挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界落語 作者:朱雀新吾

ダマヤ問答【蒟蒻問答】

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

98/117

ダマヤ問答【蒟蒻問答】――解説――

 今回の話は「ダマヤ問答【蒟蒻問答】」です。
 これも有名な噺ですね。とんちの効いた、素晴らしいネタです。

 あれ?どうされました?
 え?なんですって?
「おいおい朱雀よ。大丈夫か。投稿順を間違えているんじゃないか?」ですって?
 いえ、間違えておりません。
 実は今回は事情がありまして、解説を先にさせて頂きます。
 ですからストーリーのネタバレや展開については述べられませんので、淡泊でおためごかし感溢れる短い解説になるかと思いますが、どうぞお付き合いお願いします。

「蒟蒻問答」ですが、私自身は上方版の「餅屋問答」の方が馴染みが深いですね。と言いますか実は「餅屋問答」しか聴いた事がありません。
 浅い知識の中で、ただ「蒟蒻」と「餅」が違うだけで、後は似た様な噺だと勝手に認識しております(違ったらスイマセン)。

 まあ、簡単に筋を説明しますと、蒟蒻屋(餅屋)の店主の口利きでお寺の住職となったぐうたら男が、本物の修行僧に問答を吹っかけられるというお話です。困り果てた男から話を聞いた蒟蒻屋(餅屋)が、自分が代わりに問答してやろうと言って受けて立つ事に。そこで、勘違いで受け答えをしたら修行僧が「あの方は只者ではない……」と平伏して去っていったという痛快なお話です。

 今もよく漫画や小説、ドラマ等で使われる様な「勘違いギャグ」の走りと言っても過言ではない、本当によく考えられたネタです。
 本当は喧嘩が弱いのに色々と偶然が重なって「アイツは……只者じゃねえ……ゴクリ」という展開になる「特○の拓」的な、アレです。

 先程も述べましたが私自身「餅屋問答」はかなり馴染みがある演目です。
 可愛がっていた後輩の六宝松君が得意とするネタだったからです。
 よく練習を観た記憶があります。
 彼は「餅屋問答」の他にも、餅を食べる振りのある「蛇含草」というネタも演っておりました。つまり、大の「餅好き落研」だったのです。というか今私がそれに気が付いて勝手に名づけました。なかなか恰幅の良い子でしたので「餅好き落研」という名はぴったりですね。
……ですが「黄金餅」や「尻餅」は演っていませんでしたので、それほど「餅好き」でもないのか。
「餅好き」は言い過ぎかもしれませんね。すいませんでした。
 三行で前言撤回となりました。六宝松君にはがっかりしました(なんて勝手な言い分)。 
 とまあ、こんな薄っぺらい文章で行間を埋める自分に、恥じ入る思いではありますが、ここはそれも承知で先へ進みます。

 さて、今回この噺を異世界落語にしようと試みましたが、これはかなりの難易度でありました。
 特にサゲ付近。元々が仏教用語等が巧みに生きてくるサゲなので、それをどうターミナル風に変換しようか、蒟蒻を何に置き換えようか等と、かなり頭を使いましたけど、なかなか良い案が浮かびません。
 原典が頭の良い噺をアレンジするのは難しいのだと、思い知らされました。
 更にはこちらが進めて行きたいストーリーの方向性等もあいまって、筋と制約と約束事で思考ががんじがらめになってしまい、どうしようもなくなりました。

 そこで私が最終的に取った手段は「原典に縛られない形式」です。
 同形式の異世界落語の「エターナル」や「アマテラス」よりも、もっと原典から離れている形となっておりますので、決して「ダマヤ問答」を読んで「蒟蒻問答」を観た気分にならないようご注意下さい。
 例えて言うなら「カニカマ」を食べて「蟹を食べた」と豪語する程、全く違うものだと思っておいて下さい。
 そして、興味を持たれましたら是非、原典の「蒟蒻問答」を御覧になって下さい。
 本当に、頭の良い、素晴らしい噺です。

 さて、そういう訳でまさかの敗北宣言から始まった「ダマヤ問答」。
 語りますのは三代目楽々亭一福。
 お耳汚しかと存じますが、是非聴いていって下さいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ