挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

風の歌う小さな物語

作者:水無月 秋穂
友情、青春、恋愛あり、ファンタジーありなオールジャンルの詩集です。
一頁一頁の彩をお好みに合わせてご覧いただけたら嬉しく思います。

星の砂様、アルファポリス様にも掲載しております。
アルファポリス様アート大賞投稿作。8月が投票期間です、もし宜しければご投票宜しくお願い申し上げます!
青の想い、夢の天
2017/05/25 09:19
想い唄
2017/05/25 09:20
淡い時の牙
2017/05/25 09:21
君の足音
2017/05/25 09:22
安らぎの湖より
2017/05/25 09:23
向こうへ
2017/05/25 09:25
風舞いの唄
2017/05/25 09:27
足跡
2017/05/25 09:29
展望の歌
2017/05/25 09:30
ひと
2017/05/25 09:31
進まなくちゃ
2017/05/25 09:33
星の子守歌
2017/05/25 09:35
ひとつの歌
2017/05/25 09:37
月明かりの下で
2017/05/25 09:38
いつかきっと
2017/05/25 09:39
ルーナ
2017/05/25 09:40
cont_access.php?citi_cont_id=486124602&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ