00
165
2016/11/05 06:00
166
2016/11/05 18:00
167
2016/11/06 06:00
168
2016/11/06 18:00
169
2016/11/07 06:00
170
2016/11/07 18:00
171
2016/11/08 06:00
172
2016/11/08 18:00
173
2016/11/09 06:00
174
2016/11/09 18:00
175
2016/11/10 06:00
176
2016/11/10 18:00
177
2016/11/11 06:00
178
2016/11/11 18:00
179
2016/11/12 06:00
180
2016/11/12 18:00
181
2016/11/13 06:00
182
2016/11/13 18:00
183
2016/11/14 06:00
184
2016/11/14 18:00
185
2016/11/15 06:00
186
2016/11/15 18:00
187
2016/11/16 06:00
188
2016/11/16 18:00
189
2016/11/17 06:00
190
2016/11/17 18:00
191
2016/11/18 06:00
192
2016/11/18 18:00
193
2016/11/19 06:00
194
2016/11/19 18:00
195
2016/11/20 06:00
196
2016/11/20 18:00
197
2016/11/21 06:00
198
2016/11/21 18:00
199
2016/11/22 06:00
200
2016/11/22 18:00
201
2016/11/23 06:00
202
2016/11/23 18:00
203
2016/11/24 06:00
204
2016/11/24 18:00
205
2016/11/25 06:00
206
2016/11/25 18:00
207
2016/11/26 06:00
208
2016/11/26 18:00
209
2016/11/27 06:00
210
2016/11/27 18:00
211
2016/11/28 06:00
212
2016/11/28 18:00
213
2016/11/29 06:00
214
2016/11/29 18:00
215
2016/11/30 06:00
216
2016/11/30 18:00
217
2016/12/01 06:00
218
2016/12/01 18:00
219
2016/12/02 06:00
220
2016/12/02 18:00
221
2016/12/03 06:00
222
2016/12/03 18:00
223
2016/12/04 06:00
224
2016/12/04 18:00
225
2016/12/05 06:00
226
2016/12/05 18:00
227
2016/12/06 06:00
228
2016/12/06 18:00
229
2016/12/07 06:00
230
2016/12/07 18:00
231
2016/12/08 06:00
232
2016/12/08 18:00
233
2016/12/09 06:00
234
2016/12/09 18:00
235
2016/12/10 08:01
236
2016/12/10 18:00
237
2016/12/11 06:00
238
2016/12/11 18:00
239
2016/12/12 06:00
240
2016/12/12 18:00
241
2016/12/13 06:00
242
2016/12/13 18:00
243
2016/12/14 08:41
244
2016/12/14 18:00
245
2016/12/15 06:00
246
2016/12/15 18:00
247
2016/12/16 06:00
248
2016/12/16 18:00
249
2016/12/17 06:00
250
2016/12/17 18:00
251
2016/12/18 06:00
252
2016/12/18 18:00
253
2016/12/19 06:00
254
2016/12/19 18:00
255
2016/12/20 06:00
256
2016/12/20 18:00
257
2016/12/21 06:00
258
2016/12/21 18:00
259
2016/12/22 06:00
260
2016/12/22 18:00
261
2016/12/23 06:00
262
2016/12/23 18:00
263
2016/12/24 06:00
264
2016/12/24 18:00
265
2016/12/25 06:00
266
2016/12/25 18:00
267
2016/12/26 06:00
268
2016/12/26 18:00
269
2016/12/27 06:00
270
2016/12/27 18:00
271
2016/12/28 06:00
第4章 竜国政争編
272
2016/12/28 18:00
273
2016/12/29 06:00
274
2016/12/29 18:00
275
2016/12/30 06:00
276
2016/12/30 18:00
277
2016/12/31 06:00
278
2016/12/31 18:00
279
2017/01/01 06:00
280
2017/01/01 18:00
281
2017/01/02 06:00
282
2017/01/02 18:00
283
2017/01/03 06:00
284
2017/01/03 18:00
285
2017/01/04 06:00
286
2017/01/04 18:00
287
2017/01/05 06:00
288
2017/01/05 18:00
289
2017/01/06 06:00
290
2017/01/06 18:00
291
2017/01/07 06:00
292
2017/01/07 18:00
293
2017/01/08 06:00
294
2017/01/08 18:00
295
2017/01/09 06:00
296
2017/01/09 18:00
297
2017/01/10 06:00
298
2017/01/10 18:00
299
2017/01/11 06:00
300
2017/01/11 18:00
301
2017/01/12 06:00
302
2017/01/12 18:00
303
2017/01/13 06:00
304
2017/01/13 18:00
305
2017/01/14 06:00
306
2017/01/14 18:00
307
2017/01/15 06:00
308
2017/01/15 18:00
309
2017/01/16 06:00
310
2017/01/16 18:00
311
2017/01/17 06:00
312
2017/01/17 18:00
313
2017/01/18 06:00
314
2017/01/18 18:00
315
2017/01/19 06:00
316
2017/01/19 18:00
317
2017/01/20 06:00
318
2017/01/20 18:00
319
2017/01/21 06:00
320
2017/01/21 18:00
321
2017/01/22 06:00
322
2017/01/22 18:00
323
2017/01/23 06:00
324
2017/01/23 18:00
325
2017/01/24 06:00
326
2017/01/24 18:00
327
2017/01/25 06:00
328
2017/01/25 18:00
329
2017/01/26 06:00
330
2017/01/26 18:00
331
2017/01/27 06:00
332
2017/01/27 18:00
333
2017/01/28 06:00
334
2017/01/28 18:00
335
2017/01/29 06:00
336
2017/01/29 18:00
337
2017/01/30 06:00
338
2017/01/30 18:00
339
2017/01/31 06:00
340
2017/01/31 18:00
341
2017/02/01 06:00
342
2017/02/01 18:00
343
2017/02/02 06:00
344
2017/02/02 18:00
345
2017/02/03 06:00
346
2017/02/03 18:00
347
2017/02/04 06:00
348
2017/02/04 18:00
349
2017/02/05 06:00
350
2017/02/05 18:00
351
2017/02/06 06:00
352
2017/02/06 18:00
353
2017/02/07 06:00
354
2017/02/07 18:00
355
2017/02/08 06:00
356
2017/02/08 18:00
357
2017/02/09 06:00
358
2017/02/09 18:00
359
2017/02/10 06:00
360
2017/02/10 18:00
361
2017/02/11 06:00
362
2017/02/11 18:00
363
2017/02/12 06:00
364
2017/02/12 18:00
365
2017/02/13 06:00
366
2017/02/13 18:00
367
2017/02/14 06:00
368
2017/02/14 18:00
369
2017/02/15 06:00
370
2017/02/15 18:00
371
2017/02/16 06:00
372
2017/02/16 18:00
373
2017/02/17 06:00
374
2017/02/17 18:00
375
2017/02/18 06:00
376
2017/02/18 18:00
377
2017/02/19 06:00
378
2017/02/19 18:00
379
2017/02/20 06:00
380
2017/02/20 18:00
381
2017/02/21 06:00
382
2017/02/21 18:00
383
2017/02/22 06:00
384
2017/02/22 18:00
385
2017/02/23 06:00
第5章 大転移-回天編
386
2017/02/23 18:00
387
2017/02/24 18:00
388
2017/02/25 18:00
389
2017/02/26 18:00
390
2017/02/27 18:00
391
2017/02/28 18:00
392
2017/03/01 18:00
393
2017/03/02 18:00
394
2017/03/03 18:00
395
2017/03/04 18:00
396
2017/03/05 18:00
397
2017/03/06 18:00
398
2017/03/07 18:00
399
2017/03/08 18:00
400
2017/03/09 18:00
410
2017/03/10 18:00
402
2017/03/11 18:00
403
2017/03/12 18:00
404
2017/03/13 18:00
405
2017/03/14 18:00
406
2017/03/15 18:00
407
2017/03/16 18:00
408
2017/03/17 18:00
409
2017/03/18 18:00
410
2017/03/18 18:00
411
2017/03/19 18:00
412
2017/03/20 18:00
413
2017/03/21 18:00
414
2017/03/22 18:00
415
2017/03/23 18:00
416
2017/03/24 18:00
417
2017/03/25 18:00
418
2017/03/26 18:00
419
2017/03/27 18:00
420
2017/03/28 18:00
421
2017/03/29 18:00
422
2017/03/30 18:00
423
2017/03/31 18:00
IF という夢をみた(4月1日ver)
2017/04/01 06:00
424
2017/04/01 18:00
425
2017/04/02 18:00
426
2017/04/03 18:00
427
2017/04/04 18:00
428
2017/04/05 18:00
429
2017/04/06 18:00
430
2017/04/07 18:00
431
2017/04/08 18:00
432
2017/04/09 18:00
433
2017/04/10 18:00
434
2017/04/11 18:00
435
2017/04/12 18:00
436
2017/04/13 18:00
437
2017/04/14 18:00
438
2017/04/15 18:00
439
2017/04/16 18:00
440
2017/04/17 18:00
441
2017/04/18 18:00
442
2017/04/19 18:00
443
2017/04/20 18:00
第6章 大転移-竜魔編
444
2017/04/21 18:00
445
2017/04/22 18:00
446
2017/04/23 18:00
447
2017/04/24 18:00
448
2017/04/25 18:00
449
2017/04/26 18:00
450
2017/04/27 18:00
451
2017/04/28 18:00
452
2017/04/29 18:00
453
2017/04/30 18:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全487部)
  • 5681 user
  • 最終掲載日:2017/03/18 22:46
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全357部)
  • 7180 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 22:02
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 5139 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全357部)
  • 5553 user
  • 最終掲載日:2017/04/26 12:00
魔王の器

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は、不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって、大きく動き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全205部)
  • 5333 user
  • 最終掲載日:2017/04/26 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 5975 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部)
  • 5853 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 21:09
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全404部)
  • 5288 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 13:11
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 5997 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 07:28
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部)
  • 5049 user
  • 最終掲載日:2017/04/02 06:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 5509 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1094部)
  • 5254 user
  • 最終掲載日:2017/05/01 00:00
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並みの冒険者では何十年かけても到達できない冒険者強度十万越えを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 5101 user
  • 最終掲載日:2017/04/04 00:43
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部)
  • 6174 user
  • 最終掲載日:2017/04/28 10:10
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 7190 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全356部)
  • 5222 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 11:00
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全365部)
  • 5485 user
  • 最終掲載日:2017/04/27 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 5846 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全140部)
  • 5132 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 06:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1352部)
  • 6340 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全262部)
  • 6649 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 5246 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 00:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部)
  • 5274 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全526部)
  • 6413 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全186部)
  • 5035 user
  • 最終掲載日:2017/04/28 00:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部)
  • 5086 user
  • 最終掲載日:2017/04/29 20:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部)
  • 6010 user
  • 最終掲載日:2017/04/30 19:00
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部)
  • 5014 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 12:00
↑ページトップへ